« 9日、A小学校へ行く! | トップページ | この1ヶ月の担任の仕事は絞り込めば2つ。 »

「今」を乗り越える心構え

   さまざまな地区で、さまざまに始業式がちがっている。
 私が訪れたところでも、5日の始業式、6日の始業式、9日の始業式と違っていた。
 それでも、それぞれの学級で、「3・7・30の法則」で言えば、「7」の時間に入っているはずである。
 学級の「仕組み」を作っている時間になる。
 私が強調しているのは、作っている仕組みが「システム」としての機能を持っているかどうかである。 
 どの担任の先生も、仕組みは作る。
 だが、その仕組みがしばしば空白の時間を作ったり、ぎくしゃくしたり、うまく回らなかったりする。
 システムとして考えられてないからである。
 だれが、何を、どのようにすればいいかがはっきりしていて、子供たちが自分たちで動いていけるものでなければいけない。
 そのように仕組み化していくのである。
 ★
 この「7」の仕組み化の時間を、「子供たちとさまざまに相談しながら作り上げていきます」と言う先生たちが多くいる。
 私は、それはダメだと言っている。
 「仕組み」を作る時間も、スムーズでなければいけない。
 子供たちと相談しながら作ると、さまざまな不平や愚痴が子供たちから吹き出る。
 最後には、子供たち同士のケンカになる。
 子供たちにとっては、今まで進めてきた前年度の方法がいいに決まっているのである。相談しながら進めると、強く主張する子供が出てくる。
 先生がもう少し考えようかと言っても、がんとして譲らない。
 だから、担任は、「今年はこのやり方でいきたいと思います。みんなは今までやってきた方法がいいと思うでしょうが、今年はこれでやっていきましょう。もし都合が悪くなったらその時にみんなで相談しましょう」と言えばいい。
 このような仕組み化でぐたぐた時間をとらないことである。
 ★
 もう一つ強調しているのは、「30」の時間の大切さだ。
 作った仕組みは、あくまでも「作っただけ」の代物。
 子供たちに身につけさせていくには、繰り返し繰り返し徹底することだ。
 この時間がもっとも大事な時間。
 教師は張り付いて、一々注意しながら、フォローしながら、徹底的に身につけさせていく。
 そのがんばりが1ヶ月後に生きてくる。
 5月には、もう子供たちには新しい仕組みへの違和感はなくなっているはずだ。
 でも、担任はよく見ていて、まだ不完全な仕組みはさらに徹底していかなくてはならない。
 ★
  北海道の堀先生のブログに、この時期の教師の心構えが書かれてあった。
 
 △ △ △
 教師に最も大切なのはいつも笑っていること。でも、リーダーに最も大切なのは孤独に耐える力。学級担任もリーダーの一種とすれば、「孤独に耐えながらいつも笑っていること」が何より重要。そういう覚悟で教壇に立つことが必要なのに、年度当初はついついそういう現実を忘れてしまいがち。いまが勝負。この時期はほんのひと呼吸分さえ逃げてはいけない。
  △ △ △
 ★
 担任が「機嫌良く」振る舞えること。
 子供たちに媚びないで、「教師」として振る舞えること。
 今の時期を乗り越えていくには、この2つが最も大事な心得になる。

|
|

« 9日、A小学校へ行く! | トップページ | この1ヶ月の担任の仕事は絞り込めば2つ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 全く同感です。
 堀さん、本当に良いこと、言われますよね。

 教師は、とにかく笑っていることが大切です。
 リーダーが笑っているのですから、クラスの子どもたちは、「安心」します。

 でも、教師はリーダーですからね。
 間違いなく、孤独です。(脳天気に見える私ですらそうなのですから、若手のみなさんも「安心」してください)
 その孤独に耐え、子どもたちの前では笑い続け、「安心」を与えるのです。

 若手には、まずはリーダーとしての自覚を持って欲しいです。
 
                                          中村 健一

 

投稿: 中村ケニチ | 2012年4月11日 (水) 20時13分

中村先生、いつもコメント有難うございます。
 そうですよね。このリーダーとしての力があるかどうかが、大きく学級を変えていく最大のポイントだということを自覚してほしいです。

投稿: 野中信行 | 2012年4月11日 (水) 21時01分

野中先生、コメントを久しぶりにさせていただきます。
現在、人生2度目の担任を仰せつかって奮闘しています。
本県は9日始業式でしたので、昨日「3」が終わったところです。
今日は入学式のため自宅学習ですから、「7」は明日の金曜日から始まります。

しかし、一人一役は2日目に決めましたし、給食・掃除も3日目から始まりましたから、すでに昨日から「7」が始まっています。
当然のことを当然にできた子どもを褒めるように意識しています。

縦糸を妥協せず紡ぎ、横糸も中村健一先生のゲームで盛り上げながら同時に紡いでいます。

投稿: しょうや | 2012年4月12日 (木) 06時26分

しょうやさん、コメント有難うございます。
順調に出発していますね。その調子ですよ。ポイントさえ押さえていけば、順調に行きますよ。

投稿: 野中信行 | 2012年4月12日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/54445238

この記事へのトラックバック一覧です: 「今」を乗り越える心構え:

« 9日、A小学校へ行く! | トップページ | この1ヶ月の担任の仕事は絞り込めば2つ。 »