« 朝からK小学校へ向かう | トップページ | まず「国誉め」から始めよう! »

朝の連ドラ「カーネーション」が終わった!

   朝の連ドラ「カーネーション」が終わった。
 31日の最後は、朝早く北九州へ行かなくてはならず、録画どりをし、2日に横浜へ帰ってきてから見た。
 物語のおもしろさに引き込まれたものだ。
 終わったなあという思い。
 ★
 この脚本を書いた渡辺あやさんが、朝日新聞のインタビューに登場していた。
 まだ42歳の、若々しい感じの女性。
 この若さで、あの物語を作れるのかと感心してしまう。
 この人の真骨頂は、次のようなこと。

 △ △ △
 不幸や不条理に立ち向かうには、すごく地味なことをコツコツやっていくしかない、
という感じがしませんか。あるところに大きな救いがあって、そこに自分も回収される、というのは絶対うさんくさいし、本物じゃない。小さくて地味で一見、「これかよ」みたいなこと。
 △ △ △
 ★
 この「カーネーション」でも晩年の糸子の老いの姿を丁寧にコツコツと描いていった。 このことへの共感はすごくあったのではないだろうか。
 
 △ △ △
 私の住む町でもお年寄りの自殺が多い。私たちの世代が想像するよりもずっと、老いていくのは厳しくつらいと思います。糸子のモデルはファッションデザイナーのコシノ三姉妹の母、小篠綾子さんですが、晩年が最も輝いていたそうです。どうすればそうなれるのか、描けるなら描いてみたいと思いました。
―その秘密は分かりましたか。
 小篠さんの座右の銘に「与うるは受くるより幸いなり」という聖書の言葉があります。お年寄りにしか与えられないものがいっぱいある。私たちもお年寄りに与え、一緒に生きることで、自分の中で育てられるものがある。糸子はしょっちゅう仏壇に手を合わせ、個人に話しかけます。そんな日常を送った人は「自分が死んでもそうしてもらえる」と信じながら死んでいけると思います。
 △ △ △
 ★
「カーネーション」は確かに震災後の日本を生きる私たちへのメッセージが数多く含み込まれていた。
 どんなに辛い、苦しいことに対処するには、大きな救いを求めてそこから逃げ出したり、対処することを諦めたりすることではなく、地味なことをこつこつ積み重ねていくことなのだという、渡辺あやさんのメッセージが込められていたのである。   
 

|
|

« 朝からK小学校へ向かう | トップページ | まず「国誉め」から始めよう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/54395211

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の連ドラ「カーネーション」が終わった!:

« 朝からK小学校へ向かう | トップページ | まず「国誉め」から始めよう! »