« 徒然なるままに | トップページ | 徒然なるままに »

山形の佐藤先生の問いについて

    山形の親しい知り合いの佐藤先生から次のようなコメントが載せられている。

   △ △ △
 4月に採用された新卒教員、とりわけ小学校教員は、ほぼ100%学級担任を任されるにも関わらず、「学級経営」についてはほとんど知らない、という時代が続いてきました。
教育実習も、既に基盤ができている学級で数時間の授業をするくらいでした。
周囲の先生方がよほど面倒をみてくれるわけでもない限り、初任の先生のクラスはほとんど荒れてきたと思います(自分もそうでした)。

大学の時点で「学級経営」について学べる基盤が整ってきている、という状況が、新しい時代の始まりのように感じられます。教育実習の在り方など、教員養成の仕組み自体が質的に変わっていくことになるのでしょうか。
 △ △ △

  大学が「学級経営」について学べる基盤を整えてきているのは、まだほんの一部のことである。
 その気運が出てきていることは確かであろう。
 ある大学の教師免許を取る単位の内容を調べたことがあるが、ほとんど教科や授業を重点において構成されていて学級経営関係の単位は1つもなかった。
 これが現状である。
 多分、教員養成系の教授の多くの方
がいま現場がどうなっているのかを知らないのではないかと、私は思っている。
 教員養成の仕組みを変えなくてはならないのである。
 それは一大学で変えられるのか、文科省がやるべきことなのか、それについては勉強不足である。

 池田先生、教えて頂けませんか?
 

|

« 徒然なるままに | トップページ | 徒然なるままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形の佐藤先生の問いについて:

« 徒然なるままに | トップページ | 徒然なるままに »