« 人生の本質は繰り返しである! | トップページ | 「明日の教室」東京分校への登壇 »

徒然なるままに

   3月31日の福岡北九州「明日の教室」での登壇が本決まりになる。
 はじめて九州での講座である。
 春の九州はウキウキする季節になる。
 今まで春になると、九州の各地へ旅行していたことを思い出す。
 さてさてどれくらい集まってもらえるのか、それが心配になる。
 ★
 やっとため込んできた原稿を書き上げる。
 「教師生活を元気におくる仕事術」(仮)の原稿になる。
 出版社へ送付する。
 私の40代の頃、教務主任をし、初任者指導をし、高学年担任をして、そして女房の仕事の関係で夕飯を作っていた。また、趣味でフルマラソンを走っていて、土日は60キロとかを走っていた。
 それでも女房からは「あなたはどうしてそんなに暇なの?」と言われていた。
 その頃の仕事術を書いてほしいという出版社の依頼である。
 一仕事終わった感じでホッとする。
 7月頃に出版の予定。
 ★
 佐伯泰英の「酔いどれ小籐次留書 祝言日和」が出る。
 早速買い求める。
 横浜の有隣堂には、これ一冊しか残されてなかった。
 佐伯シリーズの中では、この酔いどれシリーズが一番好きなもの。
 シリーズ累計で350万部突破というからすごい。
 それにしても、一月に1冊ずつ出版していく佐伯の筆力はすごい。
 ★
 福島K市の教育委員会から年に3回の講座依頼が舞い込む。
 昨年の8月に、やっと駅前に人が戻ってきた時期に訪れている。
 多くの先生方が講座に参加されている。
 今年は、4月と8月と2月という依頼になる。
 学級づくりや学級経営が、大きな課題になっているのである。
 大学が動くというより、教育委員会がいち早く動き始めている。
 ★
 明日はいよいよ東京「明日の教室」になる。
 締め切りを過ぎても、何人もの申し込みが相次いだと佐瀬さんから聞いた。
 教育同人社の会議室は、もう満杯である。
 夢を見た。夢の内容は、「11日の土曜開催なのに、勘違いして12日と思っていて、
電話がかかってくる。野中先生どうしたのですか?」
 びっくりして目を覚ます。
 起き出してあわてて開催の日にちを確かめる。
 確かに12日(日)だと確認し、ほっとする。
 かつて、大学の単位を数えてみたら取り忘れていることを確認し、「えっ~~~」と叫んでいる夢を教師になって10年ばかり見たことがある。あの頃のことを思い出す。
 私は大学時代「可とり線香」と言われていて、「可」ばっかりで笑われていた。
 何も大学の勉強をしなかったのである。
 しかし、「不可」にならず、「可」をとり続けるのも大変であった。 

|

« 人生の本質は繰り返しである! | トップページ | 「明日の教室」東京分校への登壇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに:

« 人生の本質は繰り返しである! | トップページ | 「明日の教室」東京分校への登壇 »