« 「水」を求めている! | トップページ | 日常授業のレベルアップをしよう »

点を線へ

   三重県の教育委員会から5年次研修の講師として呼んでもらった。
 今週と来週の2回の講座になる。
 今週は100名の講座。来週は180名の講座。
 前日から講座がある津に泊まり込みである。
 そこで前太郎生小学校の中林先生たちとお会いした。
 私は、ワクワクしながら出かけた。
 あの太郎生小学校である。
 もはや閉校になっていて今はない。
 私にとっては伝説とでも言っていい学校なのである。
 その先生たちにお会いできるということ。
 こんな楽しみなことがあろうか。
 ★
 津のホテルがある側の料理店でみなさんとお会いした。
 中林校長の現任校からも一人の先生が見えていて、全員で5人の先生が集合された。 一人一人が私の本を買っていて下さって感激。
 お酒も進んだ。
 皆さんが勉強家で、どうしてこのような先生たちが中林先生の周りには集まるのか。
 それとも中林先生が育てていくのか。
 その夜は、中林節が冴えに冴え渡った。
 ★
 人と人との出会いのうれしさは、格別である。
 もし私が本を出していなくて、ブログを出していなかったならば、こんな出会いはなかった。
 中林先生にも会えなかったのである。
 私は、中林先生に「点を線にしましょう」と呼びかける。
 一人一人がぽつぽつと点でいることを線につなげていく試み。
 それは始まったばかりなのかもしれない。
   
 

|
|

« 「水」を求めている! | トップページ | 日常授業のレベルアップをしよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51651877

この記事へのトラックバック一覧です: 点を線へ:

« 「水」を求めている! | トップページ | 日常授業のレベルアップをしよう »