« 徒然なるままに | トップページ | また登場した「脱社会的存在」 »

ともかく動けよ

   岩手の佐藤正寿先生のブログで、いいことを教えてもらった。
 佐藤先生は、移動中のラジオでこのことを知って、次のブログに行き着いたということ。  
  http://its-diary.jugem.jp/?eid=995

 △ △ △ 引用始め
今回は、私が人生の師として尊敬する、GACKT氏の
感銘を受けた言葉を紹介します。

----------------------------------------------------------------

成功する人と、しない人にはパターンがある。

成功しない人 というのは、物事をまず「知る」、そして「覚える」。

でもほとんどの人はすぐに考えるんだ。
この「考える」という行為は、「悩む」に近い

でもその中の一部の人が、ちょっとやってみようかなって思って「行動する」。
けど考えた上での行動だから、とにかく遅い

じゃあ、世の中の 成功する人 のパターン。

「知る」、「覚える」、ここまでは一緒。

で、その後はすぐ「行動」に移す。
で、行動した瞬間から出てくるのが障害

それに対して、
どうやったらクリアできるのか
アイデアを「考える」、工夫を「考える」。

初めてここで「考える」という行為が出てくる

今まで出てきた、「知る」、「覚える」、「動く」、「考える」、
この4つの中で一番大切な行為は何だと思う?

実はこれ、もう答えが書いてあるんだよ

知る、覚える、動く、考える、これの漢字を読んでいくと、
”とも・かく・うご・こう”。

つまり”ともかく動けよ!”ってことなんだ

動かなきゃ!って。とにかくやらなきゃ!って。

頭の中で考えて、ああでもないこうでもないってことじゃないんだ。

やってみればいい。やらなきゃいけないんだよ。
やった後で工夫を考えりゃいいんだって、

何でそんな単純なことに今まで気付かなかったんだろうってさ。

----------------------------------------------------------------
去年の年末に、この言葉に出会いました。

自己啓発系の本は好きなので、感銘を受けてきた言葉もそこそこあるんですが、
コレはコレで、ハッ!とする驚きがありました

言葉にして書くとすごく当たり前。

だけど、未知の分野へ挑戦する時等、
いつのまにか最後の二つが入れ替わってしまうことが多いように思う。

個人的にインパクトの強い言葉だったので、
いつも頭の片隅に残っていて、いざという時に背中を押される気がします。

ええ言葉です・・・

 △ △ △ 引用終わり

 私は、今まで若い人へ向けてメッセージを発してきた。

 「悩むな、反省するな、次が大切」

「悩むな、反省するな」というのはとても評判が悪い。
それというのも、今まで「悩み、きちんと反省して」身につけることが必要だとさんざん言われてきたからである。

 しかし、私が言いたいことはこのGACKTのメッセージと同じである。

 考え込まないで、とにかく「動いてみようよ」というメッセージなのだ。

 次のことを考えることが人生なのだから。

|

« 徒然なるままに | トップページ | また登場した「脱社会的存在」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ともかく動けよ:

« 徒然なるままに | トップページ | また登場した「脱社会的存在」 »