« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »

小学校教師が親を訴える!

  18日の朝日、毎日に、「教諭が保護者提訴」の見出しが出る。
 毎日新聞は、次のような記事である。

  ★
 <慰謝料>教諭が保護者提訴 「苦情で不眠症に」 埼玉
毎日新聞1月18日(火)11時33分[.] 担任する女子児童の親からの度重なる苦情で不眠症に陥ったとして、埼玉県行田市立小学校の女性教諭が女児の両親に対し、慰謝料500万円を求めて、さいたま地裁熊谷支部に提訴していたことが分かった。両親は「いわれのない訴え」と反論している。

 訴状などによると、教諭は10年4月から女児の学級を担任し、6月に女児同士のもめごとがあったため仲裁をした。その際、女児の母親から「相手が悪いのに娘に謝らせようとした」と電話で抗議され、7月中旬までに連絡帳にも「先生が自分の感情で不公平なことをして子どもを傷つけています」などと8度書かれたという。親は文部科学省や市教委にも苦情を申し立て、女児の背中に触っただけで警察に暴行容疑で届けたこともあった。

 その結果、教諭は不眠症となり「教員生活の継続に重大な支障を生じさせられた」と主張している。

 教諭は9月に提訴し、小学校は10月、市教委に「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」との校長名の文書を提出した。

 女児の母親は「学校は何の対策も取ってくれず、モンスターペアレンツに仕立てられてしまった」と反論している。また「裁判はいわれのない訴えで、和解する気はない」と話している。
  ★
 一方的な教諭の訴えではない。
 学校は、校長名で市教委に「モンスターペアレンツに学校や教師が負けないようにし、教諭が教員を代表して訴訟を行っていると受け止めている」という文書を提出しているという。
 私は、よくぞやってくれたという思いで、この裁判を受け取った。
 この学校の校長もえらいものだ。
 ★
 私の知り合いも、このような親からの仕打ちをうけたことがある。
 教育委員会にも訴えられた。
 委員会は、教師の側の言い分を何も聞こうとせず、校長へ電話をして、「とにかく親の方へ謝れ」と指導をした。
 校長も、そうような方向で謝らせようとした。
 こんな事例は、いくつもある。
 今まで教師の方には、人権はまったくなかった。
 親の抗議には、早く謝って問題を大きくしないようにするという収拾の論理しかなかった。教師の側は、どんなに理屈がある行動をしていても、泣き寝入りする以外になかったのである。
 多くの教師たちが、これらの親たちにどれほど泣き寝入りさせられてきたか。
 
  ★
 今回の裁判は、多くの教師たちに勇気を与える。
 ぜひともがんばってほしいと思う。
 
 

|
|

« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 野中さんと全く同じ思いです。
 「よくぞやってくれた」です。
 「校長もえらいもの」です。

 これが、現場で苦しむ教師を救う最初になるといいです。
 特に若手教師、特に1年目を救う最初になるといいです。(この先生が若手とは限りませんが)

 野中さんが言われるように、「教師としての生き甲斐」「教師としての原点」は他にあるはずです。
 教師という仕事は、本来、やりがいのある素晴らしい仕事のはずですからね。

 私も勇気を与えられました。ぜひとも、がんばって欲しいです。

               中村 健一

投稿: 中村ケニチ | 2011年1月18日 (火) 20時07分

この件については真実は何なのか、私には分かりません。ただ、訴えを起こした教諭の主張だけでなく校長も応援しているということで、この教諭が孤立せずに頑張れるのではないかと思いました。

ある保護者から、言いがかりとしか言いようのない事や曲解したことを事実のように周囲に触れまわられ、とても苦労している若手と同じ学年を組んだことがあります。一番苦しんでいたのは若手なのに、管理職は若手の「指導力・保護者対応の未熟さの問題」で片づけようとしました。そうしてしまった方が、管理職は教育委員会に「指導した」という形も取れるし、保護者からも自分は悪く思われずに済むからでしょう。

でも、どう考えても常識では考えられないような保護者の言動が続き、最終的には精神保健も含めた関係機関との協力を得て家庭の見守りをすることになりました。

この経験から、教育委員会にも管理職にも「公平に見てどうなのか。」という視点を持って動いてもらいたい…と切実に思っています。

投稿: kiki | 2011年1月18日 (火) 20時37分

たまたま、今日スキー教室(宿泊行事)の代休だったので、大型書店の教育書コーナーで本を探していました。確かお昼過ぎのことです。
若い女性が「先生が保護者を訴えたんだって!すごいねえ!」って言っているのを聞きました。
「?」「どういうこと?」
すぐに帰宅して、夕刊で確認しました。
ほんとだったんですね!

