« 瀧本哲史さんの講座がある!~京都明日の教室~ | トップページ | 現実界再建の三大原理とは? »

また、一人の生徒をむざむざと死に追いやった!

 またまた「いじめ」で自殺である。
 また、一人の子供をむざむざと死に追いやった。
 新聞は、次のように報道している。

 △ △ △
転落死の中2男子 大津市教委、いじめを確認
2011.11.2 21:35 (1/2ページ)
 大津市のマンションで10月、住人の市立中学2年の男子生徒(13)が転落死した問題で、大津市教委は2日、全校生徒への調査で、男子生徒に対するいじめが確認されたと発表した。男子生徒は死亡の約1カ月前から同級生数人に殴られ、死んだハチを食べさせられそうになったり、ズボンをずらされたりするなどしていたという。学校側は父親から相談を受けていたが調査せず、死亡前にいじめを把握していなかった。

 男子生徒は10月11日朝、大津市尾花川のマンションから転落し、死亡しているのが見つかった。滋賀県警大津署は自殺の可能性が高いとみて調べているが、遺書は見つかっていない。

 市教委は10月17~19日、いじめなどがないか同校の全校生徒859人を対象に文書でアンケート。約8割の生徒が回答し、男子生徒へのいじめの記述があったため、聞き取り調査した。

 市教委によると、いじめはいずれも数人の生徒から受け、首を絞められたり、整髪料のスプレーをかけられたりもしていた。けがはなく、加害側の生徒数人は聞き取りに「ふざけただけ」と話しているという。
 △ △ △

 「いじめ」は減っているという認識がある。
 以前もそのような数字が公表され、教育界全体が減っているのだという認識をしていた。
 ところが、実態は学校側から出された数字がいい加減なもので、ほとんど調査されることなく済まされていたものであった。
 
 「いじめ」は減らない。
 陰湿になっていくだけである。
 
 現に文科省の「問題行動調査」(2010年度)によると、いじめの認知件数が全校種で前年度より2500件多い7万5千300件に増加している。

 減っているように見えるだけだ。

 ★
 なぜか。
 これは学校側の姿勢が問われる。
 現場に37年間いたのでしみじみ感じるのだが、ほとんどの学校は、今でも「いじめ防止・発見システム」を確立していない。
 生徒・親の訴えや教師の気づきなどにほとんどが依存している。
 現にいじめは起こっているのに、ほとんどが気づかないで済ませている。
 そして、今回のような事が起こる。
 今まで繰り返された「いじめ自殺」の教訓をまったく生かしていない。
 全校調査をして、やっといじめだと分かるというだらしなさは、(うすうすは知っていたのかもしれないが)もはや教育機関としての機能をなしていない。
 私はもう一度学校や教師に訴えたいのだが、「いじめ防止・発見」のシステムを学校に確立し、機能させていくことをはじめようということだ。
 こういうことに鈍感になって、むざむざ生徒を死に追いやることをやめなくてはならない。
 

|
|

« 瀧本哲史さんの講座がある!~京都明日の教室~ | トップページ | 現実界再建の三大原理とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これは、解決方法があります。
http://www.meijitosho.co.jp/detail/?isbn=4-18-401725-8

教え方のプロ・向山洋一全集17
いじめを克服する教師の闘い方 

に載っています。
中でも、向山試案「教育相談委員会指導計画」は必見です。

これに準じた制度を実施すれば、ほとんどのいじめ問題は解決できると思います。
私もこの本には大いに助けられました。

遅くとも来年度には、このシステムを勤務校に取り入れるように今から働きかけていきたいと思います。

投稿: 小牧でお世話になったTOSS教師より | 2011年11月 7日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/53166603

この記事へのトラックバック一覧です: また、一人の生徒をむざむざと死に追いやった!:

« 瀧本哲史さんの講座がある!~京都明日の教室~ | トップページ | 現実界再建の三大原理とは? »