« 荒れるクラスを回復する~その2 教室の「空気」と「時間」を統率する~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その4 回復作戦②~ »

クラスの荒れを回復する~その3 回復作戦① ~

   教室の「空気」を統率する。
 「統率する」という言葉は厳しい言葉だ。
 しかし、この言葉が一番適切のような感じがする。
 ただ、この言葉だけでは、厳しく教室を掌握していくというイメージが喚起される。 

 ★
 昨年全国を回りながら耳にしたことは、ベテランの先生たちの学級崩壊の事例だった。 ほとんどの事例が相変わらず厳しく子供たちをしつけていく、従来の手法で対処して子供たちに反発をくらい、クラスが壊れていくことである。
 ほとんどが子供たちとの「関係づくり」の破綻である。
 縦糸の張りすぎ。
 横糸を張ったつもり。
 中学校では、相変わらず怒鳴りつけて指導していく教師たちがいる。
 このような指導の方法が、いま破綻をきたしていることに自覚的でなければいけない。

  ★
 いまクラスが荒れているクラス。
 「空気」の統率の回復作戦を開始したいという心境になる。
 しかし、これは危険である。
 まずは失敗しているのである。
 とりあえずは、失敗している手法を止めなくてはならない。
  どこが失敗しているのかを考える。
 私なら、次のように言う。

 原因追求を止めていくこと。

 「原因追求」とは、次のようなこと。
 ①学級で目立っている2,3人のやんちゃたちを集中的に指導していく。
  しょっちゅう叱る。
 ②いつも2,3人のやんちゃ対応で,クラスが自習になり、空白の時間ができる。
  その積み重ねは、クラスを落ち着かなくさせ、ざわざわとする雰囲気を作っていく。

 ★
 「原因追求」とは安易な方法である。
 目の前で目立つやんちゃたちに、毎日対応している。
 ちょろちょろしたり、おしゃべりしたり、ちょっかいを出したり、…。
 何とかしなければいけないと躍起になる。
 でも、毎日同じことの繰り返しで、効果はまったくない。
 反対に、ますますひどくなる。
 問題は、そのやんちゃたちだけでなく、他の子供たちへ広がっていくことなのだ。
 ★
 もちろん、やんちゃたちのひどい行動は注意しなければいけない。
 でも必要最低限にする。過剰に対応しない。
 大切なのは、2,3人のやんちゃたちではない。
 他の多くの子供たちなのである。
 そこへ目を向けていくことなのだ。  

|
|

« 荒れるクラスを回復する~その2 教室の「空気」と「時間」を統率する~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その4 回復作戦②~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/55001360

この記事へのトラックバック一覧です: クラスの荒れを回復する~その3 回復作戦① ~:

« 荒れるクラスを回復する~その2 教室の「空気」と「時間」を統率する~ | トップページ | クラスの荒れを回復する~その4 回復作戦②~ »