これは快挙ですね。
そうか!教師も人間なんですね。
傷つきもしますし、人権もある。
そんな当たり前のことを再確認しました。
ただ、「訴訟合戦」になるのは、不毛です。
訴訟にならない関係作りが大事なのではないでしょうか?そうはいっても馬鹿なおかしな親はいて、教師と馬鹿親の間で苦しんでいるのは子供なのですよね。

投稿: 合田淳郎 | 2011年1月18日 (火) 21時45分

僕は否定的です。
これでよくなるとは思いません。

訴えれば本当によくなるのでしょうか。

対話が必要です。

結局子供がむごいだけになるのではと思います。

気持ちはわかりますが・・・。

投稿: ながたく | 2011年1月19日 (水) 20時29分

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 珍しく連続してコメントします。
 私も保護者からの苦情に苦しむ仲間を見続けてきています。

 その反面、私は実に幸せな教員生活を送っていると思います。
 でも、それは、私に力があるからではありません。

 一番の理由は、私が男だからです。
 やはり、同性には、厳しいもの。私は男だからという理由で、多くを救われている気がします。逆に女の先生に女の保護者は容赦がないです。

 二番の理由は、私が高学年担当が多いからです。
 保護者からの連絡帳の数1つ見ても、圧倒的に低学年の方が多いです。あれだけの数の連絡帳の返信を低学年の先生は毎日こなされています。それだけで尊敬に値します。
 校種は分かりませんが、上に行くほど、連絡帳の数は少ない気がします。大学生の保護者は、それほど、まめに連絡しないでしょう。高校もそうだと思います。
 小学校の低学年、中学年の担任の先生方のご苦労に頭が下がる思いです。

 三番の理由は、地域性です。
 私は山口県の片田舎に勤めています。それでも、都会の状況を数年前までは、他人事のように聞いていました。
 でも、今は現実になってしまっています。保護者対応に追われる若手教師を見るのは辛いです。

 自分はトラブルの経験がないから、とか。自分は大丈夫だと思ってはいけないと思います。
 私も「明日は我が身」だと思い、がんばって実践を積み重ねています。

 いつもながら酔っぱらっていて、うまく言えませんが・・・とにかく仲間、すべての仲間。全国の先生方のお力になりたいです。

                中村 健一

投稿: 中村ケニチ | 2011年1月19日 (水) 21時04分

新聞に書かれていることが事実ならば、この先生(学校)の行動は正しいと思います。
ただ、保護者のことをモンスターペアレンツと言ってしまったことが残念です。指摘すべきは保護者の行動に対してであって、人格そのものを否定するようなモンスターペアレンツという言葉を使ってしまいそれがニュースになったということの影響は深刻です。
多くの保護者が「学校に何か要望を伝えるとモンスターペアレンツと言われる」と感じ、学校に対する不信感を高めたように思います。
学校に要望を伝えることは悪いことではありません。伝え方と話し合いの仕方に問題があったという事実のみで主張すべきであると思います。
言葉一つで社会に与える影響が違うと思うのです。

投稿: まちまち | 2011年1月19日 (水) 22時49分

野中先生のご意見に同感。
賛成です。
白黒はっきりつけてほしいです。
本日の報道ステーションでは新人教師の苦悩が取り上げられていましたね。
しかし、司会者やコメンテーターのコメントを聞いても、現場のことをさらさら理解していないと思えるような内容。
がっかりです。
現場で働いている教師の現状をきちんと伝えてもらいたいものです。
マスメディアの影響は大きいもの。
誤解を招くようなものであってはもらいたくないです。
現状を理解してももらえる日はやってくるのでしょうか。

投稿: ヤマモ | 2011年1月19日 (水) 23時24分

通りすがりにすいません。

この記事では全貌は計りかねると思います。
知り合いの親が、テスト前に同じような内容のテストを事前にさせ殆どの生徒に高い点数をつける教師に「おかしいのではないか」と言ったところ、モンスターペアレンツ扱いされましたが。

核家族の多い地域は親も共働きが多く、子供との接触も時間的に少ないでしょう。本来、親や地域から教わる社会性や客観性、道徳に触れずに育っている子供に余裕のない親。田舎だとその点まだいいのかもしれませんが新興地で地域性を重視してもイベントの域を出ないのが現状なのでは。

教師の方々は道徳の中で「人権」を子供達に教えようとしていますが、権利の前に思いやりや道徳が必要だと思います。自己愛しか無いさみしい子供や余裕の無い親、セミナーなどで偏向思考の教師だと教育現場に未来は無いでしょうね。イジメもなくなりません。権利を先に出すと主張の強い方が勝ちます。大人も常に成長過程の中です。これは死ぬまで。
親を訴えても何もかわらないでしょうね。また、事実そうであろうが、被害者になって訴えるという極めて左翼的なやり方なのでこの記事は眉唾という見方を個人的にはしています。一番の被害者はだれですか?子供ではありませんか?モンスターペアレンツだろうが、その子供の親を訴える、というのは基本的に生徒の存在を無視していますが。

