«  「必ずクラスがまとまる教師の成功術」(学陽書房)が出ました! | トップページ | 値踏みに反撃する! »

学級崩壊は増えている!

   2月24日(木)の神奈川新聞に「県内公立小で『学級崩壊』急増」という記事が載る。

 県内の公立小学校で、いわゆる「学級崩壊」が近年、増加している。県教育委員会の調査では、2009年度に学級崩壊となったのは162学級。影響を受けた児童は約5000人に上り、5年間で倍増した。少子化で学級が小規模化し、担任教諭の目が行き届きやすいにもかかわらず急増している状況だ。県教委は今後、過去の分析結果を踏まえた担任向けのチェックリストを作成、配布するなどして、学級崩壊の未然防止を目指す。

 何度も私は増えていると言い続けてきた。
 神奈川県内で162学級だと書いてあるが、実際はそんなものではないはずである。
 県教委は、学級崩壊の定義として、①担任の指導に3割以上の児童が従わない ②他の児童も対象児童を注意せず迎合する ③担任が指導中、別の児童が問題行動を起こす
 などの項目を上げている。
 問題なのは、このような学級は氷山の一角だということ。
 より深刻なのは、崩壊にはカウントされないが、全体的にざわざわしていてうまく授業も学級活動も進んでいかないという学級が増えていることなのだ。
 こういう学級の裾野は広がっている。
 ★
 私は、「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」(学事出版)の中で、「学級が崩れていく予兆を知っておくこと」として次の内容を提起している。

 レベル1 ほころびの状態
        1 机を隣の子と話す
        2 チャイムがなっても、学習の用意ができない
        3 ノートに落書きが目立つ
        4 朝自習ができない
        5 学級文庫や靴箱が乱れている
        6 給食の残りが多い
 
 レベル2  すでに崩れかかっている状態
        1 1週間友だちから話しかけられない子がいる
        2 朝礼時に遅れる子供が、3人以上いる。また、朝礼時に私語があった
り、列が乱れていたりすることが多い。
        3 掃除をさぼるものが多く、教師のいない所では真面目に掃除をしない
        4 教師の指示に対して、反応が遅く、行動がとても緩慢になる。
        5 教室にゴミが落ちていて、いかにも雑然としているのに誰も片付けよう
    としない
          
 レベル3 荒れてしまっている状態
        1 特定の子に触れた後、○○菌と他の子にタッチを回すことが平気で行われる

        2 集合時刻にすごく遅れても平気である
        3 前に禁止したはずのルールが、いくつか破られる
        4 授業中、私語が絶えず、指示が通らない
        5 休み時間などに窓から物を次々と落とす
       
  レベル4 騒乱状態
        1 特定の子へのいやがらせや命令が隠れたところでなく、白昼堂々と行
われる
        2 チャイムがなっても、外で平気で遊んでいる
        3 誰が注意をしても、冷笑、口答えが返ってくる
        4 参観日でもぐちゃぐちゃで授業にならない
        5 教室の備品が、次々と壊され、なくなったりする

 ★
 レベル4の騒乱状態をきっと「学級崩壊」とカウントしていると思われる。
 ところが、レベル3はカウントされていない。
 まだ、何とか授業は続いているからである。
 私が裾野が広がっているというのは、レベル2やレベル3のクラスが増えていることなのだ。
 中堅やベテランと言われる教師たちが、いつも1年間こういう状態にして、青息吐息で3月を迎える。そして、また新しい学級で、同じことを繰り返している。
 ここを問題にできない教師たちの「明日」は厳しいのである。

|
|

«  「必ずクラスがまとまる教師の成功術」(学陽書房)が出ました! | トップページ | 値踏みに反撃する! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/51028204

この記事へのトラックバック一覧です: 学級崩壊は増えている!:

«  「必ずクラスがまとまる教師の成功術」(学陽書房)が出ました! | トップページ | 値踏みに反撃する! »