« 2月26日 東京「明日の教室」の案内 今年度初任者講座 | トップページ | 夫婦円満になる魔法の言葉を教えます! »

インフルエンザで奮戦する!

   現在勤務している学校の職員がインフルエンザで休んでいる。
 担当している初任者2人ともインフルエンザで休んでいるという。(一人は陰性だったが…)
 学校は、何人もの先生の休みで大わらわ。
 私も急遽初任者のクラスの授業をすることになる。
 火曜日の午前中は、4年生。水曜日、木曜日は1日中2年生。
 1日中ずっと授業をするという日々は久しぶり。
 3年間も離れていると、大変なことになる。
 あの頃はよくぞ分刻みの生活をしていたものである。
 だが、授業は、37年間の蓄積があるので、適当に、勘を働かせてできるものである。
 おかげで木曜日は、ぐったりと疲れて9時頃には眠くなる。
 ★
 初任者の4年生が重点研究の最後の授業研を行う。
 図工の授業。
 高熱を出して休んでいたので、この日に間に合うかどうか、やきもちしたのであろう。
 初任者が重点研究の最後の授業をするというのも珍しいものだが、結果はその最後にふさわしい見事な授業であった。
 布を思い思いに切って貼り合わせて、話を作り上げるという単元。
 子供たちにどのようなイメージを作り上げさせるかの勝負。
 最初の例示に特にこだわっている。
 先生が作り上げた例示が光っている。
 先生が布に惚れ込んでいるという様子が伝わってくる。
 見事な授業。
  子供たちが育っているという様子がよく分かってくる。
 なんか私までもわくわくしてうれしくなる。 
 ★
 2年生の体育の授業。
 遊んでしまおうと、まず地蔵おにゲーム。
 2つのチームに分かれて、一方のチームが体育館中に逃げる。
 もう一つのチームのオニ4人が捕まえにいく。
 時間は1分間。
 捕まえられたら、手と手を合わせて地蔵様になる。足も広げている。
 捕まえられていない子供がその地蔵様の足の間をくぐったら生き返るというゲーム。
 ずっと走り回っているので、運動量は多い。
 冬の間の最初の準備運動には最適である。
 初任のクラスの体育は、2クラスともこの地蔵おにをよくやっている。
 その地蔵おにの勝負は1対1。
 決勝戦はドッジボールでつけようということになった。
 ボールは2個。(もちろん、ほわほわの柔らかいボール)
 結果は、圧倒的に緑の帽子チームの勝ち。
 負けたチームは、約束の罰ゲーム。
 「尻文字で『負けた』と書く」
 これで一悶着がある。
 勝ったチームが『罰ゲーム』『罰ゲーム』とはやしたてたのである。
  それに怒った白ボールチームが、罰ゲームをやらないで、泣き出したのである。
 負けたというくやしさが一緒になって泣き出したのである。
 給食の時間は、最悪のムード。
 あちこちで泣いている。あちこちで謝っている。…
 このままではまずい。
 しかし、このムードはいい。全体がこのことに浸っているのであるから。
 5時間目の最初に、話し合いをする。
 「みんなの前で正直に言いたいことを言います。悪口も言っていいです。
  でも、かげでこそこそ悪口は言ってはだめです。ここでみんなの前で言うのですよ」
 と話し合いをする。
 意見を率直に出させていく。
 私は、正直で良いと認める。「よく言ったね」とどんどん認めていく。
 最後に、「自分がいけないなと思ったことを謝りましょう」と、教室の前に出させて謝らせる。
 双方のチームに謝らせる。ケンカ両成敗である。
 そして、最後に「この問題はこれで終わり。」と宣言する。
 久しぶりに勝負にこだわり、泣いていく子供たちを見たのである。
 その後、クラスはほんわかといいムードになる。

 こんなことを積み重ねてクラスは成長する。
 
 
 

|
|

« 2月26日 東京「明日の教室」の案内 今年度初任者講座 | トップページ | 夫婦円満になる魔法の言葉を教えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/50707636

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザで奮戦する!:

« 2月26日 東京「明日の教室」の案内 今年度初任者講座 | トップページ | 夫婦円満になる魔法の言葉を教えます! »