不眠症の人間は世の中に沢山いますよ。
モンスターペアレンツなんて昔からいるといえばいるのです。放棄してる親も。
親もおかしい、教師もおかしいが今の世の中ですよ。教育は最悪レベルですしね。つめこみがいい、というのではなく、、思考能力を育て無い。抜き打ちテストやってどれだけ出来る子がいることやら。。。

この記事から子供への視線が全く無い大人や教師の底が知れる。(冷笑

投稿: 藤宮 | 2011年1月22日 (土) 11時54分

私もこの裁判、先生を応援したいですが
確かにこの新聞記事だけでは判断しかねる部分がたくさんありますね。

「背中に触っただけで暴行容疑」というのは
おそらく親御さんも見ておられないときのことでしょうし
子どもと担任との信頼関係もどうなのだろうと思ってしまいます。
多かれ少なかれ、この子どもの担任不信の背景には、
「あの先生はだめだ」という親御さんの担任不信があるでしょうが。
どちらにせよ、この子はとてもかわいそうです。

もし、判決が下ったとして
先生が負けたら?あるいは、親御さんが負けたら?
この子は何を信じればいいのでしょう。

ちなみに私の勤務した学校でも、保護者が来校され、
「子どもを傷つけた」として、謝罪もさせてもらえず
職員が学校に出勤できない
という事態になったことがあります。

20代女性の私も、「訴えます」というお電話を頂いたことがあります。
それはなんとかこちらが謝罪して収まりましたが。
冗談まじりに「いつでも訴えてやるぞ」と
教委の連絡先をちらつかせる方もおられます(苦笑)
それが一種のコミュニケーションのようになっていて
この先どうなっていくのかなぁ、と思ってしまいます。

「子どもを傷つけた」として、市教委まで行かれたおうちの子どもさんは
「何かあったら、パパに言う。そしたらパパが守ってくれる」
と言っているそうです。
その「守ってくれる」様子をその子が見たとき、
その子は一体何を思うのか…

投稿: さくらん | 2011年1月23日 (日) 12時35分

この先生は訴える前に生徒の事を考えたのでしょうか…いじめられているのにもかかわらずこの先生は生徒を守ることも出来なかった訳です。反対に訴えてる…。おかしな話しです。どんな教育をしてきたのでしょうか。これからいじめられた方はどうすればいいのでしょうか…学校、先生は守ってくれないのでしょうか…。昔とはだいぶかわりましたね。

投稿: さちこ | 2011年1月23日 (日) 17時37分

┐(´-`)┌通りすがりの者です。
埼玉県在住なので、このニュースが気になりネットで検索していたらこちらを見つけました。
もうすぐ6歳になる子供を育てている会社員です。
うちの子供が通う保育園でも「それはどうなの?」という親御さんがいます。
例えば、子供が体の具合を悪くして毎食後の飲み薬を病院から処方されたとします。
昼食後の薬は保育園にお願いしなくてはいけません。
うちでは「お手数おかけして申し訳ありませんが、昼食後に飲ませてください。」とお願いするのみです。
でも他のお母さんで「本当に飲ませているのか証拠が欲しい。」と言った方がいるそうです。
私なら「なら子供を預けないで自分で飲ませればいいじゃん・・・。」と思ってしまうのに、保育園はそんなことを言えないので飲ませた後の空の薬袋を連絡帳に貼って返却しています。
『モンスター』という言葉は悪いかもしれませんが、本質はそうなのかも・・・と思ってしまいます。

投稿: Yママ | 2013年3月 5日 (火) 12時34分

 このニュースが話題になってからずいぶん経ちます。
 マスコミも最近は、いじめだ、体罰だ・・・そればかりとりあげています。
 いわゆる教師へのバッシングです。
 また、元にもどってしまったな・・・と・・・・・
 
 この変な親に対する報道、そして、裁判の行方はいったいどうなったのでしょうか?
 ネットを見る限り、新情報はよくわかりません。
 誰か知っている人がいれば、教えてもらいたいなあと思います。

投稿: 一教師より | 2013年3月 6日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/50620714

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校教師が親を訴える!:

» 小学校教諭が提訴 [JJの「楽しくなければ学校じゃない!」]
昨日のニュースで、小学校教諭が保護者を提訴したということを知りました。 最初は「 [続きを読む]

受信: 2011年1月19日 (水) 23時09分

» 小学教諭が保護者を提訴 [快適生活をめざして]
小学教諭が保護者を提訴=「相次ぐ抗議で不眠症」 という記事が反響を呼んでいるようです。 よっぽどのことだったのでしょうね。 誰も、煩わしい裁判なんて望まないでしょうし、ましてや教職にある身とし...... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 08時35分

« 業務連絡です | トップページ | 業務連絡です »