« 漢字指導をどうするか? | トップページ | 石川晋さんの「音楽ベスト10」発表 »

「カオス化する社会」に対して「地上戦」を展開している

   内田樹さんのブログで重要なことが提起されている。

  「劇化する政治過程・カオス化する社会」

  http://blog.tatsuru.com/

 私は印刷して何度も読んだ。
 今日本でどのようなことが展開されているか納得するブログである。
 ★
 「カオス(混沌)化する社会」になっている。
 その通りだとしみじみと思う。
 教育界で90年代後半に表面化した「学級崩壊」は、今から考えれば「カオス化する社会」の先鞭であったのだ。
 この「学級崩壊」は、今都市圏を中心に深刻な広がりを見せている。
 この広がりは地方へ波及する。
 いやすでに波及している。
 「カオス化する社会」は、それぞれを「機能不全」に陥らせていく。
 ★
 この状況に、京都大学の瀧本哲史先生は「僕は君たちに武器を配りたい」という本を出された。
 同感する。
 私は、この「カオス化する社会」に対して「地上戦」を展開している。
 武器とか地上戦とかは、教育には違和感がある言葉だが、この言葉がぴったりくる。
 私が言う「地上戦」とは、孤立化している先生たちに「武器」を配って歩き、「子供たちのためにがんばりましょう」という呼びかけである。
 「カオス化する社会」は、個々の人たちを孤立化、無援化する。
 とりあえず、個々の先生たちが元気にならなければいけない。
 そのための「武器」を配って歩きたいという願望である。
 その「武器」とは何か。
 「学級づくり3原則」「味噌汁・ご飯」授業である。
 シンプルで、普通の先生が手にしようと思ったらいつでも身につけられる「武器」だ。
 ただ、今のところ「学級づくり」は何とかまとまっているが、「味噌汁・ご飯」授業はまだまだまとまっていないのが心許ないところである。
 あわてず、急いでいる。
 

|
|

« 漢字指導をどうするか? | トップページ | 石川晋さんの「音楽ベスト10」発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53587348

この記事へのトラックバック一覧です: 「カオス化する社会」に対して「地上戦」を展開している:

« 漢字指導をどうするか? | トップページ | 石川晋さんの「音楽ベスト10」発表 »