« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »

子供たちの心に灯をともすフォロー

 中村先生の「フォロー」の本を紹介したら、この本の著者の一人飯村先生からコメントをもらった。

  △ △ △
 私自身、この「フォロー」の技術を意識したことで、授業や学級づくりは変わりました。
それまでは、発問や指示、説明といった教師からの投げかけばかり考えていました。
ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。
 △ △ △

 また、山形の佐藤先生からは次のようなコメントをもらった。

  △ △ △
「フォロー」という対応の技術について、中村先生はいろいろな著作で「普通の教師は、意識的になるべきだ」と提唱されています。
多くの教師は、子ども達に「フリ」はしても、「フォロー」を忘れがちです。しかし、いわゆる「名人」と言われる先生方は、無意識に「フォロー」をしています。
自分も、「フォロー、フォロー」と意識しながら、気づいたら忘れていた、ということがほとんどです。意識しなくとも「フォロー」できるまで、まだまだ道のりは長いです・・・。
 △ △ △

 このフォローの技術を使えるようになるにはそう簡単なことではない。
 5年目の佐藤先生はそのように言われている。
 ★
 この「フォローの技術」とは、何だろうか。
 私なりの言い方をすれば、子供たちとの「関係づくり」にはなくてはならない技術なのだ、と。
 縦糸を張るときに、横糸を張るときに、どうしても必要になるのである。
 このフォローの技術で、「うまいなあ」と感心した実践がある。
 「道徳のチカラ」(3号)という雑誌に載っている福山憲市先生の実践である。
(連載 心を育てる学級づくり・授業づくり <「おしい」と「やるね」の繰り返し>)
 多くの著作をもつ第一級の実践家である。
 
 △ △ △ (実践を簡略して紹介する)
 福山学級では,4月初日から、机や椅子に対する心構えを育てるために次の実践を行う。
┌───────────────────┐                                  
│●全員、起立!だまって、後ろに行きます│                                 
└───────────────────┘                                  
 子供たちはきょとんとしながらも、後ろへ行って1分以内に全員が並ぶ。
 そこで言う。
 「だまって行動しているのは、素晴らしい!!でも、おしい。93点。残念なことが
  あります。」
 93点と言いながら、子どもたちから目をそらし、机・椅子の方を見回す。
 
┌─────────────────────────────┐             
│もう気がついている目をしている人がいます!                │            
│そうです。椅子です。椅子が出ている人がいます。机がねじれて│            
│いる人がいます。おしいですねえ。                          │            
│もう一度、やってみます。だまって、席にもどってください。  │            
└─────────────────────────────┘             

   子供たちは今度こそという顔で戻っていく。

┌─────────────────────┐                             
│全員、起立!! だまって後ろに並びます!!│                            
└─────────────────────┘                             

   椅子もきっちり入れ、机のねじれもない。子供たちの顔は、自信に満ちている。
  ここでの福山先生のフォローはすごい。

┌─────────────────────────────────┐      
│ やるねえ、さすがです。100点です。(子供たちの眼が輝く。そこで   │      
│言う)でも、もっとすごい人がいます。山根君です。100点花丸です。  │      
│両手で、椅子をすっと入れていたのです。片手ではないのです。椅子に │      
│対して心が優しいのです。                                         │      
│佐藤さんも100点花丸です。                                        │      
│後ろに行く前、ちょこっとですが、友達の椅子が出ていないか、見回し │      
│ていたのです。こういう心が嬉しいのです。                         │      
│そしてそして、清水君。清水君も100点花丸です。                    │      
│起立!と言ったとき、音を立てないように、さっと立ったのです。     │      
│先生、やるなあと思いました。ありがとう。                         │      
│もっとすごいのは、金山さん。先生は「並びます」と言葉を少し変えま │      
│した。                                                           │      
│金山さんは、気がついていたのかな。後ろに行くだけでなく、並ぼうと │      
│している姿でした。やるなあ。100点花丸!!ありがとう。            │      
└─────────────────────────────────┘      
 
 △ △ △
 まだまだ実践の続きはあるのだが、これぐらいでいいだろう。
 ここでのフォローのすごさが分かってもらえばいい。
 普通の教師たちにはとてもできないフォローになる。
 しかし、努力すればできる。
 そのためには、観点をきちんともって子供たちをよく見ておかなくてはならない。
  こんなフォローができたら、子供たちの心に灯をともすことになる。
 

|
|

« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 拙著のご紹介、ありがとうございました。

 野中さんが言われる通り、「フォロー」は、「子供たちとの『関係づくり』になくてはならない技術なのだ」と私も思っています。

 そして、福山憲市さんの「フォロー」を取り上げられているのに、驚きました。
 今回、私の本で有田和正氏の実践を取り上げさせていただきましたが、有田氏の「フォロー」の技術を一番受け継がれているのが、福山さんだと思うからです。

