« 業務連絡です~教師力向上セミナーの申し込みです~ | トップページ | 授業において、一番大切なのは、発問ではなく説明である »

「現代型うつ」って知っていましたか?

   NHKの「クローズアップ現代」の今日(11/22)のテーマは、「現代型うつ」についてであった。このような鬱病が急速に広まっていることを番組は警告していた。
 20代、30代に広がっている。
 医療機関にかかる鬱病の中で、「4:6」の割合で、6割が「現代型うつ」ということ。 この10年、医療機関での調査では「やや増加」「かなり増加」を合わせれば、90%になる。   
  ★
 この「現代型うつ」の特徴は、「他人のせいにする」(自分は悪くない)にすること。相手が悪い、会社が悪いと自分以外に責任があることを告発することらしい。
 そして、職場を離れるとケロッとして旅行に行ったり、同僚と飲みにいったりするすることができるところも特徴になる。
 今までの「うつ」が、自分を責める、閉じこもるという特徴を持っていたことからすると、確かに新しい鬱病である。
 ★
 あるIT企業のAさんの例が出されていた。
 入社2年目。電車の中で会社の書類が入った鞄を置き忘れる。上司から呼ばれ、「これから注意するように」と注意される。それからAさんはその叱責を理由に鬱病になり、休職となる。
さほど厳しい注意ではなく、いつもの注意だったということらしい。
 上司が寮へ様子伺いに行くと不在で、聞くと同僚とたびたび酒を飲みに行っているということ。典型的な「現代型うつ」である。そのIT企業は、それから4人の若手が「現代型うつ」で休職するという事態を迎え、本格的な対応を考えているという。
 ★
 コメンテーターは、20代、30代の若者は子供の頃他人から厳しく叱られた経験がないまま大人になり、さほどたいしたことがない叱責に自分が傷つくことを恐れ、相手の非をなじって「うつ」になっていくと指摘していた。
 「子供のままの感性」でまだ十分に大人になりきっていないという指摘である。
 ★
 私は「ついに来たよ」という感想だった。
 私は37年間教育現場で子供たちを見続けてきた。
 子供たちの変わり目も、自分の目で見続けてきた。
 親たちの子育ての変わり目も、十分に見てきた。
 こうなるのは仕方ないなと思ってしまう。(醒めた言い方で申し訳ないが…)
  要するに、「現代型うつ」になる若者たちは、まだまだ社会人としての「大人の感性」を持っていない。だから、上司からの叱責に弱く、その問題を自分の問題として考えられないで、すぐ「相手が悪い」と思い詰め「うつ」になっていく。
 私たちからは「なに甘えてるんだ!」となるところだが、現場はそうは言っておられない。実際に休んでしまうのだから。
 学校現場も、これからこういう問題を抱え込む。
 いやもう抱え込んでいるのであろう。

|
|

« 業務連絡です~教師力向上セミナーの申し込みです~ | トップページ | 授業において、一番大切なのは、発問ではなく説明である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 初めてコメント書かせて頂きます。小学校の学校司書をしています。
私もこれについては学校に置き換えて関心をもって番組をみていました。
まさに今日、崩壊状態の6年が学校図書館に来館し、その様子に気持ちが暗くなりました。クラスの中の数名ですが、立ち歩くことはもちろん、断りなく廊下へでる。言葉をかけると暴言を返して、注意しようものなら捨て台詞を吐いてにらみつけるといったことの繰り返しで、対応していてこちらも気持ちが荒んでくるのがわかりました。
 この日は担任が早退したため、補強の先生がついたのですが実はこの先生は彼らが4年の時の担任で、その頃からクラスがあれだしたこともあり、子どもたちは完全に見下した状態なのです。そのことがわかっていたのでお手伝いという形でその場にいたのですが、あまりにも勝手な振る舞いに昨夜はそのことばかり考えてしまっていました。
 無謀な行動をとる子どもたちの親はたいてい責任を学校に押し付けるタイプの人ばかりなのです。仕事が忙しいと子どものをことを後回しにする、家ではいい子だからと学校での様子について認めようとしない、自分の価値観を押し付けるという、自己中心的な態度なので学校が何かをいったところで聞く耳を持っていません。
親がそういう態度でいるのに、子どもが先生の指示を聞くわけもなく、また受験を控えた今の時期というものストレスを大きくしているのだと思います。
 もちろんすべての子どもがそういう状態ではないのですが確実に影響を受けている子もおり、こうなってしまうと荒療治が必要だと傍から見ていても思いますが学校というところはそれができにくい場所でもあります。結局担任一人が犠牲になるのかとやりきれなくなります。

投稿: なあ | 2011年11月23日 (水) 08時22分

私が若い頃、未熟さ故にクラスが荒れた時期がありました。
でもその頃の保護者は今の保護者と違いました。
「若い先生だからってなめるような子に育てたのは私たちの
 責任です。先生、応援しているから諦めないで下さい。」
と、荒れの中心になっていた子の保護者が言って下さったのです。
不器用ながら私はこの子たちを卒業させました。保護者が応援して
下さったからにほかなりません。

時代は流れ、20年後。わが子の隣のクラスが荒れた時のこと。
その先生がいかにひどい人か実力がないか…と話してきた親子が
いました。その子は荒れの中心になっているわけではなく、どちらか
というと傍観者的な子でした。先生の悪口を正論のように言う子ども
をたしなめないどころか一緒になって悪口を言っており、
「来年は担任を降りてほしい。」
と言っている保護者にもびっくりしました。それと同時に、こんな調
子でいって、わが子が社会に出て気に入らない上司がいたらその上
司が悪いから変えろと、ともっと上の人に言いに行くのかな…と思い
ました。

今ですら、20歳代、30歳代が「現代型うつ病」になっている状況で、
今の10歳代が社会に出る10年後は、どうなっているのでしょうか…

本当に、考えさせられます。

投稿: kiki | 2011年11月23日 (水) 22時23分

なあさん、コメントありがとうございました。
 触発されて、全文引用させてもらいました。
 ありがとうございました。

投稿: 野中信行 | 2011年11月24日 (木) 12時56分

kikiさん、いつもコメントありがとうございます。
 ここ20年から30年の間に、日本自体が大きく様変わりしていますね。
 変化することは仕方ないのですが、変わらず大切にしなければいけないものまでまとめて捨て去っていったと、私は思っています。
 それが今のような状況を生み出しているのだと。

投稿: 野中信行 | 2011年11月24日 (木) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53308371

この記事へのトラックバック一覧です: 「現代型うつ」って知っていましたか?:

« 業務連絡です~教師力向上セミナーの申し込みです~ | トップページ | 授業において、一番大切なのは、発問ではなく説明である »