« そんな時代が来ているような予感がする! | トップページ | ここには、幻想がある! »

徒然なるままに

   2月4日の広島での「教師力向上セミナー」が78名になったという連絡がある。
 80人の定員である。
 もう少しの余裕がある。
  
  山根 大文 (やまね ともふみ)[tomo-2@blue.megaegg.ne.jp] まで。
 
 中村健一先生とこうしてコラボで講座を開くのは、初めてになる。
 学級づくりでは、ほとんど同じ土俵で主張をしている。
 いつか一緒に講座をやりましょうと中村先生と言い合ってきたのだが、こうして実現できることはとてもうれしいことである。
 私のテーマは、「学級崩壊を防ぐ学級づくり」と「これからの学級経営を考える」の2つになる。
 今までのものを、この2つにきちんと集約したい。 

  ★
 初任者講座の内容を考える。
 これから2月、3月の間に何回も初任者講座を設けなくてはならない。
 そこで何を伝えるのか考える。
 初任者が陥ることを書き上げてみる。

 ①子供たちと友達になろうとする。
 ②子供を叱れない、あるいはずっと叱っている。
 ③子供という存在を知らない。
 ④やんちゃな子供への指導が分からない。
 ⑤泣いている子供などへの指導が過剰になる。
 ⑥過剰に「丁寧指導」をする。
 ⑦なかなか子供をフォローできない。
 ⑧学級づくりの方法が分からない。
 ⑨しょっちゅう空白の時間を作る。
 ⑩時間のけじめがなかなかできない。
 ⑪メモ、手帳などの使い方
 ⑫ずっと「おしゃべり授業」をしている。
 ⑬国語や体育の授業に苦労する。
 ⑭教室や職員室の自分の机の整理整頓ができない。
   
 これらのことを十分に把握して、対応できる講座にしなくてはならない。
 ★
 知り合いから聞いた。
 臨任の先生がクラスを受け持つことになる。
 校長は、その先生に毎時間指導案を提出するように命ずる。
 その先生はなかなか対応できない。
 だから、知り合いの先生に手伝ってもらう。
 それを見た校長は、こんなにうまく指導案が書けるはずはないと疑う。
 そこで学校で指導案を作るように命じる。
 その臨任の先生は鬱病になる。
 あきれ果てた。
 この校長は、将来のある先生を潰してしまっている。
 今担任を持っている教師たちに、毎時間指導案を書いて提出せよと業務命令を出して耐えられる教師たちが果たして何人いるのかどうか?
 そんなことをする意味があるのかどうか。
 そんな途方もないことを命じる校長がいるのである。
 自分さえも現役の頃はそんなことは1日だってやったことはないはずである。
 それを正規になっていない、しかも担任を持っている先生に強いるなんて、まさに「悪魔の所業」である。権力をかさにこういうことができる存在とは何か?
  私はそれを聞いて胸くそが悪く、一日不快な感じで過ごす。
「ふざけるな!」

|
|

« そんな時代が来ているような予感がする! | トップページ | ここには、幻想がある! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったっくアホとしか言いようのない管理職ですね。
自分がやったこともないことを若手に課すベテラン教師は信用できません。

毎回指導案を出すこととよい授業をするこは決して比例しません。
で、あるならやるだけ時間の無駄ですね。

投稿: J.SASE | 2012年1月29日 (日) 21時00分

 ここにある校長について。今回はTOSSの立場ではなく、個人の考えとしてです。
 ベテランの中には、若手を育てると称して、実は潰している例があります。かくなる私も潰されかかった1人でした。
 私の場合は、校務分掌(児童会でした)の異常なる多忙化&学年主任のフォローなき指導でした。4年目の時です。
 私は3カ月の療養休暇&その後の転勤で復活し、今に至っています。

 児童会を多忙化させた教師は、その後精神的におかしくなり、やがて退職。
 フォローしなかった学年主任は、その後定年までのけ者・よそ者のような扱いをうけたそうです。
 やはり、神様は見てくれているんだなあと思いました。

 
 野中先生がここに書くぐらいですから、臨任を潰しただけではないでしょう。こういう人は、おそらくどこかに大きな問題を抱えていることでしょう。最後までにどんでん返しをくらい、みじめな教師生活を送ることになると信じます。 問題ある書き方でしょうが、そう願っています。
 
 それと同時に、潰されかかった先生が復活し、再び元気な教師生活を送れることを願ってやみません。

投稿: TOSS末端教師 | 2012年1月29日 (日) 21時12分

ひどい校長がいるものですね。事実なら、「毎時間、自力で指導案を書かせることが授業力向上につながる」という途方もない勘違いをしている校長です。
泳げない子どもに、「とにかく泳げ、何でできない、泳げ!」とプールサイドでわめきたてた挙句、子どもをおぼれさせてしまうようなものですね。
「授業力を向上させたい」という目的が正しいからといって、どんな手段でも正当化されてしまったら、学級担任は生きていけません。
上に立つ者は力と同時に責任をも持ち併せていることを、この校長はどれだけ自覚しているのでしょうか。臨任の先生が鬱になってしまったことを、自分の責任として受け止めているでしょうか。
「これくらいのことができずに・・・」と思っているとしたら、まず自分が同じことをしてほしいものです。皆が納得するレベルで。無理でしょううが。

投稿: 佐藤玄輝 | 2012年1月29日 (日) 23時32分

弱い立場の人を守る管理職の先生方であっていただきたいです。いい先生や真面目な先生ほど苦しみ、要領のいい人や狡賢い人が楽をする教育ではいけないと考えます。ですからこのことに憤怒してくださる先生がいらっしゃること。また、苦労をわかってくださったり、若物の悩みに共感していただけるだけで、どれほど私たちの励ましになるかと思います。

投稿: 長山ゆうき | 2012年1月30日 (月) 00時06分

野中先生、徹底反復研究会 友田です。いよいよ講座が今週になりまりました。定員を超えそうな勢いです。どんなお話が伺えるのか、今から楽しみです。どうぞ、よろしくお願いします。

投稿: 友田真 | 2012年1月30日 (月) 16時05分

今週末のセミナーに参加する広島県の初任者です。
昨年,私も臨時採用で働いていましたが,国・算・社の指導案を毎回書けと言われ,潰されました。。ましてや学級も崩壊させてしまいましたが…。。今思えば,「指導案を書け」よりも授業を見せていただき,「こんな風にするんだよ」と言ってもらいたかった。。
今年は初任者として別な学校で働いていますが,週に2回ほど参観授業用の略案を書いています。また,「こうしたらよかった」「こうやっていてよかった」と指導をしてくださり,さらに他の先生の授業も見せていただき,勉強になりました。

初任者も場所によってはつぶされる人もいるようですが,臨時採用時に何枚も指導案を書いていたころより授業力は自分の中でついたと思います。

指導案至上主義は嫌ですね。あたたかい具体的な指導を求めます。

投稿: はらだけいすけ | 2012年1月31日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53850564

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに:

« そんな時代が来ているような予感がする! | トップページ | ここには、幻想がある! »