« アウトプットが中心であること | トップページ | 病気休職者の文科省報道を受けて »

コメントを受けて

 ブログにコメントがついた。hdkz さんありがとうございます。
 内田樹さんのインプットとアウトプットの考えである。
 これは大切なことだ。ここでも紹介したい。

  △ △ △ 引用開始
さて、インプットとアウトプットに関して、以下のような話が内田樹さんのブログにありましたので、ご紹介させていただきます。
わたくし自身、とても参考になった内容ですので。

 

池谷裕二さんが中之島の朝日カルチャーセンターで講演をすることになったので、ご挨拶にお伺いする。
(中略)
忘れないうちにメモしておこうと思ったのは、スワヒリ語40単語を覚えるプログラムの話。
それをご紹介しよう。
スワヒリ語の単語40語を学習して、それから覚えたかどうかテストする。
という単純な実験である。
ただし、4グループにわけて、それぞれ違うやり方をする。
第一グループはテストをして、一つでも間違いがあれば、また40単語全部を学習し、40単語全部についてテストをする。
それを全問正解するまで続ける。
いちばん「まじめ」なグループである。
第二グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、40単語全部についてテストをする。
第三グループは、間違いがあれば、40単語全部を学習し、間違った単語についてだけテストをする。
第四グループは、間違いがあれば、間違った単語だけ学習し、間違った単語についてだけテストをする。
これがいちばん「手抜き」なグループである。
全問正解に至るまでの時間はこの4グループに有意な差はなかった。
まじめにやっても、ずるこくやっても、どの勉強法をしても、結果は同じなのである。
ところが、それから数週間あいだを置いて、もう一度テストをしたら、劇的な差がついた。
「まじめ」グループの正解率は81%。「手抜き」グループの正解率は36%。
まあ、これは天網恢々粗にして漏らさずというやつである。
さて、問題は、第二グループと第三グループはどういうふうになったかである。
第二と第三はやったことがよく似ている。勉強に割いた時間も変わらない。にもかかわらず、大きな差がついた。
さて、どちらが正解率が高かったでしょう。
1分間考えてね。
第二グループの正解率は81%(「まじめ」グループと同率)。
第三グループの正解率は36%(「手抜き」グループと同率)。
これから何がわかるか。
「学習」は脳への入力である。
「テスト」は脳からの出力である。
つまり、脳の機能は「出力」を基準にして、そのパフォーマンスが変化するのである。
平たく言えば、「いくら詰め込んでも無意味」であり、「使ったもの勝ち」ということである。
  △ △ △ 引用終わり
  ★
  また、あべたかさんからも次のような指摘があった。ありがとうございます。
 
 △  △ △ 引用開始
アウトプット中心という考え方。
ずいぶん前に、小西正雄先生(鳴門教育大学)が提案されていた、出力型授業観を思い出します。
今でも、わたしはこのあたりの考え方をさまよっているので。
  △ △ △ 引用終わり

 

 小西先生の本を探し出してきた。
 「消える授業 残る授業」(明治図書 オピニオン叢書31)
 明治でまだ出されているかどうか分からない。
 もう一度読み直したい。

 

 ★
 とりーちさんの指摘は、まさにその通り。
 私が提案している「味噌汁・ご飯」授業は、この指摘の線上に考える。

 

 △ △ △
 ですから、アウトプットを想定したインプットの授業構想をしなければなりません。
そうなると、だらだらとした説明?は論外。
アウトプットを想定して授業を考えていくと、
自然と、発問や説明がとぎすまされていくはず。
  △ △ △
  ★
 池田先生!「正しい『泥縄式』」というのは、どういうことになるのでしょうか。
 教えてください。

|
|

« アウトプットが中心であること | トップページ | 病気休職者の文科省報道を受けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新潟•大島です。
今年は漢字学習を第二グループのやり方でやっています。昨年まで試行錯誤やって来た結果、このパターンが良いのではないかとたどり着いたやり方です。
漢字学習→テスト→間違った字の練習→テスト→間違った字の練習→テストという風に合格するまでやります。初回満点だった子達も二回はテストをします。
明確な根拠をもってやっていた訳ではないので、内田先生の記事を読んで、やはりなと確信しました。昨年度までより、定着率が高いのです。テストの回数が増えたので、丸つけの回数が増えましたが、丸が多くなるので、それ程負担感が有りません。

投稿: 大島 | 2011年12月24日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53551840

この記事へのトラックバック一覧です: コメントを受けて:

« アウトプットが中心であること | トップページ | 病気休職者の文科省報道を受けて »