« 言い古された言葉が 苦しみゆえに甦る | トップページ | かつてあった倫理観の喪失 »

6/4明日の教室東京分校講座

 明日の教室東京分校で2月26日(土)に今年度初任者講座を設けた。
 多くの先生方の参加があった。
 あの講座を受けて、必ずしも順調に行かない場合が出てくる。
 うまく順調にいっているのかどうか、それもよく分からないという初任の先生もいる。
 それはきちんと確認しなければいけない。
 うまく行っていないとするなら、今のうちなら大丈夫なのだ。
 まだまだ何とかなる。
 それをこの講座でお伝えしたいと思っている。
 ★
 授業のことも心配であろう。
 私は、初任の先生でもがんばっていける「味噌汁・ご飯授業」を提案している。
 どこに気をつけてがんばればいいのか、それをこの講座で提案しようと思う。
 今までずいぶんこの提案はしてきているが、更に具体化した提案になるはずである。

 第7回 明日の教室東京分校   

第5回に引き続き、野中信行先生を講師に迎えて3回目講座を開講します。前回定員の都合で参加できなかった方、野中先生の最新理論を聞きたい方、参加お待ちしています。

日 時:平成23年6月4日(土) 13:30~17:00

講 師:野中信行先生(元横浜市立大池小学校教諭)

講座内容: 

1 学級経営講座

6月になると、学級の「荒れ」が目立ってくるクラスが出てきます。でも、まだまだ大丈夫です。どこに気を付けてもう一度仕切り直しをすればいいかお伝えします。

2 授業づくり講座

普段何となく済ませている「日常授業」を変えていくことによって子供たちの学力も、先生たちのやる気も、ぐんと上がるはずです。日常授業をレベルアップしましょう。
「味噌汁・ご飯」授業として提案します。

※参加者同士のつながりづくりのために所属(学校名)と氏名を掲載した名簿を配布したいと考えています。掲載を希望しない方は申し込みフォームで選択してください。

定員 60名

参加費 一般 1000円、学生500円

講師プロフィール

野中信行先生

学級経営に力を注ぎ、数多くのクラスを鍛えてきたベテラン教師、いや、スーパーベテラン教師です。定年最後の運動会でも小学校6年生に50m走で負けませんでした。著書には、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」「学級経営力を高める3・7・30の法則」「新卒教師時代を生き抜く心得術60・やんちゃを味方にする日々の戦略」「野中信行のブログ教師塾 〜「現場」を生き抜くということ〜」とがあります。新任教師のバイブル的な四冊です。最新刊は「野中信行が答える若手教師のよくある悩み24」(黎明書房)、「新卒時代を生き抜く学級づくり三原則」(明治図書)、「必ずクラスがまとまる教師の成功術!」(学陽書房)です。

|
|

« 言い古された言葉が 苦しみゆえに甦る | トップページ | かつてあった倫理観の喪失 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51628061

この記事へのトラックバック一覧です: 6/4明日の教室東京分校講座:

« 言い古された言葉が 苦しみゆえに甦る | トップページ | かつてあった倫理観の喪失 »