« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »

小学校教師が親を訴える!

  18日の朝日、毎日に、「教諭が保護者提訴」の見出しが出る。
 毎日新聞は、次のような記事である。

  ★
 <慰謝料>教諭が保護者提訴 「苦情で不眠症に」 埼玉
毎日新聞1月18日(火)11時33分[.] 担任する女子児童の親からの度重なる苦情で不眠症に陥ったとして、埼玉県行田市立小学校の女性教諭が女児の両親に対し、慰謝料500万円を求めて、さいたま地裁熊谷支部に提訴していたことが分かった。両親は「いわれのない訴え」と反論している。

 訴状などによると、教諭は10年4月から女児の学級を担任し、6月に女児同士のもめごとがあったため仲裁をした。その際、女児の母親から「相手が悪いのに娘に謝らせようとした」と電話で抗議され、7月中旬までに連絡帳にも「先生が自分の感情で不公平なことをして子どもを傷つけています」などと8度書かれたという。親は文部科学省や市教委にも苦情を申し立て、女児の背中に触っただけで警察に暴行容疑で届けたこともあった。

 その結果、教諭は不眠症となり「教員生活の継続に重大な支障を生じさせられた」と主張している。

 教諭は9月に提訴し、小学校は10月、市教委に「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」との校長名の文書を提出した。

 女児の母親は「学校は何の対策も取ってくれず、モンスターペアレンツに仕立てられてしまった」と反論している。また「裁判はいわれのない訴えで、和解する気はない」と話している。
  ★
 一方的な教諭の訴えではない。
 学校は、校長名で市教委に「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」という文書を提出しているという。
 私は、よくぞやってくれたという思いで、この裁判を受け取った。
 この学校の校長もえらいものだ。
 ★
 私の知り合いも、このような親からの仕打ちをうけたことがある。
 教育委員会にも訴えられた。
 委員会は、教師の側の言い分を何も聞こうとせず、校長へ電話をして、「とにかく親の方へ謝れ」と指導をした。
 校長も、そうような方向で謝らせようとした。
 こんな事例は、いくつもある。
 今まで教師の方には、人権はまったくなかった。
 親の抗議には、早く謝って問題を大きくしないようにするという収拾の論理しかなかった。教師の側は、どんなに理屈がある行動をしていても、泣き寝入りする以外になかったのである。
 多くの教師たちが、これらの親たちにどれほど泣き寝入りさせられてきたか。
 
  ★
 今回の裁判は、多くの教師たちに勇気を与える。
 ぜひともがんばってほしいと思う。
 
 

|

« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校教師が親を訴える!:

» 小学校教諭が提訴 [JJの「楽しくなければ学校じゃない!」]
昨日のニュースで、小学校教諭が保護者を提訴したということを知りました。 最初は「 [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 23時09分

» 小学教諭が保護者を提訴 [快適生活をめざして]
小学教諭が保護者を提訴=「相次ぐ抗議で不眠症」 という記事が反響を呼んでいるようです。 よっぽどのことだったのでしょうね。 誰も、煩わしい裁判なんて望まないでしょうし、ましてや教職にある身とし...... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 08時35分

« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »