« 今年は、「学級づくり」について声高く主張したい | トップページ | 業務連絡です »

となりのせきの野中くん

   1月になって初めての2年生の教室。
 早速、「野中先生、これおもしろいんだよ」
と持ってくるものがある。
 見ると、「となりのせきの野中くん」という題名の作文。
 色画用紙を貼って、本みたいになっている。
 Kくんが書いているのである。
 ★
 2年生のクラスで、何冊か読み聞かせをした。
 まず、「このつぎなあに」(山中恒 あかね書房)。
 低学年には、絶対に読んであげる1冊。
 それから「クラマはかせのなぜ」(山中恒 偕成社)で大笑い。
 読み聞かせて、この2冊を学習文庫に入れておいた。
 子供たちは、「野中先生が持ってくる本はおもしろいね」と言ってくれた。
 ★
 「となりのせきのますだくん」(武田美穂 ポプラ社)を読んであげた。
 学校嫌いの女の子の心理を巧みに描いた本だ。
 この本を読んであげて、子供たちの作文の時間に、私も作文を書いた。
 題して「となりのせきの○○くん」。
 2つの作文を書く。うそ作文と書いておく。
 色画用紙にその作文を貼り付けて、本みたいにして学級文庫に入れておいた。
 その作文にK君のことも書いていたので、K君は私に対して作文で反撃したわけである。
 ★
 
 となりのせきの野中くん
             ○○○○作
 野中くんはすごく頭がわるいです。だから野中くんは先生になれません。
 野中くんは、いつもトイレに1万かい行っています。
 野中くんは、ほんとうはゴリラです。だから野中くんは、いつもどうぶつ園で
 バナナを食べています。
 でも野中ゴリラくんは、バナナのかわをなかまにむいてもらっています。

  
 
 

|

« 今年は、「学級づくり」について声高く主張したい | トップページ | 業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: となりのせきの野中くん:

« 今年は、「学級づくり」について声高く主張したい | トップページ | 業務連絡です »