« インプットとアウトプットのバランスを取る! | トップページ | コメントを受けて »

アウトプットが中心であること

   [インプット]と[アウトプット]にもう少しこだわりたい。
 マンダラートの今泉浩晃さんは、このことについて次のように書かれている。
  親しい知人が私のブログを見て、このことを知らせてくれた。

 △ △ △ 引用始め
学習という言葉の理解には どうしても[インプット]と[アウトプット]という言
葉が必要だということも 経験を通して知ったことだ。

学びとる 習熟する とは「何かを(脳や体に)インプットする」ことです。
そして なぜインプットするのかといえば そのインプットしたものを使って 何か
をアウトプットするためなのです。

このアウトプットしたい(ものがある)から そのために 知識や技術をインプット
したいのだ というカタチで学習したものは ほとんど忘れない。

このアウトプットしたい心が強ければ強いほど 学も習も 活性化する。
アウトプットしなければならないという ニーズが強ければ強いほど 学習もまた
強力になっていく。
どうしてもアメリカに住まなくてはならなければ 英語がしゃべれるようにもなるし
経理事務を どうしてもパソコンでやるとなれば エクセルも使えるようになる。

経験が教えてくれた「どのように学ぶか?」という問題の答えは まずアウトプット
したいものを持て! それについて昼も夜も想い続けろ! そのために必要と思われ
るものを片端から学び習得していけ! ということだった。

ここが分かってくると モノの学び方も見えてくる。
習熟のためには どんなシクミが必要かも分かってくる。

学んでから(つまりインプットしてから)アウトプットするのではなく アウトプッ
トすることがインプットの 最も効率的・効果的な方法なのだ ということです。

例えば 料理がうまくなるには まず 料理を作り続けることなのです。
出来るようになってから やる! のではなく やっているから 出来るようになる
というカタチが 正しい(?)学習のあり方なのだということです。

そうと分かったら まずは アウトプットしたいものを持つことです。
今年は 何をアウトプットするか? それが決まれば学習プランは自動的に立つ。

  △ △ △ 引用終わり
  ★
 この引用から学ぶことはさまざまにある。
 私は次のようなことを学ぶ。

 ①アウトプットが中心であること。
 ②アウトプットがインプットの最も効率的・効果的な方法。
 ③なぜインプットしなければいけないかを考えるよりも、まずアウトプットしな
    がら考えていくこと。
    だから、まず行動を起こすことが大切。
 ★
 このように考えてくると、岩下先生が言われた「インプットとアウトプットのバランス」も少し違ってくるのかもしれない。
 JJさんがまたコメントを書かれていて、この視点から学習を考え直していくことを提起されている。
 私もそう思う。
 さて、これをどのように具体化するか。
 それが問われる。  

|

« インプットとアウトプットのバランスを取る! | トップページ | コメントを受けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウトプットが中心であること:

« インプットとアウトプットのバランスを取る! | トップページ | コメントを受けて »