« 高校の初任の先生たちに話をする! | トップページ | 先生はいつからこういう仕事をしているの?~津久井小を訪れる~ »

大腸カメラ体験記

   前日に飲んだ2つの下剤の効果(?)で、一晩中トイレへ行く。
 完全に睡眠不足。
 そして、また午前中にムーベンという下剤2リットルを2時間かけて飲む。
 何度もトイレへ行く。
 もはや腸の中はすっからかんの状態。
 体がふわふわする感じになる。
 ★
 午後1時30分から血圧を測り、点滴を開始する。
 1時間ぐらい待たされて、いよいよ大腸カメラ。
 肛門から器具を挿入して、腸の中をすべて検査するのである。
 鎮痛剤を投入して開始される。
 同時に空気を挿入されるので、お腹が膨らみ、それで少し痛みが出る。
 画像が出る。
 きれいな感じ。
 事前にポリープがあったら取ることを告げられている。
 2日ぐらいの入院になる。
 でも見当たらない。
 15分ぐらいだろうか。終わる。
 思ったよりもさっさと進む。
 器具を挿入されているという感覚はない。
 ★
 「炎症を探しましたがほとんど分からない程度です。大丈夫です。」
 と告げられる。
 でも、しばらくは休むようにと。
 正式な診断名は後日内科医から伝えられる。
 入院を覚悟していたので、ほっとする。
 病名は、虚血性腸炎。腹痛、下血という症状であった。
 結構多いらしいのだが、初めて聞いた病名。
 私の場合は、一過性のものだったらしい。
 ★
 終わってすぐにM市のS指導主事に電話をする。
 10月1日にM市に行って、授業、講演の約束をしている。
 入院となると、厳しくなる。
「大丈夫でした。行けます」と連絡。
 ★
 帰ってから、モーツァルトの「ピアノ協奏曲第21番ハ長調」を聴く。
 無人島に一曲持っていくとするという問いかけには、絶対私ならこれを持っていくという一曲。
 これは再び始まりの曲なのだ。
 
     

|

« 高校の初任の先生たちに話をする! | トップページ | 先生はいつからこういう仕事をしているの?~津久井小を訪れる~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大腸カメラ体験記:

« 高校の初任の先生たちに話をする! | トップページ | 先生はいつからこういう仕事をしているの?~津久井小を訪れる~ »