« クラスの荒れを回復する~その6 クラス回復作戦④~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その7 クラス回復作戦⑤ ~ »

子供の困ったことを丸抱えにしてすべて解決してやる!

   近くにある帷子川(かたびらがわ)の遊歩道を買い物帰りに歩いていた。
 ふと川を眺めると、カルガモの親子が泳いでいた。
 母親のカルガモと5匹の子供カルガモ。
 2週間前には、母親が先頭でそのあとに5匹を従えて泳いでいた。
 でも、今日は少し大きくなった5匹のカルガモが先に泳ぎ、母親は後から従っている。
 雨で水かさが増した川の流れをうまい具合に5匹は連なって泳いでいるのである。
 こんな協力体制を母カルガモが教えているのである。
 感心をしながらしばらく眺めていた。
 ★
 ふと国際理解教育でみえていた台湾の先生の言葉が甦ってきた。
 給食の時間に、その先生と「日本の親たち」のことについて話になった。
 その先生は、台湾の親と日本の親の違いをうまいたとえ話で語ってくれた。

 

  子供が棚の上にある荷物を取りたいと親に訴えてくる。
  台湾の親は、踏み台を貸してあげる。
  荷物は自分で取らせる。
  ところが、日本の親は自分で踏み台に乗って荷物を取ってあげる。
  そこが大きな違いだ。

 

 このたとえ話だけで、決定的な違いに感じ入った次第であった。
 日本の親たちは(全部ではないが…)子供たちの困ったことを丸抱えにしてすべて解決してあげる。
 それは今も続いている。

|
|

« クラスの荒れを回復する~その6 クラス回復作戦④~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その7 クラス回復作戦⑤ ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/55025073

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の困ったことを丸抱えにしてすべて解決してやる!:

« クラスの荒れを回復する~その6 クラス回復作戦④~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その7 クラス回復作戦⑤ ~ »