« 体調は回復しています! | トップページ | 通知表 親に事前公開~その2 »

通知表 親に事前公開

 次のような記事が載った。(朝日新聞 10月28日朝刊)
 びっくり。おい、おい、何を考えているのだ。
 ★ ★ ★
 横浜市教育委員会が、通知表を児童・生徒に渡す前に、保護者らに内容を確認させるよう、学校に指示していたことが分かった。市教委は通知表の記載ミス防止のためとしているが、事前に通知表を見た保護者から成績に関する苦情が相次ぐなど、学校現場に混乱が生じている。

 市教委が「事前点検」を指示したのは今年7月2日付の通知。小中学校、特別支援学校の市立全506校の校長あてに送った。「誤記載防止の大切な方策」として、事前確認を「必ず行う」よう求めた。

 しかし、都筑区の2期制の中学の場合、終業式1週間前の9月下旬に、通知表のコピーを生徒に配ったところ、保護者から「成績が低すぎる」といった苦情が40件以上相次いだ。校長室で約2時間にわたって成績の根拠を問いただす保護者もいたという。
 緑区のある中学では終業式3日前にコピーを配って保護者に確認サインをもらい、問題の指摘はなかったが、結局、後日ミスが見つかったという。今回、通知表の事前確認をしなかった学校も複数ある。
 横浜市では昨年、入力ミスで評価を低くしてしまったり、出席日数を間違ったりするミスが約四分の一の小中高で見つかった。市教委は「ミスは保護者や生徒の信頼を裏切る。事前に保護者に見せて保護者のクレームに折れたという話は聞いていない。続けるかどうかは検討したい」としている。
 ★ ★ ★
 通知表の事前確認など、聞いて呆れる事態。
 私も、横浜市で37年間教師生活を送ってきた一人として、呆れかえったものである。
 ★
 こんなことをやったら、混乱が生じるのは当たり前。
 ただでさえ、通知表を配付した日は担任は職員室で苦情の電話がこないかびくびくしていなければならない事態がすでに起こっていたのに、こんな事前確認を行ったら、ますますその事態に火をつけることになる。
 その一々に全部なぜその成績を、そのようにつけたのかということを説明しなければならない。
 その消耗は大変なことになる。
 そこからさらに保護者との関係がおかしくなる。不信感を招く。
 結果は見えているのである。
 ★
 この市教委の対応に呆れる。
 何を考えているのだ。
 ますます混乱に拍車をかけている。
 ★
 もともと通知表の記載ミスがこのように多くなっているのはなぜかと考えればいい。
 それは通知表のパソコン化によっている。
 それまでは、担任は手書きで通知表を書いていたのである。
 一人一人その子を思い浮かべながら、手書きで書いていたのである。
 学年で点検をし、そして管理職が点検をして、間違いを直し、そして配付する手続きをしていた。
 この過程で、37年間親から苦情が来たことは1件もなかった。
 私の周りでも聞いたことがなかった。
 ところが、通知表をパソコンで仕上げるようになって、ミスが多くなった。
 文章のミスだけでなく、さまざまな入力ミスが多くなった。
 そのように聞いている。
 管理職は、文章のミスは発見できるが、出席数などの数字は原簿と見比べないと分からない。
 指摘しても、一体担任が実際きちんとそのミスを修正できるのかどうかも分からない。
 そういうプロセスの問題が重なっていることは明らかである。
 ★
 私は今でも思っている。
 この通知表ぐらい教師が手書きで書いてあげたらどうだろうか。
 37年間私はそうしてきたし、それが一番良かったと思っている。
 そういう流れは今ではどうしようもないのだが、親から「先生、せめて通知表ぐらい先生の手書きで書いてもらえませんか」という要望が出たらどうするのだろうか。
 ★
 通知表の事前確認などという呆れたことではなくて、通知表のミスは明らかに学校の管理の問題であるから、どのようにすればミスがでないようにできるのかを検討すればいい。
 二重、三重、四重の管理チェックになる。
 ますます管理職や先生たちの仕事の負担が増す。
 便利だと思って進めたパソコン化が、こんなところで破綻を示すのである。 

|
|

« 体調は回復しています! | トップページ | 通知表 親に事前公開~その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 横浜市で教員をやっています。野中先生がおっしゃる通り、パソコンでの通知表の作成でミスが多くなったともいます。私は手書き→電算化に移行する時期に教員になったので、電算化のよさはわかりますが、圧倒的に通知表に費やす時間が増えています。
 なによりも、横浜市は他の都道府県に比べ圧倒的に1人あたりに書く所見が多いですから、ミスが多くなるのは当たり前です。
 近県の情報や他の都道府県で教員をやっていた人に聞いても、驚くほどの量です。
 教科欄、行動欄、総合的な学習の時間欄、特別活動の欄・・・。学校により違いますが、一項目あたり200字から300字書いています。
 私の田舎など、学期末の面談をしていれば、面談済みのハンコで終わったり、書いても全体で40文字程度・・・。
 横浜の先生は働きすぎです。

 今回も8月に急にこの確認のお願いがあり、小学校では出欠席、委員会、クラブの確認のみ行っているところが多いと聞いています。

 成績まで事前に知らせるなら、もう、通知表なんてなくせばというのが、実感です。

投稿: 横浜の教師 | 2012年10月28日 (日) 17時46分

担任は成績を付ける。そして、所見だけ書けば良いように、システムを構築すべきだと思うのです。

教師は、授業者、学級経営者、事務処理者の三つをしているわけです。それも一年目から。そんな仕事は他にあるのでしょうか?

投稿: 池田修 | 2012年10月28日 (日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/55989151

この記事へのトラックバック一覧です: 通知表 親に事前公開:

« 体調は回復しています! | トップページ | 通知表 親に事前公開~その2 »