« クラスの荒れを回復する~その5 クラス回復作戦③~ | トップページ | 子供の困ったことを丸抱えにしてすべて解決してやる! »

クラスの荒れを回復する~その6 クラス回復作戦④~

   新しく始めることの2つ目になる。
 これは「仕切り直し」である。
 荒れている状態を何とか回復していかなくてはならない。
 子供たちの「心の状態」が荒れているのである。
 担任と子供たちとの関係がうまくいっていない。
 子供たち同士の関係がうまくいっていない。
 ほとんどがこの関係づくりで教室の「荒れ」が引き起こされているはずである。
 だから、この関係を直していこうと子供たちが決意してくれなければ始まらない。
 そのために、「仕切り直し」が必要になる。
 「仕切り直し」とは、今までのことを無しにして新しくやり直そうという呼びかけになる。
 ただ、これも安易にやってはほとんど意味がない。
 初めての「仕切り直し」が何の効果もあげないならば、もう二度と子供たちは耳を傾けなくなる。
 慎重に、覚悟を決めて、子供たちに訴えるのである。
 担任も、今までの自らのことを直していくという覚悟がなければいけない。
 これも大変なことである。
 ★
 たとえば、私なら次のようにするだろう。

 教室に入ったら、静かにしばらく黙っておく。
 少し静かになったら、「机に顔を伏せなさい」と指示し、次のように語りかける。
(多分、いい加減な子供がいるであろうが、それはほっておく)
 
 
  

 

  先生は、今までずっと考えてきました。このクラスはこのままでずっと続けて
 いくことはできないな、みんなで過ごしやすい教室に変わっていってほしいと思
 いました。
  今からみんなにも聞きますから手を挙げて下さい。「このクラスは変わってほ 

 しいなと思っている人?」
  はい、顔を上げなさい。多くの人がこのクラスは変わってほしいと思っていま
 した。先生の願いと同じです。
  先生も変わりたいと思います。だから、みんなも変わってほしいのです。
  そこで、ここに紙を持ってきましたので、1番は、先生に直してほしいところ
 を書いてほしいです。もう一つ、2番は、このクラスで直してほしいところです。
  誰にも見せませんので、安心して書きましょう。
  書いたら先生の処へ持ってきて裏返しにして出します。あとは静かに本を読 

 んでおきましょう。

 
 

 

 このとき、テストを行うような机の配置にするなどして、周りの子供に書くことが見えないように配慮することが必要である。
 ★
 次の日、このように語り出す。

 

  昨日みんなに書いてもらいました。みんな、ありがとう。
  クラスのみんなが望んでいることがよく分かりました。先生も反省することが
 いっぱいありました。ごめんなさい。
  これから新しい〇年〇組を作っていきたいと思います。
  そのために、昨日書いてくれたことを発表します。
  まず、先生に直してほしいところ。みんなが望んでいること3つ選びました。
  ……
  先生も全力で、この3つを直していきたいと思います。
  このクラスで変えたいことも3つ選びました。
  (それぞれ黒板に3つを書く)
  これはクラスの目標にして取り組んでいきましょう。

 

 

 このような形で「仕切り直し」を進めていく。
 子供たちに真剣に訴える。
 やんちゃたちには、うまく伝わらないかもしれない。
 でも、8割の子供たちに教師の真剣さが伝わったら成功だ。
 8割の子供たちにも、担任不信が広がっているはずだ。
 だから、それを払拭するためにも、変えたいという担任の真剣さを訴えることである。   
  ★
 「仕切り直し」の気運が盛り上がる。
 これができたら、まず第一段階が終了する。
 これで終わらせていく先生が結構いる。
 これだけではせっかく盛り上がった気運は、尻すぼみになる。
 次にどのようにつなげていくかが大きなポイントを持っている。
 それは次回に書くことにしよう。

|

« クラスの荒れを回復する~その5 クラス回復作戦③~ | トップページ | 子供の困ったことを丸抱えにしてすべて解決してやる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラスの荒れを回復する~その6 クラス回復作戦④~:

« クラスの荒れを回復する~その5 クラス回復作戦③~ | トップページ | 子供の困ったことを丸抱えにしてすべて解決してやる! »