 福山さんの講座を受ける機会に、若い頃から何度か恵まれました。
 若い私は、福山さんの「フリ」ばかりに目が行っていました。こんな面白い「フリ」をすれば、どんなに楽しい授業が作れるだろう、と。

 でも、最近、福山さんの講座を受けると、「フォロー」ばかりに目が行ってしまいます。
 福山さんの「フォロー」は、名人芸です。
 驚くほどのスピードで、驚くほど的確な「フォロー」をされています。
 
 私も福山さんにはかないませんが、「フォロー」の技術を磨いていかなければと思っています。
 私のような普通の教師は、まずは「フォロー」を意識することからスタートです。

                                             中村 健一

投稿: 中村ケニチ | 2012年1月 9日 (月) 18時03分

指導は、点ではなくて、線で、更に言えば文脈の中にある線だと思うのです。だから、その場ではおしまいと言うことはあり得ず、そこがスタートになると思うのです。

叱るということは、叱ることでおしまいでなく、叱ったら、その子どもが出来るようになったのを確認してほめる。そこまでで一つの指導だと思うのです。フォローと言うのは、この部分のことを意識している指導なのだと私は理解しています。

とても大事なことですよね。

投稿: 池田修 | 2012年1月 9日 (月) 21時49分

野中先生、こんにちは。
というよりかお久しぶりです。
元先生のクラスの生徒です。(7~8年前の話ですが…)

最近、水谷先生こと夜回り先生の公演の動画をよく見ていて、ふと思いました。
小学校から高校まで、様々な先生方に出逢いましたが一番印象に残っているのが野中先生です。
今思い返せば小学校時代は人生の中で一番教育されたなあと思います。
挨拶や本を読む事、周りをよく見る目、小さな立ち振る舞いまで。
一歩社会に出ると挨拶をしない人なんか腐る程居ました。
私がそれを「何で当たり前の事を出来ないんだろう」と思えた事、当たり前の事を当たり前だと思える習慣がついていた事。
遡ってみればこれは野中先生のおかげだと思います。

話は変わりますが、仕事で人の上に立ち教育をする機会がありました。(普通の居酒屋ですが)
その時思ったのは
あぁ、人の言ってる事を聞いてやるだけってこんなに気が楽だったんだ…
です笑
学校の先生方はもちろんですがどんな事でも人に物を教えるってとても大変な事ですよね。
皆が皆同じレベルや性格ではないので1人1人に合った教育をするのはとても…(T_T)

またまた話は戻りますが年を取るに連れて基礎が崩れていく事もあります。
これから先何十年も生きていれば教わった事の記憶が薄れてくるかもしれない。
まだまだ野中先生にご指導頂きたい所です…。

長文&まとまりがなくすみません。
またブログ拝見させて頂きますね!

それでは失礼します(^_^)

投稿: 名無し | 2012年1月11日 (水) 06時12分

小学校教諭2年目の者です。

先日公開授業をしたところ、「教科書を開いてください」と私が言った後の「確認」がありませんでしたね、とある先生にご指摘いただきました。
その「確認」もフォローだなあと瞬時に感じました。
私は、「教科書を~」がフリ、「言う通りに開く」がオチ、「確認」がフォローだと考えました。
たいへん小さなことかもしれませんが、大切なことだなあと気づかされました。

投稿: しょうや | 2012年1月11日 (水) 06時21分

私のクラスだった元生徒の名無しさん、コメントありがとうございます。
 当たり前のことを当たり前に思える習慣ができていたということ、とてもうれしく思いました。
 今そういうことが崩れていっているのですね。
 何かとてもうれしく思える一日でした。

投稿: 野中信行 | 2012年1月12日 (木) 16時59分

 2年目のしょうやさん、コメントありがとうございます。
 大変重要なことに気づかれています。
 こういうことが多くの先生たち、できていないのです。特に初任者の先生たちは大変です。
 フリをどういうふうにするかで精一杯なんですね。

投稿: 野中信行 | 2012年1月12日 (木) 17時03分

野中先生 先生のブログに、自分のことを紹介していただき、感謝でいっぱいです。自分では、特に意識していない「フォローの技術」になります。中村健一先生の講座で話をお聞きし、なるほど、、、、フォローかあと思った次第です。基本的には「全員を見つめていたい。全員を伸ばしたい。全員の可能性の扉を開きたい」その思いなんです。まだまだ、野中先生の域にいけません。日々精進しないと、全員にならないので、まだまだです。取り上げてくださり、本当に感謝でいっぱいです。また、facebookでもよろしくお願いいたします。

投稿: 福山憲市 | 2012年1月13日 (金) 05時26分

 福山先生、コメントありがとうございます。
 「道徳のチカラ」の先生の論考を読み、とても感激してしまいました。
 これからこういうフォローの技術を身につけていくことが子供たちを揺り動かしていくのだと思いました。その意味で、今回の中村先生の本はヒットですね。
 福山先生、これからもぜひあのようなフォローの技術を意識的に展開して頂きたいと願っております。

