« 荒れるクラスを回復する~その1~まだ大丈夫なのだ!~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その3 回復作戦① ~ »

荒れるクラスを回復する~その2 教室の「空気」と「時間」を統率する~

   教室は、「空気」と「時間」で成り立っている。
 どちらも目に見えない。
 「空気」とは、教室に流れる雰囲気。
 その雰囲気は、担任と子供たちによって作られている。  
  「時間」は、教室に流れる「時間」のことを指している。
 朝自習から終わりの会までの一連の流れになる。
 担任は、できるだけ早くこの「空気」と「時間」を統率すること。
 これが大きな課題になる。
 ★
「空気」を統率するとは、2,3人のやんちゃたちにこの「空気」を掌握されない間に 、担任がリーダーシップを発揮して先に掌握してしまうことである。
 だから、できるだけ早くなのだ。
 教室が荒れてくるということは、担任がこの「空気」を統率することに失敗しているということになる。
 ★
「時間」を統率するとは、朝自習から終わりの会までの一連の流れがスムーズに進むようにすること。
 スピード・テンポ・リズムが大切になる。
 なぜスムーズなのか?
 子供たちの体の中は、ゲームなどによって身につけたスピード感にまみれている。
 無意識状態。
 だから、だらだら、もたもた、ゆっくりというのは彼等には合わない。
 すうっ~~~とスムーズに流れていく「時間」が快感になる。
 これを無視しては、さまざまな活動が成り立たない。
 授業時間をきちんと守ること。休み時間をきちんと確保すること。空白の時間を作らないこと。さまざまな活動を手早くさっさっと終わること。……
 教室が荒れてくるということは、担任がこの「時間」を統率することに失敗していることになる。
 ★
 私は、この2つの視点から教室の「荒れ」を考えていく。

 ★
 昨年、知り合いに頼まれて、一人の初任者の相談にのったことがあった。
 崩壊寸前だというのである。
 5年の担任。女性の担任である。
 まず、初任が最初に5年担任ということのハンディがあった。
 普通はそんな人事はしない。
 夏休みに相談にのって、そして9月に入って1日授業を見せてもらった。
 もちろん、2つの視点で教室を見ることになる。
 想像していたよりもずっと良かった。
 「空気」の統率も「時間」の統率もほとんど失敗していたが、がんばっていた。
 まず何よりも担任に対して反発している子供が1人もいなかったことが良かった。
 80%ぐらいの担任が、ここの関係づくりで失敗しているのである。
 ところが、「時間」の統率がなかったので(というよりこんな意識がなかった)子供たちはだらだら、もたもた行動していた。
 回復させる手立てをさまざまに助言した。
 どのくらいできたのかは定かではない。
 でも、何とか1年を終えたのである。
 3月には、その先生から感謝の手紙をもらったからである。
  

|
|

« 荒れるクラスを回復する~その1~まだ大丈夫なのだ!~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その3 回復作戦① ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/54994857

この記事へのトラックバック一覧です: 荒れるクラスを回復する~その2 教室の「空気」と「時間」を統率する~:

« 荒れるクラスを回復する~その1~まだ大丈夫なのだ!~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その3 回復作戦① ~ »