« コメント欄が活況を呈している | トップページ | 徒然なるままに »

徒然なるままに

 「初任者・1ヶ月のシナリオ」ができた。
 苦労する。とりあえず作成できる。A4用紙に31枚の大作。
 これを2/4(土)の広島講座から配布することになる。
 申し込みは、次の通り。

 第7学 教師力向上セミナー  参加申し込み E-Mailのみ受け付けます。
山根 大文 (やまね ともふみ)[tomo-2@blue.megaegg.ne.jp] まで。
学校名、氏名、懇親会参加希望を明記の上、送信下さい。定員になり次第、締め切らせて頂きます。

 印刷してくれる講座の先生たちが大変である。
 でも、1ヶ月はこのようにしてやるのだとイメージできれば成功である。
 これからこのシナリオが、さまざまに検討されて作り替えられていけばいい。
 とりあえず、初任者にはこのようなものが必要である。
 著作権をまったく主張しないものであるので、広くばらまいてほしい。
  ★
 B大学から8月の講座の依頼があった。
 「午後3時間お願いします」ということ。
 依頼には昨年度のセミナーのチラシがあった。
 「学級づくりセミナー」。
 大学もこうして「学級づくり」に力を入れてきているのである。
 チラシには、次のようにあった。
 「多くの若い教師にとっての悩みの1つが、学級づくりです。授業に関しては大学でもそれなりに学んできたものの、学級づくりに関して大学で学ぶ機会はほとんどないからです。…」
 大学がはっきりとこのように表明している。
 要するに学級づくりを教えていく大学の先生がいないのである。
 現場での実践経験を持っていなければ、確かに「学級づくり」を教えることは難しい。
 実際に講座を持っている橘大学の池田先生や武庫川女子大学の藤本先生は、中・小の現場から大学の先生になっていった人たちである。
 池田先生も藤本先生も、意欲的に教員養成のあり方を変えようとされている。
 私もまた励まされる。
 実は、藤本先生には真っ先にこのシナリオを送付したのである。
 できたらすぐ送ることを約束していたからである。
  藤本先生からはすぐメールがきた。
  △ △ △
 春から現場に立つ先生を支えるために必須の内容と思います。
 随所に私が取り組んできたこともあり、勇気を得ました。
 本当にありがとうございます。
「学級担任の一日」というDVDを作り、教育実習の事前指導、教職実践演習用に
 使用したいと思っています。
  △ △ △
 「学級担任の一日」というDVDを作られるということ。
 大学も動いていくなという感じになる。うれしいことだ。
 ★
 横浜にも初雪が降る。
 珍しいこと。
 私は九州の佐賀出身。みなさん誤解されているが、九州は寒いのである。
 とくに、北部の九州は寒い。何度も雪が降る。
 いま、一番日本の中で温暖なのは関東南部ではないかと思っている。
 それでも寒い。(マイナス30℃の北海道の方 ごめんなさい)
 日中でも3,4℃。
 こんなときに思い出すのは、アメリカのカリフォルニアのサン・ノゼに1週間滞在したときのこと。日本人学校(補習校)の先生たちの研修で呼ばれたのである。
 この地は、1年中温暖。四季がない。地中海性気候。
 昼間はTシャツ。朝夜は一枚羽織れば十分。
 一年中汗をかくことがない。だからハンカチを誰も持っていない。
 あの地に1年間でも住んでみたいという、そんな思いになる。
 ★
 朝の連ドラの「カーネーション」。
 毎日楽しみ。
 糸子が長崎からきた男を好きになる。
 長崎弁がさかんに出てくる。
「おいも、すいとっ」(オレも好きである)
 佐賀弁も、長崎弁とほとんど同じ。なつかしいなあとしみじみと思う。
 でも、もう自分から佐賀弁は使えない。
 話しかけられたら返すことはできるが、もう使えない。
 だからこそ、「方言はよかねえ~~~」という思いになる。  
  

|

« コメント欄が活況を呈している | トップページ | 徒然なるままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに:

« コメント欄が活況を呈している | トップページ | 徒然なるままに »