« 彼岸花が咲き乱れている | トップページ | 教育委員5人辞任意向~大阪府維新の会 条例可決なら~ »

支えたのは元気な体じゃないですか!

   かつてある心理学者から次のような話を聞いたことがある。

 △ △ △
 
「最新の心理学の到達点には、かつて日本で言われていた『健全な肉体に健全な精神が宿る』という言葉は、あり得ないのです。ただただ『健全な精神が必要だ』ということだけが到達点なのです」

 △ △ △

 私は、そのとき「ほう、そんなものか!」と感心したことがある。
 健全な「心」、健全な「精神」が大切なんだと。
 思いつくことがいっぱいあった。
 オリンピック出場や甲子園野球で肉体を鍛え抜いた人間でも、いざ普通の生活をするときにはその鍛えた肉体はほとんど何の支えにもならないことを自分の目で見てきたからである。
 かつて私の周辺にもそんな人たちがいた。
 ★
 だが、「精神」や「心」を鍛えるためにはどうするのだろうか。
 大相撲で大関になる琴奨菊が、躓いていたのはこのことだった。
 大一番に弱かったから。
 期待される重圧に耐えられなかったから。
 琴奨菊は、イメージトレーニングでこの壁を越えていったようだ。
 ★
 イチローが184安打で今シーズンを終えた。
 200安打が潰えた。
 今年のイチローは、どうしたのだろうか。
 17年連続の打率3割も潰えた。
 イチローは「今年はいろいろ出来る年だったのでね。昨年10連続やって、一応区切りのところまできたので」と答えている。
 自分の中でさらなる進化を求めて挑んだ年だったらしい。
 注目する言葉を今日の朝日新聞に載せている。(2011.9.30朝刊)
  「苦しい時期を支えたのは」という問いかけに次のように答えている。
 △ △ △
 支えたのは、元気な体じゃないですか。心はポキッと折れたことがありますけど、
 体がとにかく元気だったから、それに支えられた。普通は、体がしんどくなってくるから、それを心が支えるという順番が多いが、全く反対だった。折れた心を体で支えていたという特殊な現象があった。
 △ △ △

 「普通は、体がしんどくなってくるから、それを心が支えるという順番が多いが、全く反対だった。折れた心を体で支えていたという特殊な現象があった」
と言っている。
 これは意味深な言葉だ。
 心理学の到達点はともかくも、私もまたやはり元気な「体」が「心」を支えるという
ことはあるのだと、最近しみじみと思うのである。
  
 
 

|
|

« 彼岸花が咲き乱れている | トップページ | 教育委員5人辞任意向~大阪府維新の会 条例可決なら~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。静岡の村上です。

>「普通は、体がしんどくなってくるから、それを心が支えるという順番が多いが、全く反対だった。折れた心を体で支えていたという特殊な現象があった」

この言葉、今の私にはとてもよくわかります。

私はもともと体が丈夫でなく、体力もありません。
体力のなさは気力でカバーしてきたと思っています。
しかし、今の職場に赴任してから、気持ちはあっても体がついていかないということがとても多くなりました。体を支えるためには心が丈夫でなければ、心を支えるためには体が丈夫でなければならないのかな、と思う今日この頃です。
心を支えるために体力つけたいと最近強く思っています。

投稿: akemi | 2011年10月 1日 (土) 20時48分

村上先生、ご無沙汰しております。
 私も最近体のことを痛感し、とにかく体を動かすようにしています。
 家にいることが多いということは、体を動かしませんからね。
 一日13000歩を目標に、歩いたり、走ったりを繰り返しております。
 

投稿: 野中信行 | 2011年10月 2日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/52870239

この記事へのトラックバック一覧です: 支えたのは元気な体じゃないですか!:

« 彼岸花が咲き乱れている | トップページ | 教育委員5人辞任意向~大阪府維新の会 条例可決なら~ »