« 中村健一先生、この本で、学級づくりの舞台に参戦! | トップページ | Nくんを授業に組み入れていく! »

「叱る」ということ

   新潟の十日町市立東小学校の「学級づくり講座」で、最後に「叱り方の実演」を行った。
 最近の講座では、よくやる実演だ。
 ★
「すぷりんぐぶろぐ」には、次のように書かれてあった。
 
 

  野中先生の「学級づくり講座」。
 そこでの圧巻は、叱り方の実演であった。

 体育館での授業、集合していることが約束の学級において、子どもたちが自由勝手に遊んでいる状況…そこで教師はどう声をかけるか。
 それは様々な方法があろう。
 そこにどの学級にも通用するような最適解などはない。
 ただ、教師の思い、願いはしっかりと伝えねばならない。
 
 それがエネルギーを伴う場合にのみ、子どもたちの糧になっていくと考えている。
 だから、いつ使うかは別問題として、大きく強い声は教師が身につけたい必須科目である。
 いや、どこでどんなふうに身につけるかも結構重要な問題だなあ…あれれ?どうする?

 だからこその学級づくり研修なのかもしれないし、それ以前の問題になっていくのかもしれない。

  ★
 「叱る」ことは教師にとってどうしても必要なことだ。
 これができない教師は、教師を続けることができない。
 でも、この「叱ること」には麻薬のような毒がある。
 それは知っておかなくてはならない。
 この「叱ること」を無防備に使い続けると、麻薬のように蝕まれていく。
 しょっちゅう叱るようになる。
 いけないと時々反省するが、また使い続ける。
 ひどい教師になると、ものすごい大声で叫び続けることになる。
 それはいいことだと勘違いしている。
 とんでもないことである。
 私は強調する。
 「叱り」は必要だが、「叱る」ことだけで子供は育たない。
 「叱り」は、夕立のようにさっと済ます。
 「叱る」時には、自分から「終わり」と宣言する。
 ★
 前回のブログで紹介した中村健一先生の本「安心感のある学級づくり」(黎明書房)には、章を設けて書かれている。
 
 

 「厳しく叱る」で教室を安心感のある場所に

 「叱る」ことをこのようにはっきり示された本は、初めてではないだろうか。
  
  子供が最も好む先生は、「厳しくておもしろい先生」だという。
 

|
|

« 中村健一先生、この本で、学級づくりの舞台に参戦! | トップページ | Nくんを授業に組み入れていく! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 拙著を取り上げていただき、ありがとうございます。
 心から感謝しています。

 「厳しく叱る」と「安心感」のつながりについては、若手に絶対に伝えたかったことです。
 若手は「安心感」というと、なんか厳しさのなに、柔らかいイメージを持ちやすいですからね。

 でも、絶対に違います。
 教室に「安心感」を生むためには、絶対に「厳しく叱る」ことが必要です。

 この本にも書いていますが、分かりやすい例は、「いじめ」です。
 自分が「いじめ」にあった時、「この先生は厳しく叱って『いじめ』を止めてくれる先生かどうか?」「厳しく叱って、自分を守ってくれる先生かどうか?」子どもたちは、見てますよ。

 厳しく叱って、教室に秩序を作ってくれる先生が子どもたちは好きです。
 逆に叱ることを躊躇して、教室に秩序を作れない教師は、アウトです。

 それと若手に伝えたいことは、「厳しく叱る」には、間違いなく「作戦」が必要だということです。
 私も8つの作戦を新刊に書いています。
 
 間違いなく売れ筋の本ではないですが、今の私が若手に伝えたいことを書ききった本です。
 ぜひ、読んでください。
 仮に私が今から「学級づくり」の本を出したとしても、この本を薄めた内容の本になるはずです。

 と偉そうなことを書きましたが、「あとがき」も読んでくださいね。
 この本に書いたことも、ここに書いていることも、野中さんから学んだことばかりです。

 野中さん、ありがとうございました。
 これからもご指導よろしくお願いいたします。

                中村 健一

 追伸・今日、運動会に向けた石拾いで、全校児童900人を怒鳴りつけました。一瞬で、しーんとなりましたよ。年取ったし、体調は悪いですが、私の叱る迫力も、まだまだ捨てたもんではなさそうです。

投稿: 中村ケニチ | 2011年9月 8日 (木) 19時39分

野中先生
  北海道の渥美清孝です。
いつも学ばせて戴いております。
有難うございます。

>「叱り」は、夕立のようにさっと済ます。
>「叱る」時には、自分から「終わり」と宣言する。

今回も勉強になりました。
「夕立のように」
美しい喩えです。
「終わり!」
私も使っております。
しかし,気持ちよく言えない時もあります。
頑張ります。有難うございました。

投稿: 渥美清孝 | 2011年9月 9日 (金) 15時58分

中村先生、渥美先生、コメントありがとうございます。
 「叱ること」は、なかなか若い先生たちにはむずかしいことです。しょっちゅう叱っている先生があり、またうまく叱れない先生もありで、むずかしいことです。
 その点で、中村先生の今回の本は実にタイムリーな本になっています。渥美先生もぜひ読んでくださいね。

投稿: 野中信行 | 2011年9月10日 (土) 16時35分

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 コメントありがとうございます。

 さすが野中さんのブログですね!
 反響が大きいです。
 私もいくつかメールをいただきました。

 特に、900人を叱り飛ばした件です。
 私は別に腹を立てて、叱り飛ばした訳ではありません。

 この歳になると、頭に来ることも少なくなりますからね。
 作戦を立てて、必要だと思った時に、雷を落としています。

 今回も、来週から始まる運動会の全校練習に向けての「作戦」ですね。

 叱るには、間違いなく「作戦」が必要です。
 若い先生には、「作戦」を持って叱って欲しいですね。

 うまく伝わりますでしょうか・・・。

               中村 健一

投稿: 中村ケニチ | 2011年9月10日 (土) 22時03分

中村先生、コメントありがとうございます。
 アマゾンの学級運営の売れ行きランキングで、今回の本が7位に上がっていましたね。
 売れていますね。良かったです。
 ぜひともみなさんに読んでほしい本です。

投稿: 野中信行 | 2011年9月11日 (日) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/52672385

この記事へのトラックバック一覧です: 「叱る」ということ:

« 中村健一先生、この本で、学級づくりの舞台に参戦! | トップページ | Nくんを授業に組み入れていく! »