« このまま秋になってくれないかなあ! | トップページ | 今日は誕生日だったのである! »

夏休み明け1週間が決定的な岐路

   学級経営についての話で、SS小学校へ行く。
 校長先生も、教務主任の先生も、昔の同僚である。
 昔話で、当時のことを思い出す。
 午前中の2時間びっしりと話をする。
 若手の先生たちが多く、一生懸命聞いてもらえる。
 この先生たちがこの学校を支えている。
 ★
 終わったらすぐに次のSA小学校へ行く。
 車で迎えに来てもらえる。
 昼食後、この学校の若手メンターチーム10人ぐらいの先生たちに、夏休み明けの「銀の時間」の過ごし方について話をする。
 クラスが不安定になっている初任の先生の話題を中心にする。
 
 

 私が作っている「学級経営力」チェックリストをつけてもらう。
 (できている〇  まあまあ△  できていない✕)
 
 ①子供たちは、担任の指示にすばやく反応しているか。(  )
 ②子供たちは、担任の指示にきちんと従っているか。(  )
 ③子供たちは、担任に反発したりしていないか。(   )
 ④子供たちは、勝手におしゃべりや立ち歩きをしていないか。(  )

 

 これは教室の「空気」の統率がどうなっているかどうかをチェックするものである。
 やんちゃたちにこの空気を支配されていれば、教室は「荒れていく」ことになる。
 不安定になっている初任の先生たちのクラスは、ほとんど✕になる。
 この「空気」を押さえていくことがむずかしいのである。
 一方的に先生の側にこの「空気」を持ってこようとしてもだめだ。
 びしびしと縦糸を張りすぎることになる。
 ベテランクラスの学級崩壊の原因の1つはこれである。

 反対に、初任の先生はこの「空気」をどうするかをまったく考えていない。
 この「空気」の統率が一番の課題であること。
 ひしひしと感じる。
 ★
 初任の先生のクラスの掲示物を参観させてもらう。
 この掲示物には、教室の「時間」を統率しようという試みがなされていなければならない。
 朝の会、終わりの会、給食システム、清掃システム、日直システム、全員当番システムなどが「見える」化として表示されていなければならない。
 参観して、「これではまったくだめだ」と思う。
 これでは教室の「時間」の統率などできない。
 「明日、私が来ますので一緒に作りましょう」ということになる。
 初任者にとって、夏休み明け1週間が決定的な岐路になる。 

|
|

« このまま秋になってくれないかなあ! | トップページ | 今日は誕生日だったのである! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生にお話しいただいた内容を、先週ネットマガジン(https://kyo-shoku.net/)にアップさせていただきました。
私が特に「なるほど!」と思ったのは、夏休みの宿題処理のお話です。これを効率的に進めないことには、銀の時間の成功はおぼつかない、というご指摘は重要だと思いました。
ありがとうございました。

投稿: 村岡明 | 2011年8月26日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/52565995

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み明け1週間が決定的な岐路:

« このまま秋になってくれないかなあ! | トップページ | 今日は誕生日だったのである! »