« 点を線へ | トップページ | 道具類には凝っている »

日常授業のレベルアップをしよう

   愛知の「教師力アップセミナー」に招かれた。
 これで2回目になる。
 朝の4時過ぎに起きて、新横浜から新幹線で名古屋まで行き、そこから電車を何本も乗り継いで小牧の駅に着いた。
 かなり早く着いてしまったので、駅前のホテルでコーヒーを飲む。
 私の本をキャリーカーに積み込んでいるので、かなり重い。
 野口芳宏先生も、いつも自分の本やDVDをこのように運んでこられる。
 最近は、私もマネしている。
 だが、始まる前にほとんど全部売り切れてしまった。
 ★
 10時の開会。
 150部資料を印刷したという。
 ところが、足りない。
 だから、全部で200人ぐらいの先生方がみえたことになる。
 小牧中学校の会場は、溢れるほどにいっぱい。
 主宰者の大西先生に久しぶりに会う。相変わらず元気そのもの。
 小牧市の前教育長の副島先生も見える。緊張する。
 太郎生小学校の柘植先生、名古屋の長崎先生、野田先生など知り合いがいっぱい。
 ★
 テーマは、「日常授業のレベルアップをしよう」~「味噌汁・ご飯」授業の実践~。
 今まで「味噌汁・ご飯」授業・学級づくり研究会で研究していることを話す。まだ、途中経過のこともある。
 教育界には、今まで「日常授業」を意識的に対象化しようとする発想がなかったことを具体的に話す。
 後半は、「味噌汁・ご飯」授業として音読(5分)と音読発表会の練習を模擬授業形式で行ったが、何せ200人の先生たちであるので空回り。
 この講座は、せいぜい30人程度のものだった。
 ★
 小牧へ向かう電車の中で、次の言葉を見付ける。

 「自ら切り拓いた道を走る人だけ、見つけられる景色がある」

 「味噌汁・ご飯」授業の提案に、新しい景色を見付けられるのだろうか。
   
 

|
|

« 点を線へ | トップページ | 道具類には凝っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生
明日の教室DVD2種類も販売お願いします(^_-)

投稿: Kaya 平井 | 2011年5月15日 (日) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51673721

この記事へのトラックバック一覧です: 日常授業のレベルアップをしよう:

« 点を線へ | トップページ | 道具類には凝っている »