«  学校長による「初任者教員の不足している資質能力」 | トップページ | やはり効果があったのは、出力型学習であった! »

経験は意図的に積まなければいけない

   岡山の大前暁政先生から「忙しい毎日を劇的に変える仕事術」(学事出版)「教師のノート術」(黎明書房)の2冊の本をいただきながら、ずっと考えていた。
 大前先生とは、以前北海道の帯広でお会いしている。
 授業づくりネットワーク北海道大会でのことである。
 背が高くて、イケメンで、惚れ惚れするような若さであった。(笑)
 互いに講師として参加していたのである。
 まだ、34歳のばりばりの若手である。
 しかし、出されている本は、若手の域を超えている。
 岐阜に長瀬拓也という30歳になったばかりの若手もすごいが、大前さんは、もっと上の峰にいる。
 多分、30代の若手は、彼の足元にも寄れないであろう。
 私が知っている現場教師で言えば、北海道の堀裕嗣先生のレベルに近づいている。
 堀先生は、43、4歳であろうか。
 しかし、堀先生には、教育分野だけでない広さと深さがあるので、ここは未知数だ。
 何が大前先生に、これほどのレベルの本を作り上げさせているのだろうか。
 ★
 「教師のノート術」の中で、次のようなところがある。

 4 ノートを書く上で最も大切な姿勢
 (1)後で見て役立つノートにしよう
  新卒1年目から、ノートを書き続けてきた。
  初期のノートを見直すと、「キーワード」だけを書いたページが多いことに気
 付く。
  キーワードは書いてあるのだが、後で見直しても、まったく何のことか思い
 出せない。
  また、講師が言っている言葉をそのまま書き写したページもある。
  「子供から学びましょう」
  「教師としての自分を出せばいいのです」
 などと書かれてある。
  読み返しても、やはり何のことだかわからない。
  おそらく、話の流れで、私が重要だと判断したのだろう。だが、今となっては
 話の全体像は思い出せないので、何に重要性を見出しのかわからないのである。
┌──────────────────────────────────┐   
│「誰がこう言っていた」という文章は、後になって生産性がない。       │   
│「大切なキーワードだけを羅列している」ノートは、後で見てもわからない│   
└──────────────────────────────────┘   
   後で読んでも意味がわかる記録にしよう。できれば、後で読んで、学びが得
 られるようなノートにしよう。
  そのためには、その時々の考えや気持ちを、自分の言葉で文章化して残すよ
 うにすればよい。
┌────────────────────┐                               
│ 自分の「考え」を文章にして記録する。  │                              
└────────────────────┘                               

 「ああ、これだな」と思う。
 こんなノート術は、誰もきっとやっていないのだ。

 ★
 野口芳宏先生の「利他の教育実践哲学」(小学館)には、次のような言葉がある。

 「経験というものは意図的に積まなくてはいけない。また、その経験に整理
  を加えなければならないものだ」

 国語教育の生涯の師、高橋金次先生の口から漏れた言葉だとして、野口先生は記されている。
 おそらく、大前先生は、初任からさまざまなことを意図的に積み、その経験をきちんと整理されている。その違いであると私は判断する。

 ★
 大前先生には、次のようなメールを書き送ったと思う。

 「これだけ書ければ出版社から次々の出版の依頼がきます。私から言っておき
 たいことは安易に乗らないことです。ぼろぼろにさせられます。(笑)ぜひ、
 気を付けてほしいことです」

  現場教師にとって、本を出したりすることなど余計なことである。
 そんなことをするより、クラスの子供の方にそれだけのエネルギーを使って
 ほしいという保護者の願いがある。(口には出されないが……。)
 きわめてまっとうな願いである。
 目の前の子供に全力を尽くすことが、現場教師のモットーである。
 私は、24時間目の仕事、25時間目の仕事という言い方をする。
 現場教師は、24時間目の仕事をすればいい。それで充分。
 しかし、25時間目の時間(ほんとうはそんな時間などない)を設けたいとするなら、
 そこに必然性が必要である。その必然性が、本を出すことなどであろう。
 このように私は考えてきた。
 私も、まったく現場教師としては外れた、ヤクザな生き方をした。
 私に、どんな必然性があったのだろうか。

|
|

«  学校長による「初任者教員の不足している資質能力」 | トップページ | やはり効果があったのは、出力型学習であった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/49644839

この記事へのトラックバック一覧です: 経験は意図的に積まなければいけない:

«  学校長による「初任者教員の不足している資質能力」 | トップページ | やはり効果があったのは、出力型学習であった! »