« 奇跡的な快挙である! | トップページ | 大阪寝屋川へ行きました! »

地上戦が展開されている!

 新しく出した「新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則」(明治図書)が評判である。うれしいことだ。
 早速、北海道の堀先生や大野先生が書評をブログに掲載してくれている。
 うれしいことだ。
 堀先生は、「地上戦が展開されている」と評している。
 的確な我が意を得た評である。 
 
 ★
  <堀裕嗣先生のブログより>
学級づくり3原則
新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則

野中信行/明治図書/2011年3月

「新卒教師時代を生き抜く心得術60-やんちゃを味方にする日々の戦略」(明治図書/2007年3月)に続く、野中先生の「新卒時代を生き抜くシリーズ」である。野中先生から送っていただいた。

これは文句なく良い本である。何が良いかというとひと言でいえば「地上戦」が展開されているのである。初任者指導教諭として3年目、野中先生が初任者二人の学級経営を見ながら、何が問題か、本人が気づいていないことは何か、そして何をどのように指導すれば借り物でない本人の実践になるか、こうしたことを真剣に考えた末に生まれた、若手教師への指南書となっている。

思えば野中先生の処女作が出たのは2004年の1月。私は「困難な現場を生き抜く教師の仕事術」という書名にひかれて購入。著者紹介にあったメールアドレスを見て、すぐに連絡をとったのだった。その年の秋には石川晋といっしょに野中先生に会いに行って、野中先生の盟友原先生と4人でしこたま日本酒を飲んでべろべろになった。あれから6年近くが過ぎようとしているが、まさに隔世の感がある。

野中先生はその後、退職され、いまは初任者指導教諭のお立場である。ご自身の現役時代の実践と初任者指導教諭として再発見した実践のポイントとを見事に融合しての力作。力作というより、野中先生の危機感のあらわれと言ったほうが当たっているかもしれない。

本書でいう3原則は「縦糸・横糸」「3・7・30の原則」「群れから集団へ」である。野中先生をよく知っている方から見れば、どれもこれまで野中先生があちらこちらに書いてきたことばかりに感じられるかもしれない。 しかし、今回はその具体性が違う。特に使用上の注意にあたる〈但し書き〉が非常に多い。更にはSTEP1からSTEP6までの段階がかなり練られている。私も何度かお世話になっている佐保さんの企画だというが、さすが佐保さんというべきか、野中さんの良さをうまく引き出している。野中さんの立ち位置を鮮明に描き出している。

今回の野中本でぼくに響いてきたのは、なんといっても二人の初任者への観察を基盤にして、その弱さを徹底的に分析したところから出発していることである。それが単なる野中実践の報告ではなく、おそらくは同じような失敗をするであろう新卒教師たちのかゆいところに手の届く内容になっている。これは「買い」である。

新卒5年目くらいまでのこのブログの読者さんへ。必読書です。これを読めば、まだまだ間に合います。

<大野睦仁先生のブログより>
「新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則」
野中信行先生から著者謹呈をいただいた。『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)。

すぐ読ませてもらった。一気に読ませてもらった。

もう1冊の「新卒時代を生き抜く心得術60』と、内容はもちろん装丁も対になっている。この2冊を読めば、きっと落ち着いた学級ができあがると前書きにお書きになっていたが、その通りだと思う。

必読。特に若い先生へ…と言いたいところだが、私たち中堅にとっても、あらためて認識することがたくさん。

1冊目も、かなり具体的な場面を通して、野中流の学級づくり、授業づくりを提案されていたが、今回のご著書は、その提案をさらにシャープにしたものだ。

学級づくり、授業づくりを前著同様、提案されているのだが、今回は、取り上げている場面が限定されている。限定されている分、深く掘り下げて、段階を追って、ていねいに提案されている。

限定はしているが、ていねいにご提案されている分、違う場面になっても、何を大切にすべきが、何を考えるべきかがわかるようになっている。

つまり、明日の教室から生かせる実践群とその先生の哲学的なところの思考を刺激する主張がバランスよく盛り込まれているのだ。

これは、野中先生とご一緒に仕事をされた明治図書の方の構成、レイアウトの影響も大きいと思う。

もう1つ、初任者指導者という、教壇に立つ人間、学級をつくっていく人間を離れたところから見て、考えてきたことがまとめられていることがきっと大きく影響されているのだろう。だからこそ、取り上げる場面を限定でき、その場面はどの先生も共通する課題が現れてくる場面になっていた。

それから、新卒教師の成長モデルを通しての提案になっていることも大きい。提案(主張)がさらに重みが増す。

新卒教師を何とかしたい!学級を荒らさずに教壇に立ってほしい!という、ずっと変わらず持ち続けている熱い思いがこの本からも伝わってきます。

もう一度言いますが、必読です。野中先生が今日のブログでも言及していましたが、平凡で、当たり前のことだけど、でもこれをしっかりやり遂げることが難しいのです。

でも、難しいからこそ、これらを日常的に積み重ねていくことで「落ち着いた学級」が作り上げられていきます。本当にそうだと思います。この本は、その当たり前のことを日常的に積み重ねていくための実践、アイデア、刺激、哲学が詰まっています。

Silent Poets「Moment Scale」(youtube)

教師の器量として、一番の土台に、素直さや責任感、向上心などのスタンスがある。それがあって初めて、技術や手立てなどが積み上げられていく。

「どの教師も学級づくりは行う。しかし、私は、「学級システム」として学級はつくらなければならないと提唱する。ただ、当番を決め、係を決めていけばい、ほとんど学級づくりは、終了するという考え方ではない。学級のルールをつくり、それが教室のリズムになって、定着する必要がある。

「善い・悪い」という価値基準が、「快・不快」の価値基準へ

気軽に話せる関係をつくることは、子供と教師の関係づくりには大切なことだが、この気軽さが子どもの信頼を生むのではない。ここを誤解しないように。

時には「冗談を言っておもしろく」時には「厳しく毅然とした怖い感じ」の先生を
子供たちは信頼していくのである。

趣旨を伝える→手順を教える→繰り返し練習して、身につけさせる。

日常当番と係活動が一緒になっていると、当然きちんと毎日活動する子供とと毎日活動しない子供が出てくる。

|
|

« 奇跡的な快挙である! | トップページ | 大阪寝屋川へ行きました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/50994452

この記事へのトラックバック一覧です: 地上戦が展開されている!:

« 奇跡的な快挙である! | トップページ | 大阪寝屋川へ行きました! »