« いいものはいいのである! | トップページ | 明日、愛知の尾張一宮に行く! »

教師は、そこに「いること」も大事な仕事なのだ!

     現に学級が崩壊している先生がいる。
    そこまでもいかないけれども、学級が荒れている先生がいる。
    確実に広がっている。
    11月だ。
    あと4月と半分。
    これだけの月日を凌がなければならない。
    どんな教師も、教師生活で何度かクラスが大変な状況になる経験をする。
    やはり、子供たちや保護者に恵まれない場合はあるのだ。
    ある先生からメールをもらった。
    「崩壊クラス立て直し記」をほしいというメール。
    そこに次のように書かれてあった。

  △ △ △ 引用はじめ
 昨年度、別の小学校に常勤講師として赴任し、5年生を担任しました。38歳にて、生まれて初めての担任でした。(常勤講師経験は、3年目となっていました)
 見事に崩壊しました…運動会後から崩れ始め、あちこちに迷惑をかけました。そして、子どもたちにはとてもかわいそうなことをたくさんしてしまいました。ちょうどその時、野中先生のブログと出会いました。「学級崩壊」という言葉で検索ばかりしていたころです。
 その当時も『崩壊立て直し記』をいただきたかったのですが、その当時いただくことができるのかどうか、わからず、ブログを読むだけでした。それでも、たくさんのヒントをいただくことができました。本当にありがとうございました。

 その後、11月後半より教頭先生に、一緒に授業に入っていただいたり、1月より学年の先生方にも入っていただいたりという日々を経て、なんとか明るく3月25日を迎えることができました。

 今は、小学校の免許取得の為(臨時免許で仕事をしていました)通信制大学に通い、非常勤講師をしております。

 あんなにダメな担任だったのに、この7月に担任だった子達から全員ではないけれど、手紙ももらいました。「先生なんかなんで担任なの?」と泣いて訴えたことのある女の子が中心になって、手紙を集めてくれたみたいです。

 もし、この先、「いい先生」だの「授業がうまい」だの言われることがあるとしたら、この子たちのおかげだと思います。
もう二度と担当する子たちに、成長の苦しみを与えることがあったとしても、不当な苦しみを与えないよう、勉強していきます。

 初めてなのに、だらだらと申し訳ありませんでした。
 △ △ △  引用終わり
  ★
 初めて受け持ったクラスで崩壊したということ。
 でも、その崩壊したクラスの子供たちから手紙をもらったこと。
 何とか凌いだのだ。ほっとする事例である。 
  どのように凌いでいくか。
  上越の赤坂真二先生は、そのブログのなかで次のように書かれている。

 △ △ △   引用はじめ
“崩壊”していた学級のリーダー格の男子が言った。

 「先生は、いい(先生だ)。いてくれるから・・・。」

 彼はそのことを卒業文集にも書いてくれた。

 そのとき、私は彼から教師の仕事の大事な部分を学んだ。

 「いること」

 教師は、そこに「いること」も大事な仕事なのだ。親以外が子どもの「安全基地」になるには、「安定して一定した存在であること」という条件がある。「いること」は、子どもに安心感を与える。そして、それが意欲を引き出す。

 もちろん、「いること」は「在り方」の問題も内包する。「いること」は、同時にどう「在るか」という課題なのである。

 とかく、「何をする」「何を言う」という、Doingに関心を寄せがちであるが、子どもたちは、Beingに注目を寄せている。

 教師として自信がないときに、「自分が役に立っていない」という思いに苛まれる人もいることだろう。しかし、そんなことはない、あなたがそこにいることがもう貢献なのである。自分は大事な存在であると自覚できる教師が、本気で子どもに言ってあげられる。

 「あなたは、まず、そこにいるだけですばらしい」と。
 △ △ △  引用終わり

 11月なのだ。
 崩壊していたり、荒れているクラスで何ができるか。
 それは赤坂先生がヒントを与えてくれている。
 教室に「いること」。
 これだけでも大変なことであるが、じっと「いること」だ。
 そして、私ならば次のように付け加える。

 ①スピードのない行為が蔓延しているはずだ。全てがだらだらしているはずだ。
  できるだけスピードをつけること。できることでいい。
 ②無駄な行為をやめていくこと。
  授業の最初に、日直に何度も何度も開始の合図をさせたり、終わりの会をだらだら  と長くしたりすること。さっと始めたり、さっと終わったりする。
 ③でも、どうしても許せないことには毅然として譲らないこと。
  2つか3つ。 

|
|

« いいものはいいのである! | トップページ | 明日、愛知の尾張一宮に行く! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

松下です。
 昨日の朝日新聞に「辞める新人教員増加」という記事が6段抜きで出ていました。それで久しぶりに「風に吹かれて」を訪ねてみました。やはり現実の問題としてすごいことになっていますね。改定前の教育基本法をよく読むと「個の尊重」「個」の言葉がたくさん出てきます。戦後60年たって見事に「個」が前面に出るような子供が登場してきました。
 教育現場も欧米型の少人数学級に移行すべきです。つまり教師の人数を1.5倍ほど増やすのが喫緊の課題でしょう。
 もう一つは、「もしドラ」の教師版はどうでしょう。学級経営論として。いいヒントがあるような気がしますが。

投稿: 松下憲三 | 2011年11月 9日 (水) 21時18分

松下先生、コメントありがとうございます。
 私も朝日の記事を読み、深刻な状況になっていることを確認しました。
 私の今の仕事は、ここに焦点を絞った取り組みです。
 何とか初任の先生が、この危機を乗り切って行ってくれることを願っています。

投稿: 野中信行 | 2011年11月 9日 (水) 21時34分

初めまして。神奈川県平塚市立松延小学校の研究主任をしております、成瀬直美と申します。突然のメールでびっくりされたと思いますが、本校の教員の何名かが野中先生の講演を聴いて、ぜひまた聞きたい、みんなにも聞いてほしいという話が出ました。そこで、松原小の清水先生に紹介していただき、このブログにメールさせていただきました。ぜひ、お忙しいとは思いますが、野中先生を講師にお招きしてお話を聞かせていただきたいのです。具体的には、12月か1月頃、15時から16時半の1時間半くらいの予定で、「学級経営」についての話をお願いしたいと思っています。今年度の本校の研究テーマは「子どもの学びを創るー子どもを見とるための手立てを探るー」というもので、今年度は研究の1年目で、立ち上げているところなので、テーマは今後、はっきりと決まってくると思います。以上、よろしくお願いいたします。お返事お待ちしています。

投稿: 成瀬直美 | 2011年11月11日 (金) 12時20分

成瀬先生、ありがとうございます。1月ならば大丈夫です。
 承知いたしました。
 ぜひ伺いたいと思います。
 私の方へ詳しいメールをいただければありがたいです。

 kazenifukarete◎hkg.odn.ne.jp (◎に@を入れてください)

投稿: 野中信行 | 2011年11月11日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53200101

この記事へのトラックバック一覧です: 教師は、そこに「いること」も大事な仕事なのだ!:

« いいものはいいのである! | トップページ | 明日、愛知の尾張一宮に行く! »