« 庭野先生から「私の教師修行」が送られてきた! | トップページ | 繰り上がり、繰り下がりの計算の克服はこうしよう »

次を生きることだけが人生である

   10月24日(日)にフルマラソンを走りますと何度もこのブログで宣言してきた。
 私も、期待して待っていた。準備は、おおむね万全で、なんとか走りきる状態であった。
 だが、悲劇は突然起こった。
 前日軽く走っておこうと思って、30分ばかりのジョギングに出た。
 終わろうとした瞬間に、左足脹ら脛に激痛。うっ~~~という瞬間。
 このような状態は、何度も味わったことがある。
 肉離れである。
 様子を見るが、だめだ。
 一瞬で、4ヶ月間の練習が、みんなダメになる。
 ★
 10年間、フルマラソンを走り続けてきた経験から言えば、肉離れはよくあることである。
 ちょっと無理をすれば、故障を起こす。
 残念なことであった。
 でも、思い直した。
 これは警告である。
 今回は、走るなという警告なのだ。
 そういう体からの警告には素直に従っておこう。
 とそういうわけで、今回は応援に回った。
 ★
 先日、ふいと見たテレビで、体操の池谷幸雄が出ていた。
 故障に泣かされた現役時代の話であった。
 彼は、失敗や故障に落ち込んだりは決してしないと断言していた。
 体操選手は、体操という試合の特性から1つの種目の失敗を引きずれば、みんなダメになるから、引きずらないように訓練されるということを話していた。
 いい話であった。
 訓練すれば、落ち込まないようになるのである。
 ★
 今回も、4ヶ月もかけて準備してきて、一瞬でダメになることに普通は落ち込むことになるのだが、私もまた、まったくそのようにはならない。
 ちょっと訓練をしてきたのかなと思う。
 夏に私が行った講演の最後に、「悩むな、反省なんかするな、次が大切だ」とふきまくった。
 今は、「悩め、反省をせよ」と突きつけられる時代に、あえて反対のことを言っている。
 悩むことも、反省することも、そんなことは必要ないのである。
 訓練次第で、そんなことをしないようになる。
  ただただ、次のことだけを考える。
 次を生きることだけが人生なのである。

|
|

« 庭野先生から「私の教師修行」が送られてきた! | トップページ | 繰り上がり、繰り下がりの計算の克服はこうしよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「悩むな,反省なんかするな,次が大切だ」で,
明日の教室(東京)でのご講演を思い出しました。
野中先生の退職させる日,3月31日の夜のことです。
私の涙腺がゆるむようなお話でした。
希望を見た気がしました。

投稿: 早坂 | 2010年11月 2日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/49840052

この記事へのトラックバック一覧です: 次を生きることだけが人生である:

« 庭野先生から「私の教師修行」が送られてきた! | トップページ | 繰り上がり、繰り下がりの計算の克服はこうしよう »