« 4月になった! | トップページ | 自分の壺に「水」がほしい! »

「国誉め」から入る!

   ブログのコメントに、別の学校へ異動されるiwaiさんが書かれていることがある。
「国誉め」である。
 これは神事である。神を祭る行事のことである。
 この神事に「国誉め」というのがある。
 古代、ある国に任命された役人が最初にやった仕事である。
 たとえば、どこかの国に任命されて、その国に最初に行って何を行うかというと、そこの国がどんなに素晴らしいかを褒め称えることである。
 その行為が神事になる。
 ★
 異動の季節である。
 不安な気持ちで異動している。
 その学校でうまく自分が処していけるのかどうかが大きな問題である。
 こんな時、きまって異動してきた先生同士で学校の愚痴を言う。
 「へんな学校だよね。何をしているんだろう?」と。
 今までの学校で、今までの習慣に染みついている先生が、新しい学校の習慣に違和感を覚えるのは自然なことである。
 その違和感は、得てして愚痴や批判の対象につながる。
 しかし、ここで考えねばならない。
 その違和感は、その学校の「問題」ではなく、自分の今までの習慣の「問題」かもしれないのである。
 ★
 新しい場所へ行くとき、その新しい場所への「国誉め」から入る。
 新しい場所の良さをさまざまに見つける。
 できればその良さを言葉にした方がいい。
 それが「国誉め」である。
 陰で愚痴や批判をすることは慎まねばならない。
 ほんとうにその学校を改革しなければいけないところは、確実にマークしておけばいいのである。
 
 
 

|
|

« 4月になった! | トップページ | 自分の壺に「水」がほしい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も四月から教員になる一期生に同じようなことを伝えました。そして、その為には、
『辞令伝達式で市役所に行ったら、その市の歴史の記録と観光案内のパンフレットをもらって勉強せよ』
と指示を出しました。

『君たちが教えることになる児童は、君たちよりも当たり前だがその町のことを良く知っている。だから、君たちはその町のことを慌てて勉強しなければならない。そして、子どもたちよりも詳しくなり、その町のことを「良い町だ」と言えるようにならなければならない』

と。
私も滋賀に引っ越して来た時やりましたし、一年目は必死にあちこちを見て歩きました。

本当に大事なことだと思います。

投稿: 池田修 | 2011年4月 3日 (日) 20時11分

付け足しf(^^;。
ちなみに、前任校のことをあれこれ言う人、「前任校では〜」と言う人のことを、「出羽の守」というようですね。自戒したいものです。

投稿: 池田修 | 2011年4月 3日 (日) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51288130

この記事へのトラックバック一覧です: 「国誉め」から入る!:

« 4月になった! | トップページ | 自分の壺に「水」がほしい! »