« 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ | トップページ | 徒然なるままに »

私たちは「研究授業主義」に汚染されてきたのではないか?

   授業中の私語の対策について、池田修先生がブログに書かれている。

  http://ikedaosamu.cocolog-nifty.com/kokugogakkyuu/2006/08/post_1a64.html

 池田先生の結論は次のようなことになる。
   △ △ △
私語を言う子どもに対して、子どもが自分を変えなければならないという事は、私はほとんどないと考えている。今まで書いたことの中を見ていただければ、子どもが工夫する所はないことが分かると思う。私語の原因の9割以上は、教師の工夫で無くなる、教師の責任だというのが、私の考えだ。
  △ △ △

  私も、まったく同感する。
 私の知り合いで管理職をしている先生がいる。
 各クラスを見て回ると、ほとんどの先生がずっとしゃべり続けているということ。
 そんなことに気づいたと聞かせてくれた。
 ある知り合いにも、学級の授業の様子をビデオにとったという話を聞いた。
 それを見てみると、95%ぐらい教師が話しているという授業だった、と。
 こんなものである。
 ほとんどの教師たちは、授業中ずっとしゃべり続けている。
 それを6時間中ずっと聞いておくなんて、ちょっとそれは大変である。
 私語ぐらいしたくなるはずだ。
 ★
 日本全国でどこの学校も「授業研究」を続けてきた。
 ずっと重点研究として授業研究を続けてきたのである。
 私は最近そういう研究がもはや破産していると考えるようになった。
 なぜか?
 40年も50年も、そんなことを続けてきて、多くの先生たちの普通の授業は、相変わらず教師が1時間中ほとんどしゃべり続けている授業なのである。

 もう少し言うと、ほとんど教師がしゃべっていて、時々発問をして3,4人のいつもの子供たちが発言をして、そして先へ進んでいく授業。
 
  このような授業なのである。
 このような授業なんか、40年も50年も先からやっている授業なのである。
 ほとんど何の変わりもない。
 ほとんど、何の進歩もない。
 それでもずっと授業研究はしていたのである。
 何の研究をしていたのであろうか。
 今までの授業研究は、普通の多くの先生たちの日常授業を変えるということにはならなかったのである。

 続けてきた「授業研究」は、研究授業のための授業をしていただけなのだ。
 そんなことに気づいてきた。
 ★
 えらそうにこのように言っている。
 実は私もそのような授業研究をしていたのである。自己批判として書いている。
 渦中にいたときには、やはり夢中で授業研究に取り組んでいたのである。
 現場を離れてみて、初任者指導を3年間やってみてはじめて、そのことに気づいたのである。
 ★
 研究授業では、さまざまに工夫した授業が公開される。
 それについては喧々がくがく話し合いをしてきたのである。
 ところが、一旦「日常の授業」になると、とたんに研究授業とは打って変わって教師がべらべらとしゃべっていく授業になってしまう。
 これが現実である。
 多くの先生たちが「研究授業主義」に陥っていて、1時間(あるいは数時間)の研究授業を終えたら1年間が終わってしまうような意識が染み渡っている。
 あとの2000時間以上の日常授業は、まったく変わりなく、40年や50年前の授業と同じような授業を続けている。
 その証拠に研究授業で提案される学習指導案は日頃誰も使わない。
 あんなものを作っていたら日常授業はできない。
 あれは研究授業用の指導案だったのである。
 それでは日常授業用の指導案はあるのか?
 そんなものは見たことがない。
 あるとしたなら本時用の指導案になってこよう。
 結局、私たちの授業は「研究授業主義」に汚染されていたのである。
 もちろん、このようになっていない教師もいる。
 ところが、多くの教師たちの、普通の日常授業はこのようになっている。
 教材研究がほとんどできない現実では、こうなってしまう。
 ★
 多くの教師たちは、子供たちにとっては「聞く」という受け身的な活動(言語活動)をずっと続けているということになる。
 それは耐えられないはずだ。
 もう一度、多くの教師たちの「日常授業」の問題点をまとめてみる。

  ①ずっと教師がしゃべっている。
  ②発言する子供たちは3,4人。あとは傍観者。
  ③ほとんど活動がない。

  端的にまとめるとこうなる。
 これが今まで問題にされてきた一斉授業の大きな問題点なのである。
 ★
 私が提唱してきた「味噌汁・ご飯」授業は、この問題点を克服したいという提案になる。

|

« 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ | トップページ | 徒然なるままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは「研究授業主義」に汚染されてきたのではないか?:

« 「初任者向け研修講座」のお知らせ~明日の教室東京分校~ | トップページ | 徒然なるままに »