« 研究授業を変えていこう! | トップページ | この夏を経て考えたこと »

授業の中に「交流活動」を設けよう

   新潟の研修会で、一番目に着いたことがある。
 2日に、赤坂先生と堀先生の授業を見た。
 3日に、北海道の先生方3人(この3人ともよく知っている先生方)と新潟の先生方3人の授業を見た。
 とても印象的な授業ばかりであった。
 この8人の先生方の授業で、8人とも共通していたことがある。
 それは、授業の中に「交流活動」を設けていたこと。
 4人グループが多かった。
 堀先生の授業のとき、5人グループがあった。
 堀先生が私にささやく。
 「やはり、5人になるとああやって一人傍観者が生まれてくるのですよ」
 ★ 
 子供たちの中からコミュニケーションしていく力がなくなっていっている。
 それは、端的に子供たち同士のコミュニケーションがなくなっているから。
 好きな子供同士でしか会話がなされていない。
 その現状を嘆いても始まらない。
 私たち教師ができることは、こうして授業のなかに「交流活動」を設けていくことしかない。
 でも、思いつき程度ではだめだ。
 「続けること」が新潟では話題になった。
 毎日の授業のなかに組み込んでいくことを考えなければいけない。
 私も提案している「味噌汁・ご飯」授業のなかに、「交流活動」を組み込んでいけないものかと考える。
 ★
 先日のK小学校の「プラス思考で考えよう」という授業では、急きょ授業内容を変えて「交流活動」を設けることにした。
 3人グループ、4人グループにした。
 「黒板に書かれていることで、『この意見はいいね』『この意見は良くない』などと話し合って、黒板に書かれていることで一番賛成の意見を選んでほしい」と言って、話し合いのルールを提起。
 先日、赤坂先生が提起していたルールである。

  ①全員が話そう。いつも誰かが話している。
    ②思いついたことはどんどん話そう。
    ③「いいね、いいね」と認めよう。
    ④全員が自分の意見を言えるように助け合おう。
      
 実際には、2分ぐらいしか続かなかった。
 でも、こうしたところから始めることが大切だ。
 そんなことを放課後の講座のなかで、先生たちに話した。

|
|

« 研究授業を変えていこう! | トップページ | この夏を経て考えたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

賛成です。味噌汁・ご飯の提案に「必ず交流を最低5分間入れましょう」という一項目が入るだけで、簡潔でありながら必ずごちそう授業ともつながっているという、大転換になると考えているのですが。

投稿: 堀裕嗣 | 2011年9月11日 (日) 18時57分

堀先生、コメントありがとうございます。
 今回の新潟の授業で、とても刺激を受けました。
 「味噌汁・ご飯」授業では、全員参加、活動のある授業を中心にして組み立てていくことにしていたのですが、「活動のある授業」を「交流活動」と考えていけばいいことのヒントをもらいました。
ありがとうございました。

投稿: 野中信行 | 2011年9月12日 (月) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/52701967

この記事へのトラックバック一覧です: 授業の中に「交流活動」を設けよう:

« 研究授業を変えていこう! | トップページ | この夏を経て考えたこと »