« 大腸カメラ体験記 | トップページ | 徒然なるままに~外国人VS日本教師!教育論で大乱戦~ »

先生はいつからこういう仕事をしているの?~津久井小を訪れる~

   24日横須賀の津久井小へ行く。
 5時間目が私の授業。6時間目が担任の先生の授業。そのあと、私の講演になる。
 この学校へ来るのは2回目。
 4月19日に一度訪れている。
 その時には学級づくりの話。
 今回は「味噌汁・ご飯」授業の話。
 ★
 3年生の教室。
 授業するために、その教室の雰囲気をつかんでおきたいと思い、給食をお願いする。
 班の中で給食を食べていると、N君が、
 「先生はいつからこういう仕事をしているの?」
 と聞いてくる。
 「いや、これは仕事じゃないな!」
 「じゃあ、趣味なの?」
 「まあ、趣味に近いね」
という会話。
 突然現れて授業をするというおじさん。
 不思議に思ったのであろう。
 ★
 「このクラスで一番うるさい人は誰なの?」
 「それはN君、ほんとにうるさいんだよ」
 「あの子は何という子なの?」
 「S君だよ。あの子もうるさいよ」
 この調子でやんちゃな子たちをつかんでおく。
 この子たちを授業にどのように入れていくかがポイントになる。
 ★
 授業は道徳の授業。
 ある子は感想にこう書いた。
 「この授業をして、こういえばいいんだなあと思いました。やっぱりきつくいうの
  はダメなことをしりました。とってもたのしかったです」
 私はこの授業で「プラス思考」の大切さを訴えている。
 笑い、笑い。
 提出した状況は深刻なのに、こんなに笑っていいものでしょうかと一人の先生は言われていた。
 ほとんど全部の子供が「楽しかった」「おもしろかった」という感想。
 ★
 講演は「『味噌汁・ご飯』授業を考える」。
 「味噌汁・ご飯」授業には、5つの原則がある。
 1つは、教材研究、指導案の簡素化。
 2つは、多様な「活動」を組み立てる。
 3つは、良好なインプットとアウトプットの意識化。
 4つは、学力の基礎基本を保障する。
 5つは、全員参加の意識化。
 これらを私の授業を参考に話をする。
  ★
 若い先生たちが元気な学校である。
 1年生のI先生が校長室へきて、伝えてくれる。
 「4月に野中先生の話を聞いて実践したら、ほんとに良くなりました。ありがとうございました」
 スピード・テンポ・リズムをあげるということだった。
 
 私が授業をした3年生のクラス。
 話を聞く姿勢がすばらしく、申し分がない。
 よくぞこのようなクラスを育てたものだと思う。
 2年目の先生だ。

 そして廊下を歩いていて目を見張ったのは、靴箱の様子。
 ほとんどのクラスがぴたっと揃えられている。
  
 その学校が良い学校であるかどうかの1つの判断指標は、若い先生が元気であるかどうかを見ればよい。

 まさに津久井小は、若い先生たちが育っているのである。
 
    

|

« 大腸カメラ体験記 | トップページ | 徒然なるままに~外国人VS日本教師!教育論で大乱戦~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生はいつからこういう仕事をしているの?~津久井小を訪れる~:

« 大腸カメラ体験記 | トップページ | 徒然なるままに~外国人VS日本教師!教育論で大乱戦~ »