« 2つのブログに注目する! | トップページ | ベテラン教員 すり減る意欲 »

富士山大噴火~不気味な5つの兆候~

 東北大震災が起こったとき、まず一番目に思ったのは、海洋地震学者木村政昭さんは、今回の大地震を予知していたのかどうかにあった。
 木村さんのことを知らない人は多い。
 今中心の地震学会からは外れている。(外されている?)
 でも、木村さんの実績は、1986年伊豆大島三原山噴火、91年雲仙普賢岳噴火、95年兵庫県南部地震、2004年新潟中越地震をすべて予測しているのである。
 木村さんの研究手法が、主流と言われている地震学者の手法と異なる。
 だから、外れている。
 ところが、今回の大地震に対して、主流の地震学者たちはまったく予測ができなかった。完敗のはずである。
 そこで、木村さんは今回の大地震をどのように考えていたのか?
 ★
 2007年6月の太平洋学術会議において講演をしている。
 そこで、東日本沖に「2005±5(M8±)」の大地震が起きると予測している。
 そして、今回の本に、次のことを書いている。

  △ △ △
 「私自身は、予測は的中したが、予知が完全だったとは思っていない。太平洋学
 術会議の地図では、期限を2010年までとしている。また、M9.0というのは
 私の想定をはるかに超えていた。しかし、三陸沖で大地震が起こる可能性があ
 ることは、周辺の火山活動と『地震の目』が教えてくれていただけは真実だった」
 △ △ △ 

 ★
 今回の本とは、「富士山大噴火~不気味な5つの兆候~」(宝島社)である。
 おい、おい、富士山大噴火なのだ。
 これにはちょっと驚くではないか。
 マスコミはじめ、まだ誰でも、どこでも、1回も話題にされていない。
 1707年の宝永噴火以来、304年が経つ。
 私たちは、生きている間に富士山が大噴火をするなんて考えていなかったはずだ。
 木村さんは、次のように予測する。

  △ △ △
  このような状況で、東日本大地震直後から富士山付近で劇的に増えている地震
 活動が富士山下のマグマを刺激している。1707年の宝永噴火以来、300年にわた
 ってたまっているエネルギーは、解放されることになるだろう。
 私は、その年を「2011年±4年」と推定した。
 △ △ △

 ということは、2015年までに噴火が起こるということになる。
 すぐには信じられない事態だ。
 
 △ △ △
    噴火の直前になれば、前兆は必ず現れる。どんな規模の噴火になるかはわから
 ないが、未曾有の大災害が起きると考えて対策を打つべきだろう。山麓全域が火
 山灰や噴石で埋まることを想定すべきだ。
    首都圏に与える影響は、東日本大震災をはるかに凌駕すると覚悟したほうがい
 い。我々は、「想定外だった」という言い訳が何の役にも立たないことをすでに
 知っているのだから。
 △ △ △
 どう考えますか?   

|
|

« 2つのブログに注目する! | トップページ | ベテラン教員 すり減る意欲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、お久しぶりです。本記事を読ませていただき、「失敗学」で有名な畑村洋太郎先生が、『未曾有と想定外』(講談社現代新書)という本を出されていたことを思い出しました。畑村先生は、東日本大震災、そして福島第一原発事故を経て組織された「原発事故調査・検証委員会」の委員長をなさっています。
畑村先生の主張で興味深いのは、「考えの壁」という人間の思考パターンです。何かを計画する際、人間はとかく成功イメージを優先し、大切にする一方で、失敗イメージはなるべく考えないようにする傾向があると言います。また、何か問題が起こった際にも、目の前の問題には力いっぱい対応するものの、「これ以上まずくなった場合」については考えない(考えたくない)そうです。
このことが、今回の震災の一連の被害を、少なくない範囲で広げてしまっています。
「富士山噴火」についても、恐らく多くの識者、政治家、一般市民は考えないでしょうし、考えたくないと思う人がほとんどだと思います。だから、「起こった場合」の対応策はほぼ皆無だと思います。いざ起こってみて初めて、「想定外」という言葉で、対応してこなかった、考えてこなかった自らの行為を正当化します。

畑村先生は、こうもおっしゃっています。
「そして今後同じような事故を起こさないためには、今回の原発事故に学び、新たな事が起こる前に問題提起をして、危険因子を取り除かなければなりません。ところがいま行われている批判は、ほとんど事実の後追いのようなことばかりで、これでは前向きな議論には結びつきません。」(p.121)
危機は現在進行形なのに、危機対応は二番煎じ、三番煎じの現状だと思います。

投稿: 佐藤玄輝 | 2011年9月25日 (日) 17時59分

玄輝さん、お久しぶりです。いつもお母さんにはおいしいものを送っていただき、恐縮しています。よろしくお伝えください。
 今回のこと、勉強になりました。早速畑村さんの本は買って読みます。ありがとうございました。
 また、連絡します。

投稿: 野中信行 | 2011年9月25日 (日) 19時48分

日本に火山や、地震、津波まであって、怖く感じますが、まだ日本のことが大好きです。人情の濃さにびっくりです。日本は無事災難が超えられるようにいつも心より祈っています。外国人の私にとっては、いつも日本のことを応援しています。どうか毎日無事にすごせますように!

投稿: Freddie | 2015年6月11日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/52827693

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山大噴火~不気味な5つの兆候~:

« 2つのブログに注目する! | トップページ | ベテラン教員 すり減る意欲 »