« 現場は、「サッカー」から「野球」に変わっている! | トップページ | インプットとアウトプットのバランスを取る! »

「挙手指名発言」はアウトプットの1つにしか過ぎない

   合田先生のブログには、Y先生のブログからの引用がある。 

 △ △ △    引用始め
 本日,市教育センター主催の社会科の授業改善研修に参加しました。1年生の授業を参観した後,約15名で授業研究を行いました。ここで私が次のような指摘をしました。挙手指名システムをとっているために,分かる生徒ばかりが指名されています。ということは,分からない生徒は置き去りになってしまっているのです。

その後,意見交換がありましたが,私の意見に触れるものはありませんでした。むしろ,挙手指名システムの方が,テンポがあっていいという意見も出ました。

しかし,どうして挙手指名システムにこだわるのでしょうか。野口先生も言われていましたが,手を挙げさえしなければ,1時間の授業中に指名されることはなく,安心して参加できるのです。しかし,これでは,個々の生徒の学力は伸びるでしょうか。分からない生徒は授業に参加して楽しいでしょうか。

授業改善研修ではなく,授業システム改善研修というのを開催してほしいと思いました。
△ △ △    引用終わり

「授業改善研修」で、いまだに「挙手指名システム」がこのように問題にされ、それに対して深めた討論がなされないというのはどういうことであろうか。
 このように指摘したいところである。
 ただ確認しておきたいのは、多くの先生たちの授業の中心は、いまだに「挙手指名発言」であるということである。
 これだけでほとんどの授業が進められている。
 私が言う「日常授業」の実態はこれである。

 特徴的なことは、次のことになる。

 ①3,4人のよく発表する子供たちの発言をもとに授業は進行する。
 ②クラスの多くの子供たちが受け身的な傍観者になっている。

 教育界はずっとこれで過ごしてきたことになる。
 ★
 どうしてこれほどまでに「挙手指名発言」にこだわってきたのであろうか。
 もちろん、手軽さがあることは言うまでもない。
 だが、それ以上のものがあると考えてきた。
 それは、多くの教師たちが憧れてきた「授業」がこの方式に基盤をおいてきたからだと、私は考えている。
 どういうことか。
  私たちが目指し、憧れてきた授業は次のようなものだった。

 A、クラスの多くの子供たち(できれば全部の子供たち)が発言する授業
 B、クラスの多くの子供たちが討論する授業
 C、教師がほとんどそばにいて、子供たちがどんどん発言し、討論する授業

 このようなクラスになることを目ざし、子供たちを鍛えてきたのだと思う。
 「指名なし発言」などというのは、この最たるものになる。
 ★
 ところが、このようなクラス作りを目指しても、なかなかこのようなクラスは作れない。
 討論をしようとしても、10名以上の子供ががんがん発言できなければむずかしい。
 それでももしそのようなクラスが実現できたとしても、やはり何人もの子供たちが傍観者になっているのである。
 ★
 「挙手指名発言」というのは、どうしても限界がある。
 1時間の中で、「挙手指名発言」を全員にさせようとすると、簡単で、誰でも発言できそうな発問を繰り返す以外にない。
 つまらない授業になる。
 やはり、「考え方」を変えなければならない。
 どう考えるのか。
 「アウトプット」として考えていけばいいと思う。
 どういうことか。
 ★
 子供たちが授業で行う言語活動は、主に<聞く><読む><話す><書く>になる。
 「アウトプット」とは、この中で<話す><書く>ということになる。
 かつて野口芳宏先生が、発言は「ノート発言」だってあるのだと言われたのは、この「アウトプット」だったのである。
 そう考えれば、「挙手指名発言」というのは、「アウトプット」の単なる1つにしか過ぎないもの。
 いつまでもこれだけにこだわっているというのは、おかしなことである。
 さまざまな<活動>を授業に取り入れながら、<全員参加>の授業を目指していくというのが日常授業として考えられる最上のものになる。
 

|
|

« 現場は、「サッカー」から「野球」に変わっている! | トップページ | インプットとアウトプットのバランスを取る! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

授業づくりネットワーク2011年第4号の中で、ケーガン・ストラクチャーの提唱者のケーガン氏が、まさにこうしたシステムに対する提言を行ってます。
生徒を指名する代わりに一人一人が考える時間をちょっと取り、その後二人一組で「お話しタイム」を取るというストラクチャーを紹介しています。
これだけのことで、ずいぶん置き去りにされてきた子どもが救われるはずなんですが。

