« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »

子供たちの心に灯をともすフォロー

 中村先生の「フォロー」の本を紹介したら、この本の著者の一人飯村先生からコメントをもらった。

  △ △ △
 私自身、この「フォロー」の技術を意識したことで、授業や学級づくりは変わりました。
それまでは、発問や指示、説明といった教師からの投げかけばかり考えていました。
ぜひ多くの人に読んでもらいたいです。
 △ △ △

 また、山形の佐藤先生からは次のようなコメントをもらった。

  △ △ △
「フォロー」という対応の技術について、中村先生はいろいろな著作で「普通の教師は、意識的になるべきだ」と提唱されています。
多くの教師は、子ども達に「フリ」はしても、「フォロー」を忘れがちです。しかし、いわゆる「名人」と言われる先生方は、無意識に「フォロー」をしています。
自分も、「フォロー、フォロー」と意識しながら、気づいたら忘れていた、ということがほとんどです。意識しなくとも「フォロー」できるまで、まだまだ道のりは長いです・・・。
 △ △ △

 このフォローの技術を使えるようになるにはそう簡単なことではない。
 5年目の佐藤先生はそのように言われている。
 ★
 この「フォローの技術」とは、何だろうか。
 私なりの言い方をすれば、子供たちとの「関係づくり」にはなくてはならない技術なのだ、と。
 縦糸を張るときに、横糸を張るときに、どうしても必要になるのである。
 このフォローの技術で、「うまいなあ」と感心した実践がある。
 「道徳のチカラ」(3号)という雑誌に載っている福山憲市先生の実践である。
(連載 心を育てる学級づくり・授業づくり <「おしい」と「やるね」の繰り返し>)
 多くの著作をもつ第一級の実践家である。
 
 △ △ △ (実践を簡略して紹介する)
 福山学級では,4月初日から、机や椅子に対する心構えを育てるために次の実践を行う。
┌───────────────────┐                                  
│●全員、起立!だまって、後ろに行きます│                                 
└───────────────────┘                                  
 子供たちはきょとんとしながらも、後ろへ行って1分以内に全員が並ぶ。
 そこで言う。
 「だまって行動しているのは、素晴らしい!!でも、おしい。93点。残念なことが
  あります。」
 93点と言いながら、子どもたちから目をそらし、机・椅子の方を見回す。
 
┌─────────────────────────────┐             
│もう気がついている目をしている人がいます!                │            
│そうです。椅子です。椅子が出ている人がいます。机がねじれて│            
│いる人がいます。おしいですねえ。                          │            
│もう一度、やってみます。だまって、席にもどってください。  │            
└─────────────────────────────┘             

   子供たちは今度こそという顔で戻っていく。

┌─────────────────────┐                             
│全員、起立!! だまって後ろに並びます!!│                            
└─────────────────────┘                             

   椅子もきっちり入れ、机のねじれもない。子供たちの顔は、自信に満ちている。
  ここでの福山先生のフォローはすごい。

┌─────────────────────────────────┐      
│ やるねえ、さすがです。100点です。(子供たちの眼が輝く。そこで   │      
│言う)でも、もっとすごい人がいます。山根君です。100点花丸です。  │      
│両手で、椅子をすっと入れていたのです。片手ではないのです。椅子に │      
│対して心が優しいのです。                                         │      
│佐藤さんも100点花丸です。                                        │      
│後ろに行く前、ちょこっとですが、友達の椅子が出ていないか、見回し │      
│ていたのです。こういう心が嬉しいのです。                         │      
│そしてそして、清水君。清水君も100点花丸です。                    │      
│起立!と言ったとき、音を立てないように、さっと立ったのです。     │      
│先生、やるなあと思いました。ありがとう。                         │      
│もっとすごいのは、金山さん。先生は「並びます」と言葉を少し変えま │      
│した。                                                           │      
│金山さんは、気がついていたのかな。後ろに行くだけでなく、並ぼうと │      
│している姿でした。やるなあ。100点花丸!!ありがとう。            │      
└─────────────────────────────────┘      
 
 △ △ △
 まだまだ実践の続きはあるのだが、これぐらいでいいだろう。
 ここでのフォローのすごさが分かってもらえばいい。
 普通の教師たちにはとてもできないフォローになる。
 しかし、努力すればできる。
 そのためには、観点をきちんともって子供たちをよく見ておかなくてはならない。
  こんなフォローができたら、子供たちの心に灯をともすことになる。
 

|

« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの心に灯をともすフォロー:

« 重要な本が出版された!~「学級担任に絶対必要な『フォロー』の技術」(黎明書房)~ | トップページ | 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ »