« 徒然なるままに~金環日食~ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 その2 »

「味噌汁・ご飯」授業 その1

   「味噌汁・ご飯」授業の6月30日(土)公開研究会へ向けて準備が進んでいる。
 神奈川の労働プラザ(横浜石川町)での開催になる。
 一応、こくちーずは6月上旬に行う。
 私たちの研究会は、「味噌汁・ご飯」授業・学級づくり研究会と名付けて、今まで話し合いを続けてきている。(非公開)
 この研究会は2015年には解散をするので、あと3年になる。
 どれだけの問題提起ができるかどうか。
 ★
 「ごちそう」授業とはまったくベクトルが違う。
 「ごちそう」授業は多大な教材研究を踏まえての授業。
 「味噌汁・ご飯」授業は、「ごちそう」授業と最初のステップからベクトルが違う。
 だから、教材研究の仕方も違う。学習指導案も違う。授業展開も違う。
 でも、授業の中身は70点で十分。
 しかし、子供たちへの学力保障はきちんとしよう。
 何よりも先生たちが「授業するのが楽しくなってきました!」と言えるようにしたい。 そんな願いをもっている。
 ★
 ある国語の公開授業研究会へ参加したことがある。
 研究指定校の研究大会になる。
 教室中に張り巡らされた模造紙。そこにびっしりとあらすじが書かれている。 
 そのことだけでもすごい研究が行われていると思われる雰囲気。  
 2月の研究大会へ向けて、前年度の夏休みには指導案が決定され、分厚い研究紀要が作られる。
 全体会で発表される内容も仰々しい。
 日本中で展開されてきた公開の授業研究会は、こんなものであった。
 1時間の研究授業のために、1年間をかける。
 参観された先生たちからは「すごい!」「子供たちがすばらしい!」と声がかかる。
 私は、ものすごい違和感を感じた。
 その時以来、私はこの種の研究会に参加することを止めた。
 この時の違和感がやがて「味噌汁・ご飯」授業という発想を生み出していく。
 
   

|
|

« 徒然なるままに~金環日食~ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/54827633

この記事へのトラックバック一覧です: 「味噌汁・ご飯」授業 その1:

« 徒然なるままに~金環日食~ | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業 その2 »