投稿: 筑田周一 | 2011年12月18日 (日) 18時14分

ご紹介有り難うございます。

中学校(少なくとも今まで私が勤めてきた学校)の日常授業は、未だに「講義形式」です。
何とか脱却したくて、あれこれ、もがいています。
でも、なかなか難しい。定期テストの前など、どうしても講義形式に「逃げ」こんでしまいます。

ただ、講義形式が全て悪いわけではないのです。

講義形式に甘んじている態度?が問題なのでしょう。
怖いのは、若い先生が早くも教師の権威のみで授業をしようとしてしまうこと。
学級経営はやはり学ばない。

イマできることを、確実に実践していくこと。
それも、実態に合わせ、工夫し、意図を持って授業と、学級作りをする。
ま、当たり前のことですが、そこに立ち返りたいと最近感じています。

投稿: 合田淳郎 | 2011年12月18日 (日) 21時22分

 Y先生(名前はわかりましたが、あえて伏せて)のブログ、合田先生のコメントも合わせて読みました。
 「挙手指名発言」に関する認識の違いがわかり、勉強になりました。
 ただ、重きを置いているところが違うだけで、同じ指摘なのかもしれませんが。
 
 私は、挙手指名発言はあまり使っていません。
 せいぜい、研究授業の一場面や討論できそうだなと感じるときだけです。
 その挙手指名も、ノートに書かせ、意見をはっきりさせてからです。(その後、隣や班との話し合いを入れるのが普通です)TOSSの指名なし討論もノートに書かせた後に展開するのが一般的だと思います。

 なぜ、挙手指名発言に頼るのがまずいかというと、反応の早い子の展開になってしまうからでしょう。この反応の早い中に、よく聞いていなくて言いたいだけという者が含まれることがあります。熟考するのが苦手な子ですね。聞いていたとしても、本質を捕まえずに言葉尻にこだわっているだけということがありえます。(衝動性の強いだけで、あまり考えていないということです) 
 これでは、授業として深みが出てこない。むしろ、熟考する子の方がいい意見を持っていることもある。
(その時に言えなくても、後でノート点検するといい考えを書いていることがある。活発に意見を言った子のノートが全然だめなこともめずらしくない。)
 このことに気付いてから、クラス全員発言を目指すことはやめました。班での話し合いに参加していれば十分だろう・・・と。
 
 私の授業は、「野口型」と「学び合う学び」&「向山氏の名言」で展開することが多いです。ノートに書かせ、書けないものは隣や班と話し合いで参考になる考えを書く(写すことも認める)。書いていない者には「一番いけないことは何も書いていないことです」で詰め、班に確認させる。(なぜ、「学び合い」も入っているかというと、私の市で進められているからです)

 自分のノートに記録していないと意味がないと思います。
 授業者も、発言を録音することは、せいぜい研究授業ぐらいしかやりません。
 向山氏やTOSSの有力者のように、多くの授業を録音しておくなんてことは、ふつうの人はしませんし。

投稿: TOSS末端教師 | 2011年12月18日 (日) 21時29分

 まったく同感です。今年は教務であちこちの授業に出ます。TTとして参加する授業もあります。大きく気になることが二つです。一つは、子どもに作業をさせないことです。二つは、挙手指名で授業を進めることです。空白の時間ができやすいです。リズムとテンポがありません。できる子だけで授業進みます。挙手指名をするなら、自分の考えをノートに書かせてからです。あるいは、どの子でも挙手できるような問いの場合です。野中先生のおっしゃることに「その通り!」って声を出したいと思いました。

投稿: 長谷 | 2011年12月19日 (月) 03時28分

JJです。お久しぶりです。
6月に立命館小の岩下修先生とお話しする機会がありました。その中で「1時間の授業の構成を考えるとき、子供のインプット(の活動)とアウトプット(の活動)のバランスをとるようにしている。」というお話がありました。同感しました。
この記事の話題に通ずるものがあると思います。

投稿: JJ | 2011年12月19日 (月) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53512290

この記事へのトラックバック一覧です: 「挙手指名発言」はアウトプットの1つにしか過ぎない:

« 現場は、「サッカー」から「野球」に変わっている! | トップページ | インプットとアウトプットのバランスを取る! »