« 河野裕子が亡くなって4ヶ月が過ぎる! | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く心得術60」が10版になる! »

とんでもないこと!怒りがおさまらない

   愛知の玉置先生のブログを読んでいたら、次のような記事に出くわした。
 
  ★
 読売新聞ニュースで「小学1、2年の35人学級の実現を見送る」という記事を見た。

 政府は13日、2011年度予算に向けて文部科学省が要望していた「小学1、2年の35人学級」の実現を見送る方針を固めた。民主党は先の参院選公約で「少人数学級の推進」を掲げたが、教職員人件費の拡大に歯止めをかけることを優先する。

 政府の「評価会議」(議長=玄葉国家戦略相)は11年度予算編成に先立つ「政策コンテスト」で、35人学級について、A~Dの4段階評価で上から2番目のB判定を下していた。しかし、その後の政府内の調整で、35人学級の実現に必要な教職員の定数増(6300人増)をいったん認めれば、将来にわたり人件費が膨らむ要因となり、文教・科学振興費を減らしにくくなるとの見方が強まった。

 35人学級を巡っては、文科省が「きめ細かい教育指導につながる」などの理由で、11年度から8年間で小・中学校を対象に段階的に実施するよう求めている。一方、財務省は「少人数化と学力向上の因果関係は必ずしもない」として40人学級の維持を主張している。(最終更新:12月14日(火)3時4分)
  ★
 「えっ」という感じである。
 とんでもないことだ。
 夏に、文科省関係からのこれらの記事を見て、これだけは実現するに違いないと、私はいくつかの講演で話したものである。
 これだけの実現は確実であったはずである。
 民主党は、自分たちの公約もあったものではない。
 余計な子ども手当などに多大な税金を費やし、教職員のせめてもの希望をこのように無残にも打ち砕いていく政策に、もはやどんな意味もない。
 現在の教育問題の核となるものが、どこにあるのかまったく分かっていない。
 今日一日中、私は怒りで胸くそが悪い。

|
|

« 河野裕子が亡くなって4ヶ月が過ぎる! | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く心得術60」が10版になる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いじめ問題を解決しようとか、一人一人の人権に配慮してきめ細やかにこどもの教育を行おうとか、教職員がバタバタ倒れているのを助けようとか、そういう配慮よりも金なんですよね。
明らかに現在の教育環境に問題があるにもかかわらず、それをすべて現場の責任にして、「教員免許を失効させるぞ」とか「学力比べて公開するぞ」とか、脅しや競争で追い立てていますよね。現場が努力と根性で乗り切ればよいという心根を垣間見ることができますよ。

今後日本が国際的評価を高めていくためには、経済力をつけるとか景気をよくするとかするだけではダメだと思います。

もっとこどもたち一人一人を丁寧かつ細やかに指導していくシステムをつくっていかないとならないでしょう。

教科書をいくら厚くしたって、それを教える教師や児童が気分よく学べる環境をととのえないかぎり何も変わらないでしょうね、本質的には。

日本は民主主義国家です。民主主義を本気で成り立たせるためには、公教育によって一人一人のこどもを立派な大人にするしかないです。大人になれば、どんな人でも清き一票なのですからね。

ただ、政治家の方々にとってはあまり賢い国民が増えてしまうことに対してよく思わない部分もあるのかなと穿った見方をしてしまいます。

投稿: マイラケ | 2011年1月17日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/50310203

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもないこと!怒りがおさまらない:

« 河野裕子が亡くなって4ヶ月が過ぎる! | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く心得術60」が10版になる! »