« 「味噌汁・ご飯」授業の授業づくり | トップページ | デジタル教科書なのだ! »

「包み込み法」ということ

   東京書籍の5年の4月音読単元「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、とても印象に残る物語である。
 2回ぐらい読んで指導計画を作るつもりが何度も読んでしまった。
 この物語は、おじいちゃんとぼくが登場する。
 二人はいつも散歩しながら、おじいちゃんの案内によって、まほうにかかったみたいにどんどん視野がひろがっていく。
 でも、新しい発見や楽しい出会いが増えれば増えるだけ、困ったことやこわいことも増えてくる。
 けれど、そのたびにおじいちゃんが「だいじょうぶ だいじょうぶ」と助けてくれたのである。
 おまじないのように。
 そして、ぼくはずいぶん大きくなり、歳をとったおじいちゃんに、子供の頃のお礼に
おじいちゃんの手を握り、「だいじょうぶ だいじょうぶ」と声をかけていく。
 そんな物語である。
 ほのぼのとした、素晴らしい作品。
 ★
 この物語を作ったいとうひろしさんは、最後の作者の言葉の中で、この作品ができたモチーフを語っている。
 初めて生まれてくる子供。親になる自信がない時に、ほしかったのは、「だいじょうぶ、なんとかなるさという自信でした。根拠のない自信でした」と書いている。
 おじいちゃん、おばあちゃんから育てられたといういとうは、二人といっしょにいると、とても安心できたと言う。

「例えば、泣いて帰ってきた時です。今の親なら、どうして泣いているのかを問いただすでしょう。誰かにいじめられたのかとか、どこかけがでもしたのかという具合です。だけど、おじいちゃんやおばあちゃんは違いました。泣いている孫をみつけると、おお、かわいそう、かわいそうと、だきよせてくれました。涙をそのまま、受け止めてくれました。
 そこには理屈はありませんでした。泣いているぼく、苦しんでいる私への共感しかありませんでした。でも、それだけで充分です。ぼくらは、自分を守ってくれる人がここにいると確信できました。この人といっしょならだいじょうぶだと思えました。まったく根拠がありませんでした。
 ぼくたちは、おじいちゃんやおばあちゃんのようにはできません。でも、子どもたちが、いつでも最後には、うん、だいじょうぶって思えるような、親になれたらうれしいねと思いました。」
  ★
 教師は、とてもおじいちゃん、おばあちゃんのようにはできない。

 でも、意識的ならこの共感はとりえるはずである。

  私たちは「横糸を張る」と言っている。
 子供たちとの心の通じ合いをする。
 そのためには、このおじいさん、おばあさんの共感である。
 ある音楽の時間に、同学年の男の子が暴れていると呼ばれて行ったことがある。
 私とは馴染みの男の子だった。
 ケンカになって暴れていたのであった。
 私はその時ただただ「○○君、大丈夫だ、大丈夫だよ」と手を握っていただけだったが、そのうちにすっ~~~と気持ちが落ち着いてきた。
 余計な事を言わないで、ただただそうしていただけだった。
 そのことを思い出した。
 「包み込み法」と言っている。
 余計な事を言わないで、ただただ共感をし、味方になってあげることである。
 
 
 

|
|

« 「味噌汁・ご飯」授業の授業づくり | トップページ | デジタル教科書なのだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51756644

この記事へのトラックバック一覧です: 「包み込み法」ということ:

« 「味噌汁・ご飯」授業の授業づくり | トップページ | デジタル教科書なのだ! »