« 100点ということにびっくり! | トップページ | 「発想の転換」をどう図るか »

I 先生からのメール

  初任のI先生からまたメールがきた。
 もう少しくわしい子供たちの内容を伝えられている。
 ただ、I先生は4年間の講師経験を持たれている。ただ、最初から学級づくりをするのは初めての経験だということ。
 初任の先生には、参考になるのでここに引用しておきたい。
 また、自分の教室の写真を宅配ファイルで送ってもらった。
 これを見せられないのが残念だが、よく考えられた教室である。
 いやいや、こんな初任者もいるのである。
 ★
先生のチェックを自分なりに振り返りました。

 ①朝会できちんと並んで校長先生などの話を静かに聞いているか。
 →始業式ではあぐらをかいていた子もいて、何でもかんでもしゃべってしまう子だ
  が、姿勢も少しずつよくなり(これは繰り返し指導が必要)、話は静かに聞いてい
  る。他の子は静かに聞いている。
  ②朝自習は自分たちで静かに行っているか。
 →落ち着きのない子もいますが、集団が静かにやっているので、そういう子も静か
  に頑張っています。集団が育てば、目立たなくなるというのが実感です。
 ③朝の会が1時間目の授業に食い込まないでスムーズに進んでいるか。
  →鐘が鳴ったら1時間目が始まる。児童集会などが押して、あまり時間がない時
  は、ショートプログラムにしています。普段は私自身が時間をきっちり守るので、  子どもたちもテキパキ動けている。朝の会は10分だけど、7分ぐらいで終わる。
 ④授業の最初は、すぐに始まっているか。
 → 次の時間の準備をしてから休み時間にしているし、子どもたちは2分前には全
   員そろっている。専科の時も、遅刻しないように守れている。普段は、子ども
   たちをせき立てて急がせることはしない。あれこれ言いたくなっても、グッと
   待っていると自分達で動ける。
 ⑤授業時間、休み時間をきちんと守っているか。
  →専科の時は延びることがあるが、自分の時はきちんと守っている。授業は45分
  勝負だと思って、しっかりと授業準備もしている。
 ⑥給食の時間は決められた時間でスムーズに進んでいるか。
  →タイマー当番が効きました。5年生ということもあり、スムーズです。
 ⑦移動する時の列の並びはすばやくできるか。
  →素早く並んで、移動は黙動できている。少しでもしゃべったら、教室まで戻ると
  言っている。
  ⑧靴箱の靴は整頓されてきちんといれられているか。
 →これも始めのうちに妥協せずにやっていたので。うちの学校は靴入れボックス
  だから、あまりくつが乱雑にならないというのもあるかもしれません。
  ⑨清掃の時間は、決められた時間でスムーズに終えているか。
 →縦割清掃ですが、みんな真面目にやっています。
  ⑩終わりの会は、短い時間でスムーズに終えているか
 →5分かからないです。先生が前に立ったら3秒で話を聞くを徹底しています。

 講師時代、人の学級を途中から持ったことはありますが、自分で一から学級をつく
るのは初めてです。講師4年間の間に、3・4年生の担任、理科専科、算数少人数、
書写、音楽専科などを担当する中で、いろいろな学級を見てきました。
先生の本をもとに、たくさんの先生の教室環境などを見て、
その中の、いいところ、悪いとおもうところを、自分の学級に生かしています。
自分なりに総動員で臨んでいます。

【先生の本で参考になった、主なこと】
自分の視点は、会社で働いていたこともあり、「子どもが社会に出てから困らないよ
うに礼儀作法を教えたい。」 という自分のぶれない軸があります。
また、授業を成立(自分がねらう)させるには、学級経営だというのが、
いろいろな学級を教えた自分の結論でした。だから、授業にもこだわりますが、
学級づくりが第一だと思いました。
黄金の3日間、私の場合は、先生のように怖い話のネタがないので、得意のギターで
歌を歌いました。自分のキャラは全開にして過ごしています。そこが同じ実践をして
も、違いが出てくるところだと思うからです。ただ、しっかりと線は引いています。
また、敬語はしっかりと使わせています。理由も説明し、納得してくれました。縦の
関係はぶれずに持ちつつも、休み時間はよく遊び、よく話し、横の関係の方を大切に
しています。
目標達成については、「成長年表」という名前でやっています。まだスタートしたば
かりです。あの、野中先生のスケジュールは、自分でもエクセルで作って、個人的に
作っている週案とは別に毎日やっています。あれは最高です(笑)
教師は黙っていると、次から次へと仕事がきて、いろいろと忘れてしまいます。
そして、後手後手になる。でも、あれのおかげで、見通しを持った過ごし方ができて
います。
「ちょこっっと学級会」という名で、向かい合ってよく学級のことについて話しあい
ます。もう5回はやりました。私はここではあまり前に出ずに、自分達で自分達のこ
とを決めさせています。これも普通の学級会より手軽でいいなぁと思っています。
配達の背番号制も、平等で良いです。配達係を作ると、働く人と働かない人がいまし
たから。背番号だと、1日の中で全員にまわるようにできるし、あっという間に配達
が終わり、配達物がたまることがありません。
あの、先生の北村白秋の音読も、いつも国語の最初の数分で取り組んでいます。子ど
もたちは喜んでやっていて、凛とした音読ができています。
教科当番についてですが、2週間やってみて、これはこれでいいのですが、
これは学習係の会社を作って自分達で工夫させてもいいかな、とは思っています。
あまり総合や英語当番は役目がないので・・・
他にもいろいろとありますが、とにかく先生に感謝しています。


|
|

« 100点ということにびっくり! | トップページ | 「発想の転換」をどう図るか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51501305

この記事へのトラックバック一覧です: I 先生からのメール:

« 100点ということにびっくり! | トップページ | 「発想の転換」をどう図るか »