« 道具類には凝っている | トップページ | 困ったときにも<シメタ>を見つける発想法 »

ファシリテーション入門

   ファシリテーションについて勉強しようと思い、岡山洋一「ファシリテーション入門」(明日の教室DVD カヤ出版)を取り寄せて見た。
 これが素晴らしかった。
 京都明日の教室で行われた講座を集録されたものである。
 岡山さんのことについてはさまざまなところで講座を設けられているので、よく知るところであったが、今回初めてその講座を見たのである。
 実は、私が呼びかけて作った「味噌汁・ご飯」授業・学級づくり研究会(まだ非公開)でもこのファシリテーションを導入しようと模索している途中である。
 早速岡山さんにフェイスブックで連絡をした。厚かましいのが私の取り柄である。
 お薦めの本を紹介してもらえないかという連絡である。
 岡山さんからもすぐに連絡がきた。
 これから会議や研究会を変えていこうと考えている人にとっては、このファシリはお薦めである。その第一人者がお薦めされている本である。私だけではもったいないので、このブログに公開したい。
  
「 ファシリテーションの本では、堀公俊 『ファシリテーション入門』 日経文庫は、入門書としては一番よくわかりやすいです。
中野民夫『ファシリテーション革命 参加型の場づくりの技法』岩波アクティブ新書もお勧めです。ワークショップの作り方、進め方がわかります。
また、学校関係でしたら、岩瀬直樹・ちょんせいこ『よくわかる学級ファシリテーション 信頼ベースのクラスをつくる 1 』
解放出版社もお勧めです。
学校教育にも、ファシリテーションが入ってきましたね。
今後ともよろしくおねがいいたします。 」
 ★
 もう一度強調しておきたいが、ファシリに興味がある人は、絶対に岡山洋一「ファシリテ-ション入門」を見た方がいい。
 http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_1.htm
 
 本で読むよりも絶対に分かりやすい。
 私も、ここで「『味噌汁・ご飯』授業の提案」と「学級経営に関する縦糸・横糸論」のDVDを出している。これが私の原点である。

|
|

« 道具類には凝っている | トップページ | 困ったときにも<シメタ>を見つける発想法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Kaya 平井 | 2011年5月17日 (火) 10時57分

岡山です。
おほめいただきありがとうございます。
光栄です。
今度どこかで、ぜひご一緒できればと思います。

投稿: 岡山洋一 | 2011年5月17日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51693646

この記事へのトラックバック一覧です: ファシリテーション入門:

« 道具類には凝っている | トップページ | 困ったときにも<シメタ>を見つける発想法 »