« 池田先生の奮闘が輝いている | トップページ | 教室の「空気」と「時間」を統率すること »

やはり、日本の教育はおかしい!

   12日から郷里の佐賀へ帰ってきた。
 いつもは35℃以上の暑さに悩まされるが、今回は30℃ちょっとの暑さ。
 朝夕は涼しいのである。
 こんなことは初めてのこと。
 14日からは雨になる。
 雨のお盆も初めて。
 ★
 16日に横浜へ帰ってくる。
 暑い、暑い。
 いつもは郷里から帰ってくると、関東の涼しさにほっとするのだが、今回は反対になる。
 この暑さも今週いっぱいだというのだが、どうなることやら。
 ★
 女房の実家は、佐賀の南方にある嬉野市。
 嬉野温泉から車で20分ぐらいのところ。
 そこに2泊させてもらった。
 山から吹いてくる風は、何とも心地よく、一日中この風に包まれてうとうと。
 避暑地にきている感じになる。
 ★
 義弟は、今佐賀で校長をしている。
 いい話を聞いた。
 この夏、イタリアへ行った。
 娘の結婚相手の両親に会いに行くためである。
 その両親との話(もちろん娘の通訳を介して)の中で、日本の教師の忙しさが話題になったという。
 「なぜ日本の教師はそんなに忙しいのですか?」と疑問をぶつけられた。
 子供たちの勉強を教えるということがそんなに忙しいはずはないという疑問。
 答えに窮したという。
 イタリアの先生たちのほとんどの仕事が子供たちに勉強を教えること。
 子供が勉強について行けない場合、親を呼んで「このままだと落第になるおそれがある」と伝える。
 家庭では必死になって、なんとかしたいと願う。
 子供たちも落第にならないように必死に勉強をする。
 しかし、勉強について行けない子供は落第になり、もう一度同じ学年を履修する。
 反対に、
 「勉強ができない子供をどうして上の学年にあげなくてはいけないのか?子供がかわいそうではないのか?」と疑問をぶつけられたという。
 学級で問題を起こす子供の話題にも、イタリアの両親は、
 「その子供は家庭で何とかしないといけない。子供が学校できちんと勉強しないのは親の責任。親が何とかしないといけない」と答えたという。
 ★
 この話を聞いて、多くの方がうなずくに違いない。
 日本以外の諸外国は、ほとんどこのように親も教師も考えている。
 そして、そのように学校は機能している。
 まとめてみると、
 第1に、子供の勉強を教えることは学校の教師の責任で行う。教師の仕事は、ほとんど子供たちへの勉強に集中すればいい。
 第2に、子供たちが勉強しようという気持ちや態度は、親の責任。
 第3に、勉強をしない、できないのは親の責任。家庭で必死になって、フォローをする。しかし、できない場合落第をして、もう一度同学年を履修する。
 第1のようにするというのは、教師も親もほとんどの人が賛成するに違いない。
 だが、これがもっとも実現性がない事項になる。
 第2は、教師の多くがそのように思っている。
 だが、親たちはそのように思わないであろう。
 第3は、日本では絶対に実現できない事項である。
 でも、このことが実現できれば、学習遅進児の大半がいなくなるであろう。
 イタリアの教育に向かう姿勢は、まともである。
 絶対に日本の方がおかしい。
 私たちは、これから長い時間をかけてまともな教育を実現できる道筋を模索しなくてはならない。
 

 
 

|

« 池田先生の奮闘が輝いている | トップページ | 教室の「空気」と「時間」を統率すること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり、日本の教育はおかしい!:

« 池田先生の奮闘が輝いている | トップページ | 教室の「空気」と「時間」を統率すること »