« 体調ももとに戻っている! | トップページ | 「高倉健」という生き方。 »

初任者の明日がかかっている!

 朝日新聞に次のような記事が出る。
 ★
 静岡県磐田市の小学校に採用された半年後、自ら命を絶った木村百合子さん(当時24)。この自殺について東京高裁は、一審・静岡地裁に続いて公務災害だと認定した。
 校務外の要因でうつ病を発症、自殺したと主張していた地方公務員災害補償基金(本部・東京)は上告を断念、8月3日に判決が確定した。(記者有論 静岡総局小林太一)
 ★
 この木村百合子さんの自殺については、さまざまなところでの報道で知っておられる方が多いであろう。
 百合子さんが残した研修記録には、赴任初日の4月1日に「分からないことは周りの先生方に聞いて学びたい。これから始まる1年間がとても楽しみでわくわくしている」と書かれてある。
 しかし、担任をした4年生の学級で、発達障害が疑われる児童の対応に悩む。
 5月には、鬱病を発症。
 その頃は「抜け落ちたように気力がなくなった」と書かれていた。
 上司の前で床に突っ伏して泣き、学級運営に悩んでいると伝え、「授業中の教室に来て自分を見ていてほしい」と懇願。そして2004年9月末、命を絶った。
 ★    
  このような記事が書かれている。
 何とも残念である。公務災害が確定しても百合子さんは戻らない。
 「学び合い」の西川純先生は、新聞記事で「今の初任者は丁半のばくちにさらされている」というようなことを書かれていたことがある。
 初任者を育てようと思っている学校へ赴任するか、そんな思いがなく自分だけで精一杯の学校へ赴任するかで、初任者は大きな岐路に分かれるという内容である。
 百合子先生は後者の学校へ赴任したのである。
 ★
 初任者は発達障害の子供にはなかなか対応できない。
 べったりの対応になってしまい、8割の子供たちはおいておかれる。
 学級づくり、学級経営については大学ではほとんど学んでいない。
 周りの職員もいろいろ教えないとするなら、もはや絶望的な状況になる。
 どんなやる気がある初任者でも潰れてしまう。
 ★
 私は百合子先生の自殺を契機に、明治図書からの「新卒教師時代を生き抜く」シリーズの刊行を始めている。
 そして、来年の3月には、「初任者・1月のシナリオ」「初任者研修の紙上ライブ」などをまとめた本を出版する。
 このシリーズの一連の本を読み進めば、少なくともクラスを何とかすることができるはずだという願いを込めている。
 ★
 なぜ一介の教師だったものがこんなことに必死にならなければいけないのか。
 なぜ文科省や大学は、もっと必死にならないのか。
 ぜひともこの疑問に正対してもらいたい。
 初任者の明日がかかっているのである。

|

« 体調ももとに戻っている! | トップページ | 「高倉健」という生き方。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初任者の明日がかかっている!:

« 体調ももとに戻っている! | トップページ | 「高倉健」という生き方。 »