« 勤務がない日は、「てっぱん」を見る! | トップページ | 普通の教師であること »

初任者講座のその後

   東京明日の教室は、74名の参加者でストップした。
 もうこれ以上は無理である。
 京都の明日の教室は、次のような措置をとられた。
 
 「参加者が定員に達しました。しかし、その後もキャンセルはないかなど、参加を求  める声が次々と届いております。

  着席で150人の会場であることを確認し、あと20人は大丈夫だと判断しました。
  80人を100人定員にして、追加募集を始めます。
  よろしくお願いいたします。」
 
 ところが、もうすでに96名の申し込みである。
 これだけの期待の講座である。
 私の荷がどっと重くなる。
  ★
 明治図書よりうれしい連絡がある。
「新卒教師時代を生き抜く心得術60」が11版になったという連絡。
 もう1万冊を超えていくのであろうか。
 ありがたい。ありがたい。
「新卒教師時代を生き抜く学級3原則」も少し早く発刊になる。
 私の元へ4冊だけ送られてくる。
 早速今日初任者へ手渡す。
 ピンクの表紙。
 ど派手である。
 心得術60の青い表紙も、明治では賛否半ばする状況だったらしい。
 今回はさらに派手である。
 私のたっての希望で、この色にしてもらった。
 多くの先生方に読んでほしい一冊である。  
 

|

« 勤務がない日は、「てっぱん」を見る! | トップページ | 普通の教師であること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初任者講座のその後:

« 勤務がない日は、「てっぱん」を見る! | トップページ | 普通の教師であること »