« 業務連絡~文教大学での講座について~ | トップページ | 徒然なるままに~夏の講演巡業の始まり~ »

「必ずクラスを立て直す教師の回復術」(学陽書房)が出版された!

   新しい本を出版した。
 『必ずクラスを立て直す教師の回復術』(学陽書房」
 8月10日頃には書店にも並ぶ。

商品の詳細

 ★ ★ ★
 「おわりに」で次のように記した。

 おわりに
 

 8年ぐらい前のことであろうか。
 知り合いの先生が学級崩壊の憂き目にあった。ベテランで力量のある先生だった。前任の学校では教務主任。転任して5年生担任を受け持ち、その事態は起きた。荒れた学校で、立て直そうと躍起になったところでやんちゃたちから反発を受けての崩壊であった。
  その事態がきっかけで、その先生は教師を辞めていく。
 その頃私は、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」(学事出版)を出版していた。
 その先生から言われた。
「野中先生が本に書かれている道筋の通りに私のクラスは崩壊してしまいました。でも、その崩壊を回復していくということが書かれていないので、ぜひともこれから回復の手立てを書いてください」
 その先生との約束はずっと私に残り続けた。
 多くの実践書には、学級をうまく活性化させていったり、子供たちを元気にしていったりすることが書かれている。
 しかし、すでに荒れてしまっているクラス、崩壊しているクラスを回復していく手立てについてはほとんど書かれていない。それは大きな課題であった。
  ★
 今、現場は学校崩壊の事態も進行しているが、それよりも何よりも「学級崩壊予備軍」と呼んでいるクラスが数多く生まれている。中堅、ベテランの先生たちのクラス。学級崩壊にまでいかないが、クラスがうまく回らなくなっている。
 その先生たちは今まではうまく学級経営をしてきた先生たちなのだ。「今まではうまくいっていたのに、どうしてだろう?うまく回らなくなってしまった!」と呟いている。
 これからこのような先生たちが数多く増加していく。
 事態はこのように進行していく。
  この事態を回復していく手立てをこの本で提起している。
  ぜひともがんばってほしいとエールを送りたい。
  ★
 37年間の教師生活の中で、最も忙しい時期があった。
 40代の後半の頃、学校では教務主任。高学年の担任。しかも、初任者指導の担当。
 その頃、趣味でフルマラソンを走っていて、土日は60キロを走り込むような練習をしていた。
 また女房の仕事の関係で、夕食づくりは私の担当。具材を買い物して帰るために5時30分頃には学校をあとにしなくてはならなかった。
 どうしても仕事を早く済ませていく仕事術を身につけなくては毎日を過ごしていくことはできなかった。
「困ったな!」「時間がかかるな!」と思うことは「うまく工夫できないものか!」と考え続けたものである。
 その頃に身につけた仕事術をこの本ではさまざまなところで生かしている。
  ピンチはいつもチャンスをもたらしてくれる。
 ★
 この本の第4章クラス回復術 その4の「『授業』のスタイルを変える」は「味噌汁・ご飯」授業・学級づくり研究会の研究成果をまとめている。研究会の先生方に感謝したい。
 今回の編集も、企画段階でずいぶん後藤優幸さんにお世話になった。ありがとうございます。
 
 2012年 夏            野中 信行                     
 

 ★ ★ ★
 今、教育現場の閉塞感はものすごい。
 忙しさに追いまくられて、きちんと考えていくことができないほどである。
 私は、もはやその現場に身を置いていないが、日本各地を回り、その大変さを身に沁みて感じる。
 これから現場の先生たちの多くが、普通の教室を成立させていくことが困難になる事態を迎える。
 その事態へ向けて、私は現場の先生たちへ精一杯のエールを、このような形でなした。
 私なりの「地上戦」である。
  ぜひ読んでいただきたいと願っている。
 アマゾンでも予約注文を開始している。

|

« 業務連絡~文教大学での講座について~ | トップページ | 徒然なるままに~夏の講演巡業の始まり~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「必ずクラスを立て直す教師の回復術」(学陽書房)が出版された!:

« 業務連絡~文教大学での講座について~ | トップページ | 徒然なるままに~夏の講演巡業の始まり~ »