« 業務連絡です | トップページ | 佐賀は、桜が満開だった! »

先生たちの心に届くこと

 29日(木)愛知の小牧市の初任者講座へ行く。
 私は、ここへ通って4年目になる。
 この講座には、初任者と学校の初任者担当や校長先生たちもお見えになる。
 素晴らしいフォローができている。
 学校での初任者のフォローも徹底している。
 だから、4年間一人として辞める初任者がいない。
 2時間30分びっしりと大切な観点の話をする。
 ★
 途中から玉置先生が見える。
 忙しいのに大丈夫なのかと思う。
 実は、毎年副島先生や玉置先生たちと、この日は終わってから飲み会なのだ。
 ところが今回は、私がこれから北九州へ行かねばならず打ち切り。
 とても残念であった。
 終わってから30分ばかり玉置先生たちと話し合う。
 玉置先生から、今大事なのは先生たちを元気にすること、先生たちの心に届くことをやらなければいけないというような話を聞く。
 私も大賛成である。
 先生たちは忙しさに忙殺されて、疲弊している。
 並大抵なことでは、この先生たちを元気にすることはできない。
 ★
 明日早く飛行機で北九州へ行く。
 天気が悪いのが気になる。
 北九州での初めての「明日の教室」。
 そこに呼んでもらったのである。光栄なことだ。
 実は、この時期に九州へ行けるというのは、わくわくすることである。
 春の九州はいい。
 春の匂いがする。
 いい機会をもらったので、ホームにいる母に会ってこようと佐賀まで足を伸ばす。
 佐賀大学の教育学部(もうそんな学部はないが)を卒業した。
 もうあれから41年の歳月が過ぎてしまったのである。   

|
|

« 業務連絡です | トップページ | 佐賀は、桜が満開だった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、初めまして!

明日4月から教員として中学校の教壇に立つ林真希という者です。
今年33歳になる、富山県在住の者です。

5年ほど、中学校で理科の講師経験を積み、2度の出産を経て、今年度は小学校で理科専科教員として働かせていただき、自分の教員としての役割を考え直す時間ももて、有意義な年を過ごしました。

その中で、野中先生の本(新卒教師時代を生き抜くシリーズ)に出会い、たくさん勉強させていただきました。
是非、ブログでそのお礼を言いたくなり、コメントさせていただきました。

ベテランの先生のクラスでも学級崩壊が起こっている現場を、この一年間で目の当たりにし、
私なんかに担任は出来るのだろうか、どうすれば回避できるのか、
不安で不安でたまりませんでした。
しかし、先生の本のおかげて、少し光が見えた気がしました。

やっぱり不安もありますが、希望を胸に、頑張りたい気持ちでいっぱいです。

勝手ながら、今後も野中先生のブログや本でいろんなことを学ばせていただきたいと思います。

とにかくお礼が言いたかったので、お忙しいのは承知ですが、コメントさせていただきました。
本当にありがとうございました!!

林真希(「りんまき」と読みます)でした。

投稿: 林真希 | 2012年3月31日 (土) 22時27分

林さん、コメント有難うございます。
 私の本を読んでいただき、そしてこんな気持ちを書いてもらい、とてもうれしく思います。
 教師としてぜひともがんばり抜いてくださいよ。

投稿: 野中信行 | 2012年4月 2日 (月) 19時23分

 久しぶりに投稿します。
 地元小牧市の事前初任研に行けずに残念でした。
(対象者からもれていた&申し出たときは遅かったため)
 ですが・・・新任さんには要項を見せてと頼んでおきました。
(本当は市教委に(ビデオがとってあれば)頼みたかったのですが・・・撮影されていましたか?←本来なら市教委に聞けばいいのですが・・・すみません)
 2人新任がいるので、落ち着いた学級づくりができることを願っています。
(1人は私が昨年度持った学年ですので、有効な後方支援ができれば・・・と思っています)

 富山の林先生がおっしゃっているように、ベテランでも学級崩壊が起こる時代です。
 一昔前までは、力量不足が原因とされてきました。TOSSもそうした立場だったと思います。
 しかし、今ではそれだけではない、もっと多重的な原因もあります。
 向山氏は「新型学級崩壊」と名付けています。
 力量を高める(もちろんそれは必要です)だけでは、どうにもならないことが起こりうるのです。
 
 従来の学校組織(PTAも含)に加えて、医療・福祉・司法(弁護士)・最終手段?としての警察・・・・ということも視野にいれた学級経営・学年経営・学校経営(+市の教育)を考えなければならない、と思いはじめています。

 私も学級経営にとても不安になり、TOSSサマーセミナーに久しぶりに参加を仮申し込みしました。
 この夏休みまでに変なことが起きなければいいのですが・・・心配しすぎでしょうか?
 一応TOSSメンバーですので、TOSSの保険には入っています。

 と言っていても仕方ないので、今までの経験+最新の技術を取り入れながら、24年目に入っていきます。

投稿: TOSS末端教師 | 2012年4月 2日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/54347078

この記事へのトラックバック一覧です: 先生たちの心に届くこと:

« 業務連絡です | トップページ | 佐賀は、桜が満開だった! »