投稿: 野中信行 | 2012年1月13日 (金) 09時57分

福山先生の「道徳のチカラ」自分も拝読させて頂きました。

それ以来、「おしいね。」という言葉を意識して使えるようになってきました。


また健一先生の、フォローの技術も非常に重要だと感じます。

体育で、

「どの列が早くならぶかな?」

といいながら、

早く並んだ列をほめない、

なんてことは、よくありました。

自分がフッた以上、

必ず、それに対してフォローを入れることの大切さを、

健一先生より教えて頂いたと思っています。


2月4日のご講演、楽しみにしております。

スタッフ一同、全力で取り組んで参ります。

投稿: 山根大文 | 2012年1月14日 (土) 11時38分

野中先生、徹底反復研究会中国支部 友田です。2月4日、広島でのセミナーよろしくお願いします。直接、先生のお話を伺えるのを楽しみにしています。
フォロー本、実は私も実践事例集を1つ書かせていただいています。縦糸・横糸を紡ぐフォローの仕方、先生のご実践から学んでいます。具体的なイメージとして、中村先生・福山先生から学んでいるところです。
直接、お話を伺えるのわくわくしています。どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: 友田真 | 2012年1月14日 (土) 17時41分

野中先生、徹底反復研究会 友田です。中村先生のフォロー本、私も少しですが実践事例集に書かせていただきました。
野中先生の縦糸・横糸を紡ぐ方法を、中村先生の具体的な手法を学びながら進めているところです。
2月4日、野中先生に直接お話を伺えるの楽しみにしています。

是非、宣伝もさせてください。


第7学 教師力向上セミナー ~ストップ ザ 学級崩壊!!~

日時:2012年2月4日(土)

場所:マツダスタジアム 大会議室

参加費:一般 3000円 学生2000円

定員:80名

主催:徹底反復研究会 中国支部

野中 信行(のなか のぶゆき)

1947年佐賀県生まれ。 1971年、佐賀大学教育学部卒業後、横浜市で、教師生活を37年間おくる。その後、3年間初任者指導にあたる。

55歳の時に「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」 (学事出版)を出版し、その後、学級経営の分野で問題提起をし続けている。2011年に出版した「新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則」(明治図書)「必ずクラスがまとまる教師の成功術~学級を安定させる縦糸・横糸の関係づくり」(学陽書房)は、学級経営の最新のまとめである。

 中村 健一(なかむら けんいち)

授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。「子どもも先生も思いっきり笑える73のネタ大放出!」「教室に笑顔があふれる中村健一の安心感のある学級づくり」(黎明書房)等著作物も多数。子ども同士や子どもと教師の距離を縮めるためには?子どもたちが不安なく教室で過ごすためには?そんな疑問に答えるために、クラスみんなで笑えるミニネタを多数考案、実践されている。メールマガジン「授業成立プロジェクト」元編集長。/山口県岩国市立平田小学校教諭

山根 大文(やまね ともふみ)

大学で農学を学ぶ。地元の百貨店に就職するが挫折。日本一周の旅にでる。帰郷後,解体業,土木業などに従事するが,妻より陰山英男氏の知見を得,師事。平成20年 広島県教員採用試験に合格する。臨採時代より,数多くの崩壊学級を担任した経験から,徹底反復学習の必要性を再確認し,ユニット学習を中心とした子どもの「意欲」を喚起する手法に取り組む。

/徹底反復研究会 中国支部 福山支部長

9:30~        受付開始

10:00~10:05   開会行事

10:05~10:55   講座1・中村健一氏「教室に笑顔があふれるネタ大放出!」

(休憩)

11:05~11:55   講座2・野中信行氏「学級崩壊を防ぐ学級づくり」

   (休憩)

13:00~13:30   講座3・山根大文氏「徹底反復で学級づくりをしよう」

13:30~14:30   講座4・中村健一氏「安心感を生む学級のつくり方」

(休憩)

14:40~15:40   講座5・野中信行氏「これからの学級経営を考える」

(休憩・質問用紙記入)

15:55~16:30   Q&A 「野中信行氏・中村健一氏・山根大文氏が学級の悩みにすべて答えます」

16:30~16:40   閉会行事

18:00~21:00   懇親会「未定」 会費 5000円 程度 

第7学 教師力向上セミナー  参加申し込み E-Mailのみ受け付けます。

山根 大文 (やまね ともふみ)[tomo-2@blue.megaegg.ne.jp] まで。

学校名、氏名、懇親会参加希望を明記の上、送信下さい。

定員になり次第、締め切らせて頂きます。

投稿: 友田真 | 2012年1月14日 (土) 21時57分

 友田先生、わざわざコメントありがとうございます。
 2月の広島講座ではよろしくお願いします。

投稿: 野中信行 | 2012年1月18日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53696298

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの心に灯をともすフォロー:

« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »