« 中日新聞に本の紹介がされる! | トップページ | 6/4明日の教室東京分校講座 »

言い古された言葉が 苦しみゆえに甦る

   5月3日の夜7:30からNHKの「歌でつなごう」という番組を見た。
 この種の番組を見るのは久しぶりである。
 千昌夫の「北国の春」やアンジェラ・アキの「手紙」、一青窈の「ハナミズキ」など今まで聞き慣れた曲が歌い継がれていった。
 しかし、何だろうか。
 これらの曲が、今までよりもずっと新鮮に感じた。
 「こんな歌詞だったのだ!」と改めて聴き入った。
 おそらく大震災を経験しなければ、こんな気持ちにはとてもならなかったのであろう。
 ★
 谷川俊太郎という詩人が、この大震災のあとに、次のような詩を書いている。
  (2011/5・2 5月の詩  朝日新聞)

    言葉

   何もかも失って
  言葉まで失ったが
  言葉は壊れなかった
  流されなかった
  ひとりひとりの心の底で
 
  言葉は発芽する
  瓦(が)礫(れき)の下の大地から
  昔ながらの訛(なま)り
  走り書きの文字
  途切れがちな意味
 
  言い古された言葉が
  苦しみゆえに甦(よみがえ)る
  哀(かな)しみゆえに深まる
  新たな意味へと
  沈黙に裏打ちされて 

 ★
 私が感じた気持ちを詩人はきちんと言葉にしてくれている。

 言い古された言葉が/苦しみゆえに甦る/哀しみゆえに深まる


 この詩人は「言葉」をこの大震災のなかから救おうとする。
 私たちは、何を救っていくのだろうか。

|
|

« 中日新聞に本の紹介がされる! | トップページ | 6/4明日の教室東京分校講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51569578

この記事へのトラックバック一覧です: 言い古された言葉が 苦しみゆえに甦る:

« 中日新聞に本の紹介がされる! | トップページ | 6/4明日の教室東京分校講座 »